1. HOME
  2. News
  3. 受注・接客
  4. 小売DX学
  5. 通販とeコマース
  6. ナノ・ユニバース 販売員 接客の変貌

ナノ・ユニバース 販売員 接客の変貌

スタッフ

 昨今、コロナ禍によってガラリと世の中が変わってしまったことで、リアル店の 販売員 の接客が大きく変化した。デジタル化が進む中で、上手にリアルの価値を活かしながら、業務を変えているのが、 ナノ・ユニバース 。経営企画本部WEB戦略部 部長 越智将平さんの話は、他のリアル店が変化していく中で、参考になるのではないかと思い記事にした次第だ。

 前提として、コロナ禍、ナノユニバースは、昨年の緊急事態宣言下で集客率は昨年対比5%。10月くらいには持ち直し80%程度まで戻るものの、緊急事態宣言が再発令されて50%程度で推移している。

 しかも生活様式も変容した。例えば、通勤服をターゲットにしたブランドは、通勤をしなくなったことで、それらに対する洋服への興味がなくなった。売り上げの減少とともに、全体の収益性が低下して、同じやり方で将来、戦う事に危機感が生まれている。

 ただ、かつての集客率を100%と考えれば、購入者はその中での5〜6%程度であって、ここの引き上げが狙い目ではないかという。集客率が50%になったとしても、この購入率を倍に近づけるような接客の工夫が今は必要である。

DXで ナノ・ユニバース 販売員 も変貌

 一方で、ブランドとしては、どんな全体像を描いて、そこでスタッフがどう活躍してもらうことが、成長に繋がるのかを思案することが重要である。やはり店舗とネット通販の一体化は急務。リアルとネットを横断して、お客様の一人一人に合わせた接客を行うことで、個々の趣味嗜好を踏まえた提案が生まれるようにしていく。

 その起点はデジタルに据えることで、その突破口を見出そうとしているわけだ。と言っても、広告だけではなく、広い意味でのデジタル。そこで肝となるのはアプリのダウンロードだとしている。

 勿論、SNSやニュースメディアに比べてファッションアプリの閲覧頻度は低いので、UIの向上とコンテンツやサービスの質をブラッシュアップしていくことと並行して、ここにスタッフの活用を織り交ぜていく。これらは両輪であって、スタッフ自身が働き方の変化への理解とその実践が肝となることを明らかにしている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
小売のDXについて理解を深めるコーナー
キャラクターのライセンスについて理解を深めるコーナー
製造に関する理解を深めるコーナー

最近の記事