Who is 145?

「145マガジン」に至る経緯

不器用ながらひたすらずっと“挑戦”し続けてきた。

 僕は、ジュエリーで少々、ヒットを掴む事ができました。いよいよ独立したいという気持ちが強くなっていたんです。ただ、そこで挑んだ初めての独立では、本当に、不甲斐ない結果を導き出すことになります。そして、僕は日雇いバイトをするまでして、必死に生きる日々が待っていようとは思いも寄らない事でした。

自分で美容商材、洗顔ジェルに挑戦するも挫折

1.健食にも着手しそこでの独特なアイデア

 僕は以前、矢野未希子さんとのジュエリーのディレクションをさせてもらい、ものづくりに関しての知見は溜まっていました。だから、それを活かすべくアイフリークで当時、関わっていた美容商材に関しても着手することになります。

 着目したのはダイエットサプリ。その多くは、大きなボトルに入っていることが多かったのです。でも、それでは女性は持ち歩けないはず。そう思って、敢えてそれをフリスクケースに入れて売り出したのです。それが「ポケス」です。

 「これであれば、焼き肉を食べる前にサクッと飲める」と。「必要に応じて持ち歩ける」というコンセプトは受け入れられました。ネットプライスなどでは、週間ランキングでトップを取るなど、ヒットしたのです。その後、自分の人生にはなかった営業を自ら、それらの商品を持って行い、自分としての活動の幅を広げていたのでした。

2.僕の暗黒時代

 その時に、実は、手がけた洗顔ジェルのアイデアがありました。それが会社での稟議が通らなかったことから、旧知の先輩に、その話をしたのです。

 「おお、いいじゃないか。それで俺たちで会社をやろう」その方から思いがけず起業の提案をされて、僕はその起業をしたい気持ちが先に立って、会社を辞めてしまうのです。お互い、お金を出し合い、会社を経営しようとしますが、この商材が当たりません。

 美容系の商材には、サロン商材と市販で売られるものがあります。実際、サロン商品は、サロンに勤める美容師がお店で施術を行いなから、薦めて購入を促すわけです。すると、それ相応の品質を盛り込み、金額も高いものになり、原価率が高いのです。

 それに対して、市販のものは価格に対してシビアな傾向があり、原価率が低い。つまり、減価率を低くしないといけないのに、サロン商品を手掛ける工場に依頼をしてしまったために、結果、どちらつかずの商材になってしまったのです。

2.美容の不勉強が招いた人生最大の危機

 ここからは転がり落ちるように地獄です。ネットショップに提案しても売れません。仕方なく、温浴施設に自ら電話をして、実演販売の許可を取って、売り歩く日々。キャリーバッグを引いて、現場に向かい、机を借りて、その上にテーブルクロスを敷いて、販売。駆け寄る年配のお客様の手で、その洗顔の実感を伝えて購入してもらうのです。

 売れなくて、途方に暮れたことは、数しれません。ただ、その時に購入してくれたお客様の3,000円のお札の重さとありがたさは今でも忘れられません。時に、下の写真の通り、買ってくれたお客様からお弁当の差し入れをもらったり、人の優しさが身に染みた時期でもありました。

お客様から弁当の差し入れに涙

 とにかくお金がない。僕はこの洗顔ジェルを売る合間の時間を、日雇いバイトをして、日銭を稼ぐこともしていました。それだけ必死だったんです。

 いまだに、その時の現場監督の人とはお会いするのです。その時を知っているだけに、最近の僕をみて、お酒を片手に、石郷くんは凄い、尊敬するよって讃えてくれるんです。当時、単なるバイトですから圧倒的に向こうのが上の立場で雲の上の人に、そんなことを言ってもらえるなんて、目が潤むんです。

3.ボロボロになって落ち着いたところで響いた父の言葉

 その後、もう独立はしない。そう思い、ビューティゲートという美容系の問屋に助けてもらい(拾ってもらいと言ったほうが正しい)、営業を軸に、仕事をさせてもらいながらも、そこで1年経ったある時、とある言葉が耳に残ります。父が「(お前は)好きなことを仕事にしているんだよなぁ」という言葉。讃えるようにそう言われました。

