Who is 145?

「145マガジン」に至る経緯

 145マガジンの「145」は僕、石郷 学(Manabu Ishigo)の名字の当て字です。そんな僕、石郷 学がどんな思いでこのメディアを立ち上げたのか、その原点は僕の過去の話にあります。

ファンシーキャラクターの業界で

 僕は、もともとキャラクター業界の業界紙「ファンシーショップ紙」の記者出身で(ちなみにサンリオ担当でした)。とにかくできない記者で、何を書いても赤字で埋め尽くされ、苦痛の日々でした。ただ純粋に、キャラクターが好きだったので、やり続けられたと言っても過言ではありません。

 ダメ記者のイメージはずっとありました。でも、粘り強くその文章の書き方については、当時の社長とずっと膝を突き合わせ、話し合い、書き続けていました。その御恩は忘れません。

 ダメ記者だったイメージが一新したのが、当時、敏腕の編集の先輩が退任した時です。その先輩がいなくなったからこそ、先輩がいなくてもやれるだけの力を備えようと思ったのです。文章力を高めつつも、まずは自分の企画力で勝負しようと考えました。これが良かった。

 当時のアパレルブランドのヒットを予感することに繋がったのです。ナルミヤブームです。これは来る!と予感し、他より先駆け、深く記事で追うことで、その文具の発売日、僕は驚きの光景を見るのです。ナルミヤ文具の売り場は物凄い行列で、僕はその予測を当てることになり、自信をつけました。

ラブサイン
ラブサインのモデルや一緒に手掛けた方々

 何か一つ強みを得ると強いものです。ライターなのに「nocola」モデル 小林涼子さん、「ピチレモン」モデル 御前美帆さんら、女子中高生と共にブランド「ラブサイン」をそのメディア内で立ち上げることを会社に提案して、それを具現化しました。(それが上の写真です。)

 それは10社以上から関連グッズを発売させるに至り、リプトンのキャンペーンや、ファンタのキャンペーンにも起用されるなどの成果を見ました。

 この頃になると、記者なのに記者らしくなく、また少しばかり脚光を浴びる立場になっていきました。全く人生とは予想できない展開が起こるものです。

ジュエリーの経験を経てモデルと組んで

 その後、ライターの経験だけでは商いを理解しきれないと気づくと、なんと無謀にも記者を辞めてしまいます。ジュエリーのオンラインストア「Jwell」で小売を知り「うてちん」こと右手愛美さんらとジュエリーを企画しますが、そこまで大きな売り上げを叩き出すことができず、商品企画の難しさにぶつかります。

 その後、アイフリークで、ギフトサイトの商品MDを経験。ジュエリーの時代の仲間の後押しもあり、思いがけずリベンジの機会が生まれます。モデル矢野未希子さんとのジュエリーの企画を社内で提案。前のジュエリーでの経験を糧にしてディレクションを行い、non-noやSteady.、Amebaブログなどと連携してヒットにも恵まれて、当時の会社の社内で表彰されるに至りました(下写真)。

矢野未希子さんと
モデル矢野未希子さんと会社から授賞した賞を手に喜びの記念撮影。

 その後、ジュエリーにとどまることなく健康食品の企画にも挑戦。きっかけはダイエットサプリが当時、大抵大きなボトルに入っていることへの違和感。「これでは女性は恥ずかしいのでは」と直感。敢えてフリスクケースに入れて、必要に応じて持ち歩けるというコンセプトで売り出しました。

サプリをフリスクケースに入れたポケス

 そんな新感覚ダイエットサプリ「ポケス」もヒットとなり、手掛ける企画の幅も広げて、その後、自分の人生にはなかった営業の経験も初めてしました。

 その後、独立をして自分考案の洗顔ジェルを販売。ただ、自分を過信していたのかもしれません。良い商品を作れば売れるという変な確信が仇となり、原価の高い洗顔ジェルを作ってしまいました。全国の温浴施設を自ら実演して歩き、売れなくて、途方に暮れたことは、数しれません。

 その後、もう独立なんかするものかと思い、ビューティゲートという美容系の問屋に助けてもらい(拾ってもらいと言ったほうが正しい)、お仕事をさせてもらいながらも、ある時、とある言葉が耳に残ります。父が「(お前は)好きなことを仕事にしているんだよなぁ」という言葉。讃えるようにそう言われました。

 そこで思ったんです。それでいうと、本当は、物書きとして自分こそが、好きだと言えるものでした。人生は一度きり。思い切って編集者としての道を再度、模索することになるのです。

苦しい経験もありながら、EC業界メディアの編集者に

 そこで出会ったのはEC(ネット通販)業界の専門メディア「ECのミカタ」。そこで再び、編集者となりました。ブランクもありますし、手痛い経験もあります。初心に帰るべく、肩書きにも拘らず、いち記者として入社し、奮起しました。そして人生はわからないものです。その功績は讃えられ編集長にも就任することとなったのです。

EBSでも講演しました
EBSでも講演しました

 その後は、前にもまして、記事執筆を打ち込み、編集部を率いて、マネージメントをするとともに、媒体価値を底上げしつつ講演などもこなしました。気づけば編集長として約5年近く務め上げました。

様々なジャンルに飛び込んだのは個性になった

 ではなぜ、起業か。僕はわがままゆえ一つのジャンルにとどまらず、EC業界、美容健康業界、ジュエリー業界、キャラクター業界とあらゆるジャンルを経験して、結果的に、唯一無二な人生の歩み方をしました。

 そこで全部を見たからわかるのですが、結局、同じなのです。どれもジャンルは違えど、伝えるべき核心と、伝える為の手段をセットにした上で、企業はお客様と繋がり、ビジネスが成り立っています。上で整理するなら、美容健康商品、ジュエリー、キャラクターは伝えるべき核心であり、ネット通販というのは伝えるべき手段です。

 だから、「ヒットの生まれ方」を考えるというのは、その伝えるべき核心を深く知り、リアルとネットの垣根を超えてお客様と真に繋がるための手段を模索することだと気づきました。極論、この両方は、お客様という生身の人間が相手である以上、その時の習慣などに左右されるので、それら核心、手段と両軸の情報をアップデートする必要があって、それを伝えることが、メディアとしての使命だろうと。

 業界の垣根を超えたこのメディアの創刊を着想した所以は、そこにあります。

 のぼり下りのある人生ですがまた登り坂を駆け上がっていきます。どうか型破りで、でも人を第一に、素敵に世の中を変えていきたい。よろしくお願いします。

 ※最後に、先日、OZIEの店長にして、柳田織物 代表取締役 柳田 敏正さんからお誘いがあって、こんな動画で想いを語っていますので、よろしければ、ご覧ください。

こんな僕ですが、どうか、宜しくお願いします。

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

会員登録してメディアに参加!

宮原華音さんを唸らせたのは?

人気記事アラカルト