Who is 145?

「145マガジン」に至る経緯

不器用ながらひたすらずっと“挑戦”し続けてきた。

 僕はメディアに関わることを意図して、就職したのにも関わらず、辞めてしまいます。ダメ記者だと言われるところから始まって、業界内で名物記者と言われるほどにまでなったのに。でも、自ら記者だけではなく、キャラを運用して、ビジネスを起こすことを体感して、変わったのです。自らが提案した企画で、世の中を動かしてみたいという夢が大きくなるのです。

ジュエリーの経験を経てモデルと組んで

1.真似は嫌。だから異業種へ

 時を同じくして、楽天の三木谷浩史さんらIT企業が世の中を変えている時代でもありました。だから、僕も!なんて思っていたのは事実です。僕は、思いがけず、ファンシーキャラの業界誌に入ることができて、そこでサンリオの創業者、辻信太郎さんに出会って、憧れることになりました。

 働くってただ稼ぐことではなく、人に何を提供するかということの大事さを辻さんから感じたのです。自らが手掛けるギフトが受け取る人どころか、渡す人まで幸せにしている。そんなビジネスを見て、僕もそれを「“自分で”やりたい」と思うになるのです。

 自分も第三者として記事を書くだけではなく、自分自身が生み出したい。辻信太郎さんみたいに、今まで無かったような心を動かす文化を自分が起こしたいと。

2.下代で2万以上で送料無料

 こういう企画を起こすためには小売を知らないといけない。挑戦の意味で、スパッと記者を辞めて、飛び込んだのは、敢えてキャラクター業界以外でした。門を叩いたのは、なんと畑違いのジュエリーのEコマースサイトだったのです。それが「ジェイウェルドットコム(Jwell)」です。ところが、、、、

「下代で20,000円以上で、送料無料でいいから」。

 取引条件で当たり前にいう用語の一つも意味が理解ができなかった。「そんな言葉も知らないの?」という話ですが、記者だったので小売の知識は皆無。それが当時の僕でした。それだけ無茶な挑戦をしているってことでもあります。おまけに僕は細かい作業が苦手。Eコマースでの業務内容を知るために、カスタマーサポートの仕事もさせてもらえば、なんとまあ手際の悪いこと。

3.最初のジュエリーの商品企画

 でも、会社からは商品企画のチャンスをもらって、甲府の工房Gleamさんとモデルとジュエリーを作り始めます。モデルは「うてちん」こと右手愛美さん、彼女のモデル仲間の追留愛美さん、加戸佑香利さん。

 例えば、「ハワイアン風×ひまわり」ネックレスなど、アイデアは良かった。ハワイアンジュエリーというと、まずハイビスカスやプルメリアをイメージするでしょうが、だから、右手さんはひまわりにこだわる。

 ただ、僕が掛け率などのことがわかってきたとはいえ、彼女たちの意向をフルに盛り込んで、割高な商品となってしまった上、プロモーションをかけることすら企画できませんでした。大コケです。すみません。

4.ペットアクセも『THE KISS』と企画

 さらに、『THE KISS』というブランドに社長と共に伺い、ペットと彼女のペアアクセという企画を持ち込みました。これからの男性は、彼女のワンちゃんにもプレゼントして男の株、あげなきゃね!それが僕の考えた視点でした。

 『THE KISS』はペアアクセサリーで有名だったのですが、それはカップルを意識したもの。ならば、切り口を変えて、ペットとのアクセサリーを手がけたわけです。

 例えば、十字架は写真のように黒と白が対になっており、ワンちゃん同士のペア、オーナーさんとワンちゃんのペア等、様々な対応ができます。しかし、これも尖った企画すぎて、コケました、、、反省。酷いものです。貢献できない自分は、ここで新たな旅立ちを決意します。

ジュエリーでの失敗を糧に取り返す「みっこジュエリー」

1.商品MDにトライ

 それが当時のフィール・ジーという会社で、アイフリークの関連会社でした。

 不思議なご縁で、以前、僕は記者をやりながら「ラブサイン」というコンテンンツをディレクションしていた時に、最もヒットしたのが、アイフリークのデコメールでした。

 実は、そのデコメール(今で言うところのLINE)の価値を底上げするために、デコメールでギフトを送る(今でいう「LINEギフト」のようなもの)ギフト事業として立ち上がった会社が、フィール・ジー。そこのMDとして採用されるのです。

