1. HOME
  2. News
  3. 楽天 カンファレンス2020 店は今変貌すべきか

楽天 カンファレンス2020 店は今変貌すべきか

 楽天 が現在、東京・高輪のグランドプリンスホテル新高輪で「楽天 カンファレンス2020 」を開催しており、つい先ほど、毎年恒例、代表取締役会長 三木谷浩史さんが講演を行った。

楽天 カンファレンス2020 で三木谷氏が強調 不正店舗を敵と捉え変化を促す

 これまでは、この講演で、自らのビジョンを示すことが多かったが、今回は全体的に過去の施策を振り返る内容がメインであり、それは、三木谷さん自身が、自分たちがこれまで果たしてきた役目は何かを示すことで、これからの施策にも、そのプラットフォーマーともいえる役割に対して、理解をしてもらうことが念頭にあったのではないかと思われる。

 今では楽天市場に出店する店舗は、5万店舗。しかし、三木谷さんがいわく、その中には様々な店舗が存在することを言及し、その為に、これまで楽天が主導してその是正をしていく必要性があったと説いた。

 具体的には、2013年において安心できるサービス構築として「不適切商品通報機能」や「二重価格表示機能」、「品質向上委員会の発足」、「銀行振込口座を楽天銀行専用口座に変更」などの取り組みをあげた。

 また、その一方で、品質レベルを向上させるために、SPUを設定し、楽天が常備負担して、ユーザーに還元していくための取り組みをする一方で、違反点数制度の導入などを行ったことを説明した。違反点数制度に罰則規定がないと効果をなさないという点から実施をしたもので、実際、これをやったことにより、その違反店舗が73%減少したと話している。

 ここで三木谷さんはこの「楽天カンファレンス」に集まる店舗に呼びかけたのは、そういう店舗を「敵」とあえて位置付けて、「確かに売り上げをあげたいと思う気持ちは理解できるが、そういう違反店舗などを是正して、かつ利用者の利便性を向上させない限りは、楽天市場全体の売上は上げられないのではないか」として、これからの施策にも理解を求めたというわけだ。

海外で許す某社の躍進、日本では許さず!?

 その上で、三木谷さんは海外の事例をあげた。「海外のショッピングの現状においては、アメリカの市場などは全体としては盛況なのに、リアルの店舗はA社の伸びと比例して、衰退傾向にあるとして、日本においてもこのようなことになってはいけないから、統一感を出して結果を出していかないといけない。そこで、理解ある店舗さんである皆さんの協力が必要なのです」と語気を強めた。

 この流れの中で、送料無料ライン3980円の話題についても触れたわけだ。3980円を超える商品に関しては一律、送料を無料にするという施策であり、これには賛否が分かれている。この点に関して、今まで「一見すると、商品単価を安く見せておきながらも、実は送料分の金額を足すと、他よりも圧倒的に金額が高くなる」などの事例があると指摘。「送料分でお金儲けをしようとする」そういう店舗の姿勢に疑問を投げかけ、合わせてその信用とともに、お客様の利便性も向上することで、これは、流通総額をあと10%上げるために必要な施策と語る。

  楽天ができることとして、送料に関わる問題として、送料分のコストは自ら物流を手掛け、Rakuten Super ExpressやRakuten Super Logisticsなどで自ら2000億円投資することで、店に極力、寄り添うことを強調したのだ。

いつだって三木谷流で議論が生まれ、賛否分かれた

 まさに、この送料無料ラインに関しては、賛否が分かれるところで、これに対抗する勢力もある。しかし、僕はその中で、楽天が正しいというつもりも、店舗が正しいというつもりはさらさらない。どちらの肩を持つつもりも全くない。

 ただ、冷静に考えれば、Amazonは1商品に対して、1カートという仕組みを貫いているから、出品者を自らの仕組みに組み込める分、店の成長に関係なく、商品さえ良ければ、売れる構造になっていて、極めてシステマチックに成長できる仕組みになっている。

 それに対し、楽天市場の成長というのは、少し違っていて店の成長と共にある。これが良いか悪いかを議論するつもりはない。ただ、その中で、店舗がまだ昔ながらのやり方をしている中で、楽天は成長を急ぐあまり、店舗自体の変化を促すより先に、他のジャンルへ進出して経済圏を作ったのが、そもそもの反省点ではないかな、と思う部分もある。

 今、もし楽天の出店店舗に求められることがあるとすれば、それはやはりECコンサルと店舗の密なる関係性を通しての、粗利を含めての店舗自身の成長なのではないかと思う。楽天は店の成長なくして、自らの成長はないのである。店もまた、変わらなければならないのである。でも、店の変わり方は、時代とともに多種多様である。極論、楽天に沿わないという選択肢もなくはないだろう。

店は今のままでいいのか?変貌の時は迫る!?

 繰り返すが、三木谷さんの言いたいことはわかったけれど、ただ、その考えが正しいか、どうかは、今回も過去と同様、各々の店に委ねられている。自らのビジネスを振り返り、粗利を考えたときに、今回の送料無料ラインしかり、ビジネスとして成立しなければ、退店すればよいわけで、それに対抗だけしたところで意味はない。もちろん、意見し、落とし所を探ることは重要だ。

 今はその点に関しては、両者の歩み寄りが今よりもっと必要なのだと思う。

 本当に時代は刻一刻と変わっていて、20年前とまるで違う。今こそ、店がどう変わるか、自分たちが未来に向けて、どうあるのかを自分たち自身で考える時に来ているように思うのだ。

楽天カンファレンス後には毎年恒例の「ショップオブザイヤー」通称SOYも開催された。そちらに関してはこちらの記事で。

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

会員登録してメディアに参加!

最近更新された記事

Bitnami