1. HOME
  2. News
  3. モールと自社EC
  4. 新・小売り学
  5. 通販とeコマース
  6. 楽天 三木谷浩史 新春 カンファレンス で描く 2021年 後

楽天 三木谷浩史 新春 カンファレンス で描く 2021年 後

 先ほど、楽天株式会社は「 楽天 新春カンファレンス 」を開催し、代表取締役会長兼社長 三木谷浩史 さんが講演を行った。楽天という会社を動かし、三木谷さんなりに作り上げて行った世界。その中にはコロナ禍にも負けない小売店の在り方が存在するのも事実。そんなわけで、彼が探求する先には、変化する未来がある。

楽天 新春 カンファレンス での恒例 三木谷 氏 の 考えていること

 話を聞いていて感じることは、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う急激なデジタルシフトに関しての動きである。楽天市場は、購入額が12月の流通総額で、前年同月比で約50%増で、その成長が進んでいることを明らかにし、その動きはコロナが収束しても必ずや定着していくと胸を張った。

 まず最初に、変化の中で言及したのが、リアルとネットの融合に関してだ。リアルのお店で商品を買いに行っても、スマホで蓄積したポイントをきっかけに来店したり、スマホでそのレコメンドがされたり、デジタルを起点にして、リアルの生活が存在するようになっていくことを示唆した。この辺は最近の「楽天ファッション」でのオムニチャネルを想定しての発言のように思える。

関連記事:楽天ファッション 在庫 を最大化させ 売上 利益率 改善図る

「デジタルの意味」も変化している

 時代の変化を踏まえて、三木谷さんは「デジタルの意味」に関しても店舗に考え方を変えるよう促した。これまでのデジタルの位置付けは「効率化」であったが、今ではその扱われるデータの量がリッチに(豊富に)なってきている。つまり、デジタルのフォーマットそのものが変わってくるので、単なる効率化でデジタルを語ってはならないということなのだ。

 これまでで言えば、検索して価格を比較して、というようなことであったところから、音声などを用いたものが増えることへの予感である。

 またそこに合わせて、一気にライブ配信などを通して接客していくような時代へと変化していく旨を明らかにして、中国でのライブコマースの成長ぶりに言及した。下の写真にもある通り、急激に成長している。

モバイル重視の世の中へ

 合わせて、今やパソコンでの利用者よりも、スマホの利用機会が増えてきていることを触れた。元旦での「楽天市場」の利用率は、スマホがパソコンの利用を凌駕したとしている。流通総額にして86.5%。訪問比率に関して言えば9割である。これは無視できない状況だとして、楽天として「楽天モバイル」の強化の必然性を述べたわけだ。

 モバイルというツールを手に入れ楽天は何をするのか。まずは「rakuten LINK」というアプリに集約して、その中では、通信、SMS、メッセンジャー、ファイルの転送などをここで行うとともに、これらをはじめとするあらゆるコミュニケーションに楽天経済圏を絡ませることを明らかにしている。

 ここは抽象的な表現だったので、これは僕の想像の域を出ないが、これまで接してきた楽天のサービス以外にも、もっとソフトウエア的なものにも楽天のサービスを紐づけていくのではないかと、思った。行き過ぎかもしれないけど、例えば、僕らはGoogleでメールを無料で使っているような感覚だ。そうやって、さらに「日常」と楽天経済圏との接点を増やしていくのかな、と。これは三木谷さんの話を聞いて、直感したことなのであしからず。

 いずれにせよ、モバイルは経済圏とのデイリーでの接点を作る目的なのだろう。これが楽天市場にも影響をもたらしていくとしていて、それを数字で示すものとして、現状でもクロスユースの率をあげた。今は5割だが10割にしていくと宣言した。

