1. HOME
  2. News
  3. キャラクター市場
  4. 版権元・窓口の動き
  5. トーフ親子 25周年 長寿の秘訣 キタイシンイチロウ氏 直撃

トーフ親子 25周年 長寿の秘訣 キタイシンイチロウ氏 直撃

to-fuoyako

「キャラクターは絵柄じゃない。生き物のようにして命を吹き込むことで、ずっと人の心に残ると思います」。親愛なるクリエイター、キタイシンイチロウ さん(DEVILROBOTS)の言葉であり、彼が手掛けた「 トーフ親子 」は、その言葉通り、今年で 25周年 、つまり四半世紀生きた事になる。このキャラにどんな想いをかけ、何がそこまで長きにわたり愛される土壌を作ってきたのか、その舞台裏に迫った。

今や DEVILROBOTS の代表作トーフ親子

 DEVILROBOTSはグラフィック、キャラクター、イラスト、映像、WEB、音楽、グッズのクリエイティブを行う。これまでもDisney、NHK、Sanrio、ガチャピン&ムック、タツノコプロ、円谷プロ等のリデザイン、ミュージシャンやアパレルブランドとのコラボも手がけ、実績は豊富。キタイシンイチロウさんは、その DEVILROBOTS の代表である。

 一方、「 トーフ親子 」はトーフの妖精。こけるとペチャとくずれるから、ドキドキの困り顔をしている。お祝いするときは「OMEDETO-FU(おめでトーフ!)」、御礼を言う時は「ARIGATO-FU(ありがトーフ!)」と礼儀正しく、和の精神を持ち合わせるキャラクターだ。

 なんと、それが今年25周年を迎えた。実に、四半世紀を生き抜いたというのだ。キタイさんの人生の一部と言って良い。無理を言って、ZOOMでつないで、話を伺うことにした。「どうしてここまで続けられたのか」と。

大人にも受け入れられるキャラがあるべき

トーフ親子25周年

 僕が出会ったのは、15年前、社会人になりたてて初々しい時代のことだ。放っておけない、哀愁漂い、ぺちゃ!とくずれてしまう、ブラックユーモアもあって、そんな雰囲気は、僕の目に止まった。「キャラクターは、子供向け」というイメージがなくはなくて、でも「買うのは子供ばかりではない。大人にも受け入れられるキャラクターがあって然るべきだ」と直感し、「トーフ親子」に光を当てた。ライターとして、この大人にこそ分かる“センス”について、主張していたのが懐かしい。

 キタイさんは「ここ10年くらいでキャラクターの印象はまるで変わり、大人の人たちが当たり前に、グッズを買うようになりました。今、『トーフ親子』を支えてくれているのは、大人も含めた幅広い層のファンの方たちです」と話してくれた。

トーフ親子 25周年 キタイシンイチロウ さんの最近

トーフ親子の25周年

 『トーフ親子』が今、拠点としているのは海外だ。毎年、香港、台湾、タイ、シンガポールなど、世界を駆け巡り、トイ・イベントなどでフュギュアを販売し、サインを書いて、世界のファンとコミュニケーションを取っている。ここ10年くらいは香港のエージェントが積極的に動いてくれていて、世界中のファンとの橋渡しをしてくれているのだ。

 ひとたび、彼がトイ・イベントに参加するといえば、ファンが集まり、それらのファンは熱意を持って、その魅力をまわりの人たちに伝播してくれて、広がっているのだ。

ただ可愛いだけではなく、わかりやすくスパイスの効いたコンセプト

 とはいえ、海外に受け入れられる、というのは並大抵のことではない。

 「今思えば、食べ物の豆腐がモチーフになっているのが大きかったです。ヨーロッパやアジアなどで「豆腐」はヘルシーフードとして浸透している。だから、世界的に見ても身近なもので、だからこそ、このキャラの意図するイメージが伝わりやすかった」とキタイさんの話を聞いて、納得。コンセプトの勝利である。

 キタイさんは、そうやって『トーフ親子』を、いつしか「おもちゃ」という枠組みを超えて、「デザイナーズトイ」という洗練された“大人のコレクターズアイテム”へと進化させていたのである。これぞ、僕も、本来、キャラクターのあるべき姿だと思う。

トーフ親子 の 25周年 は人とチャンスの積み重ね

MY FIRSTO-FU

 今、メインで活動している海外においても、最初の頃オファーを受けたのは、デザイン雑誌での漫画連載であったそうで、「漫画を描くわけですから、自然とトーフ親子の世界が増えて行きますよね」と語り、まわりの人たちの後押しによって、トーフ親子が広がっていく実感を得たというのだ。

 そして、「ファンの方は、ずっとファンでいてくれる。だから、僕らも、海外で開催されるトイ・イベントの度に、新たなデザイン、フィギュアを作って、どうアイデアを盛り込んで、ファンを喜ばせるようかと知恵を振り絞ります。そのおかげで僕らは、前進できている。まわりの人が育ててくれているという実感もあります」とも。

 そして、「いろんな人と出会い、いただいたチャンスに対して、自分のアイデアとか、膨らませていくじゃないですか。そうやって、世界観を広げていったんです」と語り、その言葉はとても深くて強い。

 もとは、大御所イラストレーターのスージー甘金さんの企画展に絡んで、キャラクターコンテストが開かれ、応募したのが始まりだ。『トーフ親子』は、見事、グランプリに選ばれた。その後、スージー甘金さんの事務所に行った時に『トーフ親子』を覚えてくれていて、「面白いキャラなので、長く展開していった方がいい」と背中を後押しされて、それが、25年である。人生とは本当にわからないものだ。

21世紀のクリエイター達へ

 丹精込めて『トーフ親子』を立派に“成人”させた彼は、未来のクリエイターにこう言葉を投げかける。「キャラクターは人々に“happy”をもたらすものでなければならない」と。

 言われてハッとしたが、トーフ親子も最初は困った顔なので口元が「へ」の字だった。でも、ファン層が子供や女の子に広がる過程で、時折、笑みを浮かべるようになったという。ファンに迎合するわけではなく、彼がその必要性を感じて、優しい風貌に変化させた。“happy”を追う中での気づきなのではないか、と思う。

 月並みな言い方だが、キタイシンイチロウさんとファンの中には相通じる、共感があり、だから、ファンは次を期待する。ファンは彼を育て、彼はファンを育てるわけだ。相思相愛は、これからもずっと続いていくだろう。

 キタイシンイチロウさんが、生き物のように命を吹き込んだ「トーフ親子」はファンの人々のハートの中で素敵に、happyに、魂を宿して、生き続けている。

今日はこの辺で。

  • SpecialThanks
  • キタイさんは、このメディア1周年を契機に僕が立案した、有料会員に送る、感謝と恩返しの「お茶の葉書(葉書の中にお茶が入っている)」のデザインを手掛けてくれることになりました。感謝しています。キタイさんとは社会人になりたての頃から、一緒に仕事がしたいと思っていたので、トーフ親子の25周年のこのタイミングで、それができたというのは縁を感じます。人生は一続き。これからも人とのご縁を大事にしたいと思います。(石郷 学)

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

京都の高級食パン!宮原華音が初体験するその味は?

人気記事アラカルト

過去の記事もみてみよう

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

メルマガ会員登録してメディアに参加!