1. HOME
  2. News
  3. モールと自社EC
  4. 新・小売り学
  5. 通販とeコマース
  6. 楽天 カンファレンス2020 店は今変貌すべきか

楽天 カンファレンス2020 店は今変貌すべきか

 楽天 が現在、東京・高輪のグランドプリンスホテル新高輪で「楽天 カンファレンス2020 」を開催しており、つい先ほど、毎年恒例、代表取締役会長 三木谷浩史さんが講演を行った。

楽天 カンファレンス2020 で三木谷氏が強調 不正店舗を敵と捉え変化を促す

 これまでは、この講演で、自らのビジョンを示すことが多かったが、今回は全体的に過去の施策を振り返る内容がメインであり、それは、三木谷さん自身が、自分たちがこれまで果たしてきた役目は何かを示すことで、これからの施策にも、そのプラットフォーマーともいえる役割に対して、理解をしてもらうことが念頭にあったのではないかと思われる。

 今では楽天市場に出店する店舗は、5万店舗。しかし、三木谷さんがいわく、その中には様々な店舗が存在することを言及し、その為に、これまで楽天が主導してその是正をしていく必要性があったと説いた。

 具体的には、2013年において安心できるサービス構築として「不適切商品通報機能」や「二重価格表示機能」、「品質向上委員会の発足」、「銀行振込口座を楽天銀行専用口座に変更」などの取り組みをあげた。

 また、その一方で、品質レベルを向上させるために、SPUを設定し、楽天が常備負担して、ユーザーに還元していくための取り組みをする一方で、違反点数制度の導入などを行ったことを説明した。違反点数制度に罰則規定がないと効果をなさないという点から実施をしたもので、実際、これをやったことにより、その違反店舗が73%減少したと話している。

 ここで三木谷さんはこの「楽天カンファレンス」に集まる店舗に呼びかけたのは、そういう店舗を「敵」とあえて位置付けて、「確かに売り上げをあげたいと思う気持ちは理解できるが、そういう違反店舗などを是正して、かつ利用者の利便性を向上させない限りは、楽天市場全体の売上は上げられないのではないか」として、これからの施策にも理解を求めたというわけだ。

海外で許す某社の躍進、日本では許さず!?

 その上で、三木谷さんは海外の事例をあげた。「海外のショッピングの現状においては、アメリカの市場などは全体としては盛況なのに、リアルの店舗はA社の伸びと比例して、衰退傾向にあるとして、日本においてもこのようなことになってはいけないから、統一感を出して結果を出していかないといけない。そこで、理解ある店舗さんである皆さんの協力が必要なのです」と語気を強めた。

この続きを閲覧するには会員ログインが必要です。
会員登録がお済みの方はログインページより、ログインし記事の続きをお楽しみください。
未登録の場合は会員についてをご確認いただき、会員登録をお願いいたします。

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
 本気で書くにはボランティアではできません。最初にメルマガplus=メディア会員(有料)を作りました。これからの成長も含めて力貸してください。
メルマガplus詳細

What’s New

Good feedback

検索