1. HOME
  2. News
  3. キャラクター市場
  4. 版権元・窓口の動き
  5. 成瀬 & ほまれ TikTok で掴んだ サンリオ と コラボ の快挙

成瀬 & ほまれ TikTok で掴んだ サンリオ と コラボ の快挙

 「雑貨屋や玩具屋さんって何歳になっても嬉しいものだね」「そうだね。でも、まさかそんなお店の一番、目立つところに、僕らのグッズが並ぶなんて、一年前には想像もしていなかったね」そう語るのは、「 TikToker 」で人気者「 成瀬 」君「ほまれ」君。キデイランド原宿店で サンリオ デザインのグッズを眺め、感慨深そうにそう話した。 

 僕は、時代は刻一刻と変わり、いずれ今の常識は通用しなくなると思っている。例えば、僕らが情報を得るといえば、多くはテレビなどのマスメディアからであり、画一的にヒットが生まれていた。だから、そこに大きなお金が動いて、世の中は活気に湧いた。 

 でも今はそれだけではない。多くのプラットフォームができたことで、個が才能を発揮するチャンスに恵まれ、トレンドは必ずしも画一的ではなく、多様性を持つようになった。そんな中で、僕が注目したのは「TikTok」である。

 「TikTok」において、成瀬くん(写真右)は73万人のフォロワー、ほまれくん(写真左)は13万人のフォロワーがいて、それをやってのけたのが若干10代の若者だという事実。特別な機材などなくiPhoneなどを巧みに使って、独自の発想を15秒程度の動画に込めて、その地位を勝ち取った。

 ただ、冷静に彼らはこうも受け止めている。「TikTokをやっていることに対して、ノリでやっているよう思われていて、まだ理解はされていないと感じることは少なくない」とほまれ君が話すと、成瀬君もそれにうなづいて、だからこそ口を揃えて「いかにして大人の人たちを振り向かせて、世の中を変えていけるか」という彼らなりの強い志も見せた。

潮流が変わった。サンリオが動いた

 そんな中で、彼らを後押しするような動きが起こった。彼ら二人と、そして同じくTikTokで活躍する「こたろう」君と「ブルベア」(=後編で紹介)をモチーフにしたグッズの展開が決まり、それが先日、キデイランド原宿店に並んだ。それが冒頭での一幕に通じる。

 「TikTok」で脚光を浴びてキャラクターグッズはまだ珍しく、店の取り組みとしても画期的である。しかも、彼らのキャラクターのデザインを手掛けたのは、キャラクターの雄、株式会社サンリオ(以下、サンリオ)である。

 だから、商品はまさに彼らが言う「大人たちの気持ちを動かし、引き寄せた証」なのではないかと思うし、そこに今という時代を想う。

 サンリオとのデザインの監修作業においては、ほまれ君が「二重にできませんか?」などとお茶目に細部へのこだわりをみせたり、成瀬君は「サンリオの方も自分らの動画を見てくれていて、キメのポーズをデザイン案であげてきて」と感謝の気持ちを見せるなど、対等かつ、お互いのコミュニケーションの良好さも際立った。

 グッズは、アクリルキーホルダー(800円(税抜))やスマホケース(3000円(税抜き))など多岐に及ぶ。ほまれ君が「ヘアゴムや折りたたみコーム(くし)があったりして実用的なものもあるのが嬉しい」と話せば、成瀬君はマグカップの魅力を語り、「自分はピンク、ほまれ君はパープル系のグラデーションと、トレードマークでもある髪の色が彩り豊かに、個々のキャラクターごと表現されていて、並べると売り場も“栄える”」。二人も満足げの様子だ。

©’19 SANRIO CO.LTD APPROVAL No. S604173

 「これをきっかけに何してみたい?」と問いかけると、ほまれくんが「せっかくサンリオさんに僕らのキャラクターを作っていただいたので、その着ぐるみを僕らが着て、ステージに上がりたいです。それでファンには一旦『あれ?本人たちはどこ?』って思わせたところで、パッと着ぐるみの頭をとったら、中から僕らが出てくるんです」などはしゃいで見せて、夢へと続く発想は止まらない。

TikTokがもたらした革命は彼らの才能と共に次の挑戦へ

 冒頭で話した通り、今は個々人が“エンパワーメント”できる時代だからこそ、大きくなくとも、その価値に共感し、そこで人の心を魅了するようなコアな文化があって然るべきなのではないかと思う。

 折しも、成瀬君が「自分は自分が前面に立つというよりは、自分が製作した動画で喜んでもらいたいという気持ちが強いんです。だから、これからも映像の質をいかにして向上させたいと思っているし、歌にもチャレンジしてみたい」と話していて、「TikTok」をきっかけに、予算のない中でも、自らの切り口と表現力で、多くの人の興味を抱かせた彼の感性が、他のフィールドでどう花咲くのかをみてみたいと思った。

 今回は、それが成瀬君、ほまれ君であったけどサンリオやキデイランドのように、もっと世の中の企業がこうしたまだ見ぬ可能性のある人に、固定概念にとらわれることなく、柔軟にその感度高く、手を差し伸べていけるような世の中になればと切に願う。

 勿論、僕らも変わらないといけない。僕らも彼らに理解を示して、時代を受け入れ、未来に対して、ポジティブに自分を寄り添わせていくことが大事なのだと思う。これまでなかったような商品やサービスは、そういう才能と共に、素敵に互いの夢を通わせる中に、生まれるのではないか、と思うのだ。

後編ではTikToker のキャラが登場:TikTok24万フォロワーで掴んだ「 ブルベア 」のこれから

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

会員登録してメディアに参加!

京都の高級食パン!宮原華音が初体験するその味は?

人気記事アラカルト

過去の記事もみてみよう

2020年1月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031