記事のテーマ

“ヒットの生まれ方と育て方”を考える

個人的見解で、でも愛を持って語るメディアです。

ヒット生まれ方育て方考えるメディア

 人から言われました。あなたには人の「好き」「楽しい」のパワーを受けとめて増幅して発信できる“スピーカー”の力がある。だから多くの人がその力を必要としていると。下記は記事に寄せられたメッセージです。


 そんな僕は魅力的なものづくりや作家の活動に光を当てたいと思っています。そして、全ての創作活動を伸ばす上でeコマースという手段を学ぶ事に意味があると考えています。だからそういう人たちも読めるキャラとネット通販系で記事をまとめています。元キャラクター業界紙記者にして、商品企画経験があり、かつ元ネット通販メディア編集長だからこそできる唯一無二のメディアです。

 運営者の僕「145(石郷 学)」に縁がある「キャラクター業界」と「ネット通販業界(小売)」の視点を軸に、「ヒットの生まれ方と育て方を考えます」。参考:145とは?

キャラ情報(Click)
新・小売(EC)情報(Click)
ものづくり情報(Click)

 意識しているのは本質的に世の中を読み解くことです。このメディアでは 1)伝えたい核心 2)伝える手段 3)世の中に響く事実に焦点を当てます。

 商品だってキャラだって、もっと言えばお店だってメーカーだって、伝えたい1)核心があります。そして伝えるための2)手段があって、それが世の中に響いている3)事実があるのでヒットが生まれています。

 しかし、本気で書くにはボランティアではできません。僕はまず有料メルマガを作り、応援してくれた人だけが読める会員限定の記事を用意しています。

参考:メルマガplus=メディア会員

読者に提供する事3つ

1.“トレンド”を先読みします。

今の消費者の気持ちや実態がわかる記事を書き、先回りして「次になにをしたら良いか」を考える為の記事を書きます。

2.まだ見ぬ“逸品”を発掘します。

「わ、かわいー」そんな言葉が漏れる様な、心動かす新しい商品(キャラ)を、早く記事にします。

過去に作られたものでもまだ知られていない優れた商品(キャラ)に気づいて、記事にします。

3.“お店”がなぜ愛されるのかを考えます。

リアル店とスタッフが店頭でどのような商品の魅せ方、工夫をし、お客様の心を動かしたのか、それをネットとどう融合させたかを記事にします。

オンラインストア等が、バックヤードのシステム、ツール等をどう使って、お客様の関心を集め、利便性を高められたのかを記事にします。

忖度なく読者目線で、記事を書く

 そして、僕なりに出した答えは記事広告で収益を上げるのとは一線を画したもの。参考にしたのが通販の考え方。全ての会員の方との関係を会員同士、その中に記事なり催しなりで還元して、皆に気づきを与える。メディアを起点にコミュニティを作る考え方でした。

 忖度なく良いものを良いといい、それをシェアする。でも、だから喜ばれるんですよね、書いた相手にも読者にも。「ほぼ日」のTwitter嬉しかったな。感謝。

出典:ほぼ日刊イトイ新聞 Twitter

“ほぼ日”らしく パルコ らしい。文化へ誘う知的好奇心の広場

メディアでコミュニティを形成

 メディア会員を用意て、週一回、メルマガをお送りしています。このメディアで書いた記事をもとにしたメルマガを送ると共に、少数の読者同士で勉強の為に知見を深めるプチイベントを決行しています。スケールで勝負する時代と真逆をいく発想です。

会員については「こちら」

こうした考え方に至る僕(145)の経歴ついてはWho is 145?をご覧ください。

※なおメルマガはまだ、、、という方はまずニュースはその一部だけ、このメディアを知るための手段として FacebookTwitter を用意してあります。

会社概要は、「運営会社についてをご覧ください。