ものづくり考

manufacturing

ものづくりの知恵や工夫、職人魂を追うカテゴリーです

生産と在庫と粗利のバランスで戦っている

 ものづくりでは、見えないところでの苦労があります。最低限、物と作るにしても、必要な生産数があり、在庫のリスクが伴います。在庫を考え、生産数を減らすと、今度は粗利が減ります。そんな風にして、知恵と商売のバランスの間で頑張る、その舞台裏を追います。

現場の頑張りを5つの視点で

 要となる部分を、わかりやすく、5つの切り口に分けました。※絵柄をクリックすれば各カテゴリー項目へ飛べます。

1.昔から続く技術を「守る」

 何かしらものづくりには魅力があって、それが代々、受け入れられています。それを守り続ける現場が存在します。

2.他にない視点で「攻める」

 脚光を浴びる商品は、他と違う視点を取り入れているから、ということがあります。そういう想像力豊かな視点を大事にする現場をみてみましょう。

3.作る過程で、売る過程で「仕掛ける」

 作るだけでは売れませんから、メーカーなりに作る時点で、売ろうとする時点で、何かしらの工夫をして仕掛けています。ものづくりの仕掛ける部分に目を向けます。

4.受け入れられるために消費者を「読み解く」

 消費者を知らずして、商品は作れません。商品が受け入れられるためには、今の人たちの商品に対しての意識はどうなっているのでしょうか。

5.地域の活性化に「寄与する」

 ものづくりは、地域の特性に紐付き、根付いていることが多いです。地域が活性化するというフィルターでものづくりを見ていこうと思います。

ジャンルごとで見ていく

 ものを作ると言っても、それはジャンルごと、文化も違います。ジャンルごとで、ものづくりを把握して、その業界ごとの努力の違いも見ていけたらと考えています。

 「ものづくり」は製造に関わる全ての企業と人を応援して、記事を通してその素敵さを紐解いていきたいと思います。

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
小売のDXについて理解を深めるコーナー
キャラクターのライセンスについて理解を深めるコーナー
製造に関する理解を深めるコーナー

最近の記事