ネットの強みを経済圏の成長に活かす

 彼らの強みはまさに「経済圏」にあるのは言うまでもない。成果はこのコロナ禍において顕著になっている。例えば、楽天トラベルにおいても、楽天のIDでつながっていることが、利用を後押しする要因になっている、としている。つまり、リアルでわざわざJTBなどを活用することもなく、日頃接点を持つIDを通して、ネットですぐアクセスできる。だから下の写真の通り、JTBなどの既存の旅行代理店よりより取扱高が高くなっているとした。

 こうした傾向により、一層、「楽天経済圏」は盤石なものになっていくとしているわけだ。これ以外にも、三木谷さんは楽天カードの伸長をあげている。2100万枚に及ぶ楽天カードは、コロナなっても依然として強い。通常のクレカはリアルでの利用を主体としたクレジットカード利用であるのに対して、楽天カードはデジタルに強いユーザーが多いから、そこに差別化要因があるとした。

 カード然り、あらゆるサービスがデジタルに紐づいているから、楽天の中にあるどのサービスでも、その落ち込みは最小限に食い止められていることを強調したわけだ。

 その一方で、経済圏での効果はまわりまわって「楽天市場」に戻ってくることを明らかにしていて、それが冒頭話した12月の実績で50%程度増加で証明しているというわけだ。

入ってきたユーザーを最大化させる楽天市場の在り方は?

 だからこそ、それらを一手に受け止める「楽天市場」としては、店にも協力を求めるのである。具体的には個性と統一性の両面を重じることで、店舗の魅力とユーザーの利便性を共存。利用者を増やしていく必要があるとした。

 そこに絡んでくるものとして送料無料ラインをあげた。今や導入しているのは90%弱で、導入している店舗においてはは25ポイントの上昇という成果を持って、効果を実証。今後、個性と共に、「統一性」で、ある一定の共通化することにおいて、店舗に協力を促した格好だ。

 物流のインフラを2000億円投資しているのも、お客様の利便性向上は勿論、宅配クライシスと言われた配送価格の高騰に待ったをかける抑止効果があったと説明。自らの物流の利用の幅も広げることで、彼らのデジタルな視点が、物流業界としての根本的な解決につなげていくことを明らかにしている。

三木谷浩史のその先には・・・

 三木谷さん自身、今の時代を掴もうとする意欲は感じるし、持ち前の行動力でそこに接近して、その要素をいかにして、楽天経済圏に結びつけていけるかに向けられていて、今後も、何らか彼が動き出すだろう。

 コロナ禍でリアルとの接点が失われているだけに、全てのサービスがネットに直結している楽天なりの強みをいかにして訴求して、今のうちに、楽天経済圏に導くことができるか、ここが勝負だろう。

 その一方で、導かれたユーザーを楽天IDきっかけで横断的に他のサービスへ促す土台を作れるか、ここも合わせて大事なポイントだ。今こうして、楽天モバイルの利用を促し、デイリーで接点を持たせようとしているのはそれの裏返しである。

 モバイルという武器を手に入れることで、より5Gなどのデジタルのインフラに近づいていくことだろう。これは三木谷さんも未来予測として、話していたけど、キャッシュレスではなく、ゼロキャッシュの世界へと向かう。

 全てはデジタル上で物事が完結するような世の中を推進していくことこそが、彼らの強みを発揮し、また経済圏を強化する。いずれゼロキャッシュのインフラにも参入するその時が来るのかもしれないし、その時はある意味、楽天の上に経済が生まれる、と言った風景も彼の中には見えるのかもしれない。

 バンカーとして紙幣を扱って、企業の成長を担ってきた彼が、今自分の事業で、デジタルでお金を扱って、グループ内の企業の成長を担い、人々の価値を与える時代が来るなんて、それはそれで面白いではないか。

 今日はこの辺で。

関連記事:楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー2020 コロナ禍での底力

 

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
 本気で書くにはボランティアではできません。最初にメルマガplus=メディア会員(有料)を作りました。これからの成長も含めて力貸してください。
メルマガplus詳細

What’s New

Good feedback

検索