1. HOME
  2. News
  3. 小売視点
  4. 通信販売のやり方
  5. 流通サービス 入魂 オルビス 通販で生きる 唯一無二の AGV

流通サービス 入魂 オルビス 通販で生きる 唯一無二の AGV

流通サービスとオルビス

 昨今、通販の需要は増加しているが、最近、大事だと思うのは、荷主である「ブランド」と「物流」の関係性である。そこで 株式会社 流通サービスオルビス 株式会社の関係性に迫った。流通サービスはオルビスの物流を担っているが、そのブランド戦略を物流にどう活かしたのか。既存に存在する AGV を自らアレンジして、オルビスにとっての最適な物流環境を編み出したところに、物流と通販のあるべき関係性を見た気がする。

 オルビスと流通サービスとの関係性は深く、オルビスがまだ一日、数百件という、通販を始めた当初から、流通サービスは物流を請負い、付き合いは30年以上に及ぶ。そこで僕が注目したのは、最近、流通サービスで導入した「AGV」である。

 物流を知らない方からすると「AGV」がわからないだろうから説明するが、要は、倉庫にある品をあちらからこちらへと、無人で搬送するロボットのような存在であって、ものを運ぶための搬送車。Amazonなどもこれを使って物流倉庫内の効率化を徹底している。

 ただ、僕が注目したいのは、単純に、流通サービスが、それを導入した事実よりも、その裏側。実は、従来に存在する「AGV」を自らカスタマイズして、「オルビス商品の出荷」での最適な仕組みを作り上げた点にある。つまりは、ここの「AGV」は唯一無二、他には存在しない「AGV」なのである。

流通サービス が考えた オルビス 通販で生きる AGV の中身

 この背景には何があったのか?を聞くべく、僕は、まず、これを手がけた 佐藤 正晃さんに話を聞いた。

 元々、オルビスから依頼を受けたのは2年前。「LTVを向上させるものであり、現場で将来起こりうる人手不足に対しての解決策。その為に物量増を可能にするマテハンが欲しい」というものであった。それによれば現行件数の1.3倍を実現しなければならなかったのだ。

 佐藤さんの戦いは、そこから始まった。約一年くらいはマテリアルハンドリング、つまり物流機材に詳しい、椿本チエインという企業と打ち合わせを繰り返し、旧来のものをどう改造しようか、という議論が続いたという。

 ところが、現行ラインを残したまま工事できるのか等、課題もあり、徐々に、会社としてまだ導入していないAGVへの関心が高まったのである。

既存の AGV ではオルビスの要望に応えられない!自分達で考えよう!

 とは言え、「AGV」というのは、本来、人が歩いて商品を取りに行くことを置き換える、棚搬送に重きを置いたもので、それではオルビスが求めている能力が出ないことに気づくわけである。

 「オルビスが求めている能力が出ない」とは、どういうことか。つまり、オルビスの出荷に関しては、お客様一人当たり、大体8〜10件くらいのピック件数があり、それを棚搬送で持ってくるとなると、8台も10台も入れ替わり立ち替わり、商品を持ってこないと、いけない。これでは、完結するのに時間がかかってしまい、意味がない。

 その後、佐藤さんは「AGVが回転する時間にどのくらい要するのか」など、あらゆる数値計算を行い、搬送能力を洗い出した。ただ、やればやるほど、従来のAGVではどうやってもそれに応えられないという現実であった。

 「それなら旧来の搬送能力を超えるものを作ろう」AGVというハードではなく、ソフトウェアでの改善視点で、動いてはみたが、それでは機械に負担がかかる。今度は、物流現場を踏まえた視点になるが、発想的にはエンジンと一緒。高回転で回し続ければ機械が摩耗してしまい負担がかかるので寿命が短くなってしまう。搬送能力を無理に高めようとするのは、妥当ではないという結論に至るのである。

