145マガジンとは

“ヒットの生まれ方と育て方”を考える

個人的見解で、でも愛を持って語るメディアです。

見ている人を勇気づける文章。

 以前、化粧品に関わる人から、こんな話を聞いた事があります。 

 老人ホームで一人輝く人がいた。なんでだろうとみたら、その人は口紅をしていた。化粧品は人を元気付けるんだと思ったし、だからその仕事をしてみたいと思ったと。

 僕もまた、想いを込めた僕の文章が書いた相手と読む人にとっての“口紅”になれたら、と大真面目に思います。

 僕は、起業する前、ECのミカタというメディアで編集長を務めていて、そこには心底、感謝しています。今も彼らの事業にはリスペクトもしています。

それでも無謀にメディアを立ち上げるわけ

 けれど、僕が全く別のメディアを立ち上げ、起業しようと思った理由は、通販は勿論、大事

 ただ、同時にその大元にある「ものづくり」であるとか、コンテンツを生み出す作家の気持ちも大事にしたいと思ったんです。そこがあっての通販じゃないかと。だから僕はそういうものにも光を当てたくて、この3つ業界の垣根を超えたメディアを立ち上げました。

 僕ができる理由は、キャラクター業界で自らコンテンツをプロデュースした経験があり、ジュエリーなどの商品企画の経験から、ものづくりの心構えも備えているからです。

参考:145とは何?〜小売/キャラ/ものづくりの垣根を超えたメディアを作れる理由


書く事を起点に人がつながる

1.人の繋がりを実感するビジネスを

 メディアを創刊したけど、記事一本幾らという考えはありません。その代わり、コミュニティに入りませんかと呼びかけています。なぜなら、記事広告では、企業の都合で書かざるを得ず、伝えきれないからです。

 僕の文章にまつわる話として、一つ例を挙げさせてもらいます。

文章を重んじ、人を敬うことで双方に笑顔をもたらす

 偶然なのですが、創刊まもなく、思いがけず「ほぼ日カルチャん」での取材をする機会に恵まれました。「ほぼ日」は僕の憧れでもあります。だから、その取材内容について、ツイッターで喜んでくれているのを知って、胸が熱くなりました。書かされて書くような記事ではありません。僕が書くべきことを、本心で書いたからこそ、伝わったのだと思います。

出典:ほぼ日刊イトイ新聞 Twitter

 こういう思いのこもった記事を作り続ける。その為に、記事に単価を払ってもらう仕組みはあえて考えません。代わりに、編み出したのが、月に幾らか払ってコミュニティに入ってもらう事。記事を大事にしつつ、人を重んじる姿勢です。こういうメディアの存在意義に共感してもらい、そこに共感する人はコミュニティに入ってもらえたら、恩返しは行います。

2.チームメイトが繋がる

 そのコミュニティは“チームメイト”と呼んでいます。そのチームメイトには、3つの恩返しをします。1)メルマガを週一送ります。2)価値観を共にする仲間内でイベントも考えます3)年一回、「お礼品(Gift)」をお贈りします。集まる人が増えるほど、集まる人へ還元できる価値も増えて、良い記事も増えます。

参考:チームメイトとは

 チームメイトとして賛同してくれる仲間も出てきました。そして、こういう姿勢のメディアの存在意義を感じてくれた会社から、スポンサードを得ることもできました。なんとか、これを事業として、長年やっていけるところまで、やりたいと思います。そうすれば、人を主役にした、温かな世の中が生まれるはずです。

https://buy.stripe.com/14kcN30Kh0OI6EU288

最後に。ギフトのような文章を

 すべての原点は、僕が憧れるサンリオの創業者 辻信太郎さんにあります。彼は「ギフトを通して、受け取る人と渡す人の間に入って、両者に笑顔をもたらしたい」と言って事業を起こしました。

参考:会社概要〜サンリオ創業者辻信太郎さんに憧れた理由

 僕は、ずっと彼に憧れています。だから、このメディアを創刊して、記事を通して、書いた相手と読んだ人の双方に気づきや勇気や笑顔をもたらしたい。まずは記事の元に信用を得て、コミュニティを形成し、書く相手のことを書けば書くほど、読み手が喜ぶ、そんなギフトのような文章を目指します。

こうした考え方に至る僕(145)の経歴ついてはWho is 145?をご覧ください。

※なおFacebookTwitter も用意しています。それで価値観を確認してもらえたら。それで一致したら、是非会員になって一緒に世の中を変えましょう。

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
小売のDXについて理解を深めるコーナー
キャラクターのライセンスについて理解を深めるコーナー
製造に関する理解を深めるコーナー

最近の記事