2.図らずも再び、ジュエリーの商品企画をすることに

 最初は商品の仕入れなどを主にやっていました。けれど、仕入れ商品をやるには限界が出てきて、差別化をするために、オリジナル商品を作ろうという発想に至ります。

 それでnon-noのトップモデル矢野未希子さんとのジュエリー企画を社内で提案しました。僕はリベンジを果たしたかった。反省点として上記に書いたジュエリーは、伝える力が圧倒的に弱かった。

 その点、彼女はnon-noのトップモデルにして、当時、ファッション誌を掛け持ちし、6誌にモデルとして出ていたのです。つまり、その先にファンがいるから、そこを通じて、アピールすれば、ヒットの確度は上がる。そこに彼女の才能を掛け合わせることで、これまでにない女性にとって喜ばれるジュエリーが人々の手に渡ると考えたのです。

 ただ、これに対しては風当たりが強かった気がします。一つは、デジタルコンテンツの会社なのに、商品の在庫を持って販売するのかという話。

 もう一つは「うちはメーカーですらない」ということ。つまり、そんな会社が、そんなトップのファッションモデルにお願いしたところで、一緒にジュエリーを作る話に乗るはずがないということからでした。

3.みっこジュエリーが実現

 でも、本当に人生とはわからないものなんです。僕は、そのトップモデルであるはずの矢野未希子さんとのジュエリーをその事務所に直談判して決めてきてしまうのです。当時、大手ブランドからのオファーもあったと言われていました。それでも、その事務所は、僕を選んでくれたのです。

 矢野未希子さんが所属する事務所の落合社長は「石郷さんにお願いします」と言ってくれたのは、なぜでしょう?

 それは、実は、僕が以前、ラブサインというコンテンツで、その事務所のモデルと一緒に商品開発をしていたからです。落合さんは、そこでのモデルとの取り組みをマネージャーや本人から全て耳にしていた。

 それで、今でも忘れないのですが、その社長に言っていただいた言葉が・・・

「過去を振り返っても、あれだけ、うちのモデルが仕事に率先して一生懸命に打ち込むのは、そうはありませんでした。だから、石郷さんならうちの矢野も大事にしてくれる。だから、この件、石郷さんにお願いします」

 信じられませんでした。本当に感激しました。そのジュエリーの企画の背中を後押ししてくれたのは、まさにその社長だったのでした。

4.会社の決起会で賞を受賞

 さて、そこで始まった矢野未希子さんとのジュエリー企画。彼女の主張は尊重させつつ、原価と卸値と、そして上代(定価)のバランスを考えました。その戦いの軌跡は下の写真の「ほぼ日手帳」にも表れています。広辞苑並の分厚さになっていました。笑。

 また、社内の在庫に対しての声を受けて、今となっては当たり前ですが、その注文はネットを重視し、受注をベースに生産をかけることでコストを抑えるようにしました。幾度となく打ち合わせを繰り返して、実現に漕ぎ着けます。

 当初は自社でのオリジナル商品を謳っていました。ありがたい話、要望も強く、売り先を増やして展開をしました。プロモーションの大事さを痛感していたので、non-noやSteady.、Amebaブログなどと連携市、各々の通販に提供することを条件に掲載を勝ち取るわけです。

 中でも、忘れられないのは、non-noのオリジナルバージョン。

5.non-noの最初のページにみっこちゃんのジュエリーが

 仕掛けも抜群。「non-no」の表紙をみっこちゃんが飾り、めくった最初のページにみっこジュエリーが掲載されて、それがnon-noの通販ページに飛べるようになってるという出来すぎたストーリー。

 そりゃ売れます。その日の朝、何冊もnon-noを買い込んで、それを会社の朝礼で説明した時の興奮は忘れられません。

 ヒットを引き寄せ、リベンジを果たしました。当時の会社の社内で表彰されるに至り、その盾には矢野未希子さんのサインを書いてもらい(下写真)今も大事にしています(笑)。

 真似は嫌だから、キャラクター業界以外に飛び込み、掛け率すらわからないくせに、商品を作ろうと挑む。そして、実際、ジュエリーを作れば、見当違いで当たらない。でも、不思議なもので過去、やってきたことが、自分を後押しして、ヒットへと誘う。諦めず、やり続けることの価値を思いました。そして、それ以上に嬉しかったのは、ひとまわり離れた経理の方の言葉でした。

 「娘にジュエリーをプレゼントしました。あれだけ笑顔を交えながら、楽しく娘と会話をしたのは久しぶりです。ありがとう」。僕は、冒頭話した、サンリオの辻信太郎さんとは同じことをせずに、同じ様に人を喜ばせられました。それは大きな自信になりました。

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
小売のDXについて理解を深めるコーナー
キャラクターのライセンスについて理解を深めるコーナー
製造に関する理解を深めるコーナー

最近の記事