椿本チエインがくれた「いい提案」が、流通サービスでの「いい着想」に繋がる

これが流通サービスのAGV
これが改良されたAGVである

 ただ、突破口のヒントをくれたのは椿本チエイン。AGVにしても様々あり、それを熟知していたのが椿本チエインである。彼らは提案を繰り返してくれて、その中で発掘したのが、今回の「AGV」の土台になるものだった。「土台」と書いた通り、その「AGV」は、今、流通サービスがオルビス向けに実現している仕様とは全く違っていたのだ。

 ここからが、流通サービスの佐藤さんの本領発揮である。発想の転換をして、「AGV」1台に対して1オーダーにしてしまって、商品を上に乗せてしまったらいいのではないか、という着想に至る。AGVにそれまでの用途を捨てて仕様を変えて、ピックケースを載せて搬送してしまおう、と。それは、まさに、オルビスの出荷体制に合致するもので、流通サービスが長年、オルビスと培ってきた関係性故に、発揮されて、実現したわけだ。

 それでは、その生まれ変わった「AGV」を動画で見てみることしよう。

その生まれ変わった「AGV」を見てみよう

 動画の通り、騒音もなく、スーッと駆け巡る。この一台一台が、一人のオーダーである。オルビス一人分の受注データは、管理のスタッフの手により、この一台一台に紐づけられ、そのオーダーが受注した商品が置かれる、商品受け取りの拠点へと向かい、受け取っては、手際良く、また走り出す。

 これにより、処理能力は導入前1800件/時に対し、導入後は2400件/時と約30%の大幅増となり、しっかりオルビスの要望に応えつつ、現場の配慮も踏まえた改善が実現できているわけだ。

AGVの様子
AGVの様子

 ちなみに、左右の商品受け取り拠点では、スタッフが陣取っており、そこに「 AGV」が駆け寄ると、その商品が何かが表示されるので、それをとりにいって、AGVの上のピックケースに載せる。

 ここも注目すべき点であるが、このAGVが稼働している横で、このスタッフが対応している作業、そのものは、過去の仕組みを踏襲していて、新しい仕組みとかつての仕組みが調和しながら、生産性を高めているのだ。

 つまり、過去の積み重ねも、このAGVの魅力を活かすことに寄与しているわけである。

 そして、佐藤さんが強調していたところでもあるが、この作業の中でスタッフが触るのは「商品だけ」。ケースを持ったりする必要が一切なくなっていて、負担が軽減しているのは、通販の倉庫での作業では画期的ではないかと胸を張る。

 スタッフそのものの稼働も抑えている。過去、オルビスへの通販対応の人材投入は89人であったのに対し65人と27%減。働く環境を向上させ、人員不足に対しても解決策として提示できている点にも注目したい。

機械自体の性能も高く電気が消耗すると自動で充電する
電気が消耗すると自動で充電器へ移動。電力量もコンセントで済む程度

ブランドと物流のあるべき関係性

 最後になるが、年商250億円の流通サービスにおいて、ここにかけた投資額は10億円にも及ぶ。これは、30年以上のオルビスとの関係値があり、間違いなく、これからもオルビスと関係を構築していくという信頼に基づいてこそ、その投資に至る。

 流通サービスにとってもそれなりの決断だったろう。オルビスはオルビスで、お客様と真摯に向き合い、商品力の向上と、あるべき関係性を築いて、長きに渡る繋がりを形成していて、一方、流通サービスは、そのお客様の特徴を踏まえて、物流の視点から、よりオルビスのブランド価値が向上し、かつ、成長へもたらす道筋を照らす。

 今回の記事でも分かる通り、流通サービスは長きにわたり、オルビスの特徴を理解してこそ、自らの現場の環境も考慮し、何がお互いにとっての最適かを、考えて、投資し、未来へと繋げているのである。これこそが、僕が冒頭話した、ブランドと物流のあるべき関係性なのではないか、と思う。どちらが欠けても、通販は存在し得ないのだ。

 今日はこの辺で。

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

京都の高級食パン!宮原華音が初体験するその味は?

人気記事アラカルト

過去の記事もみてみよう

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

メルマガ会員登録してメディアに参加!