記事のテーマ

“ヒットの生まれ方と育て方”を考える

個人的見解で、でも愛を持って語るメディアです。

ヒット生まれ方育て方考えるメディア

 ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア。それが「145マガジン」です。それは「キャラクター業界」と「ネット通販業界(小売)」の視点で。運営者の僕145(石郷 学)」が キャラクター ネット通販 での経験が長く、そこをフックに業界の垣根を超え記事で気づきを与えられれば、と考えています。

 少し余談になりますが、こちらは記事に寄せられたメッセージです。

 「心が温かくなります」は挫折してなお這い上がってきた人間臭さが為せる技でしょうか。

参考:運営責任者について

 さて、本題。このメディアでは 1)伝えたい核心 2)伝える手段 3)世の中に響く事実に焦点を当て本質的に世の中を読みときます。追及するのはテクニックではなく本質です。

 キャラクターもお店も、商品並びにメーカーも伝えたい核心があります。そして伝えるための手段があって、それが世の中に響いている事実があるのでヒットが生まれています。だからその3つに迫る事で本質的な理解ができ応用が利いて未来を想像できます。

 僕の意見で物事を深掘りした記事は一部、会員限定で読めるようにして、マネタイズを模索しています。背中を後押しされたい時、ここでログインして読んでもらい、励みに思ってもらえたら嬉しいなと思います。

参考:メルマガplus=メディア会員

読者への価値は下3つ

1.“トレンド”を先読みします。

今の消費者の気持ちや実態がわかる記事を書き、先回りして「次になにをしたら良いか」を考える為の記事を書きます。

2.まだ見ぬ“逸品”を発掘します。

「わ、かわいー」そんな言葉が漏れる様な、心動かす新しい商品(キャラ)を、早く記事にします。

過去に作られたものでもまだ知られていない優れた商品(キャラ)に気づいて、記事にします。

3.“お店”がなぜ愛されるのかを考えます。

リアル店とスタッフが店頭でどのような商品の魅せ方、工夫をし、お客様の心を動かしたのか、それをネットとどう融合させたかを記事にします。

オンラインストア等が、バックヤードのシステム、ツール等をどう使って、お客様の関心を集め、利便性を高められたのかを記事にします。

忖度なく読者目線で、記事を書く

 時代が上記の通り、変わりゆく中、当媒体もPVを求め、自分というより企業の主張そのままの記事広告で収益を上げるのとは一線を画したものを模索しています。参考にしたのが通販の考え方。視点を広告主ではなく、読者の方に向けてより深く長く関係性を築けないかと考え、会員制を重んじています。

 こちらは完全に僕の主観で「ほぼ日」を書いています。でも、だから喜ばれるんですよね、書いた相手にも読者にも。「ほぼ日」のTwitter嬉しかったな。感謝。

出典:ほぼ日刊イトイ新聞 Twitter

“ほぼ日”らしく パルコ らしい。文化へ誘う知的好奇心の広場

メディアでコミュニティを形成

 メディア会員を用意て、週一回、このメディアで書いた記事をもとにしたメルマガをお送りすると共に、少数の読者同士で勉強の為に知見を深めるプチイベントを決行する等、提供してコミュニティ的な色彩を持たせています。スケールで勝負する時代と真逆をいく発想です。

会員については「こちら」

こうした考え方に至る僕(145)の経歴ついてはWho is 145?をご覧ください。

※なおメルマガはまだ、、、という方はまずニュースはその一部だけ、このメディアを知るための手段として FacebookTwitter を用意してあります。

会社概要は、「運営会社についてをご覧ください。

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

会員登録してメディアに参加!

宮原華音さんを唸らせたのは?

人気記事アラカルト