記事のテーマ

“ヒットの生まれ方と育て方”を考える

物事の本質を“小売”視点で考える。

人を喜ばせるって嬉しくないですか?

 145マガジン は、「小売」と「キャラクターライセンス」の理解を深める、マーケティングメディアです。145とは、編集長である石郷の名前の当て字。一言で言えば僕が経験してきた業界を人生かけて、活性化させることを主眼に置いて作りました。

 小売には人間のいろんな本質が詰まっています。このメディアでは、商品を通して人を喜ばせる(商品を購入してもらうまでの)手段を考えます。その為に以下、3点に留意して記事を書きます。

1.トレンドを先読みします。

 今の消費者の気持ちや実態がわかる記事を書き、先回りして「次になにをしたら良いか」を考える為の記事を書きます。

2.まだ見ぬ逸品を発掘します。

 一つは「わ、かわいー」そんな言葉が漏れる様な、心動かす新しい商品を、早く記事にします。

 もう一つは、過去に作られたものでも、まだ知られていない優れた商品には気づいて、それを記事にします。

3.売り場がなぜ愛されるのかを考えます。

 一つは、お店とスタッフさんらが、店頭でどういう風な商品の魅せ方をして、お客さんの心を動かしたのか、その理由を記事にします。

 もう一つは、オンラインストア等が、バックヤードの仕組みをどう使って、お客さんの関心を集められたのか、その理由を記事にします。

こちらは、このメディアを知る為のカテゴリーです。

 最後にひとこと。このメディアでは、「 ものづくり 」と「 ことづくり 」という言葉を大事にしています。

  • 「 ものづくり 」メーカーの商品作りの姿勢と、そこに込められたメッセージ。
  • 「 ことづくり 」小売店や、キャラクターを生み出す人達がお客さんを魅了する様な世界観を創造する姿勢、そこに込められたメッセージ

 どの立場でも、お客さんのことを思い浮かべて、自ら考えることだと思います。このマガジンでは、何かを発想する楽しさを気づいていただき、自ら挑戦しようとする方々の背中を後押しできれば、と思っています。

(株)team145代表取締役 兼 「145マガジン」 編集長 石郷 学

 もしこの想いに共感、もしくは興味を持っていただけたら、145マガジン の TwitterFacebook で「フォロー」「いいね」をし、その内容に声を聞かせて、もらえたら嬉しいです。

 僕もまた、皆さんの声を大切に、素敵な世の中を一緒に創りたいから。

ここまで読んでくれてありがとうございます。

今更聞けない小売の基礎

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

会員登録してメディアに参加!

Bitnami