 そこで思ったんです。「本当は物書きこそが、自分のやりたいことなのではないか」と。人生は一度きり。思い切って編集者としての道を再度、模索することになるのです。

苦しい経験もありながら、EC業界メディアの編集者に

1.ウェブメディアの成長に打ち込む日々

 そこで出会ったのはEC(ネット通販)業界の専門メディア「ECのミカタ」。そこで再び、編集者となりました。記者としてはブランクもありますし、少し前の黒歴史で分かる通り、手痛い経験もあります。初心に帰るべく、肩書きにも拘らず、いち記者として入社し、奮起しました。

 本当にスタッフの方々に恵まれていたのだと思います。その功績は讃えられ編集長にも就任することとなったのです。その時の写真ですがサプライズで祝ってくれて、本当に嬉しかったです。

編集長就任の様子。あたたかいECのミカタの皆さん。

2.編集長としてより媒体価値を上げる為に

 ただ常に果敢に挑む姿勢は忘れませんでした。自ら読者である店舗さんにも会いに行ったことで、すごく店舗さんに良くしていただけました。そこで得た一つ一つの言葉が僕にとって大きな気づきになっています。

 気づけば編集長として約5年近く務め上げました。特に、創業者の小林亮介さんには個人的には創造する力など、リスペクトしていますし、本当に感謝しています。

EBSでも講演しました
ネットショップが集うイーコマース事業協会の周年イベントでもモデレータをやりました

様々なジャンルに飛び込んだのは個性になった

1.記事一本幾らではないビジネスを

 そして、自分らしい生き方をと考え、株式会社team145という会社を立ち上げるに至ります。ここまで本当に色々やってきました。そしてやはり自分が一番、発揮できるのは文章を書く事。そこで思いついたのが、コミュニティという考え方です。

 メディアを創刊しようと考えたけど、記事一本幾らという商売は意図していませんでした。なぜなら、記事広告では、企業の都合で書かざるを得ず、真に伝えきれないからです。僕が支持を集めてきた想いを込めた文章は、そのような考え方では叶いません。だから、自分でメディアを創刊しました。

 メディアとしたことで、人が集まり、広がる可能性もあります。そこに共感する人は記事ではなく、コミュニティに参加する対価として、お金を払ってもらえば、人を敬いながら、記事を守れると考えたのです。

法務局に会社を登記しに行ったその日の事。それを宣言したその瞬間。
法務局に会社を登記した日の事。皆から拍手をもらいました。

2.人に支えられてきたから恩返ししないといけない

 とはいえ、実は起業当初、ウジウジしていた時期もなくはなかったんです。でも、ある時、僕の家に荷物が届いて、それは変わりました。なんだろう?と言って、開いたら、その中身は花束でした。え?と思って、花束に添えられていたメッセージを見てグッと来たんです。

この度の会社設立、心からお祝い申し上げます。日本中を元気にするような、石郷さんらしいメディアを楽しみにしています。team145の一員 楽天株式会社 広報部一同。

4.メディアの立ち上げに至る

 こんな応援してくれている人がいるなら、立ちあがろう。そう思ったのです。勿論、前職のメディア「ECのミカタ」は子供のようなもの。ですから、仁義をきって、僕な僕なりの全く違う世界を求めるんだと、前のメディアの創業者の小林さんにも報告をして、船出をしました。

 のぼり下りのある人生ですがまた登り坂をこれから必ずや駆け上がっていきます。懸命に生きているからか、誰かしら救ってくれて、いつもまわりに人がいて、だから「人を第一に」素敵に世の中を変えたい。

 ※最後に、先日、OZIEの店長にして、柳田織物 代表取締役 柳田 敏正さんからお誘いがあって、こんな動画で想いを語っていますので、よろしければ、ご覧ください。

こんな僕ですが、どうか、宜しくお願いします。

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
小売のDXについて理解を深めるコーナー
キャラクターのライセンスについて理解を深めるコーナー
製造に関する理解を深めるコーナー

最近の記事