1. HOME
  2. News
  3. 小売視点
  4. 通信販売のやり方
  5. 富士ロジテック 医薬品通販 を物流から支援 新風起こせ

富士ロジテック 医薬品通販 を物流から支援 新風起こせ

富士ロジテック 医薬品通販 を物流から支援 新風起こせ

 昨今、デジタルシフトが叫ばれる中で、ネット通販などにおいても、その扱うものの幅が広がっていて、今回、注目したいのは医薬品通販。環境整備がまだ盤石とは言えない中で、株式会社 富士ロジテック が立ち上がった。創業以来100年以上に渡る倉庫事業の知見を生かして 医薬品通販 の発送代行サービスの提供を開始して、時代のニーズに応えようとしているのだ。

富士ロジテック 物流から 医薬品通販 を後押し

 医薬品通販の発送代行サービスは、これまで薬機法を取り巻く様々な問題により、アウトソースすることが難しいと言われ、その意味で画期的。これで、自ら物流機能を持たない企業でも医薬品通販事業の展開が可能となるわけだ。信頼と信用を活かした、いくつかの特徴を列挙してみよう。

  • 医薬品通販に特化した専用出荷センター
  • 医薬品通販に特化した医薬品店舗販売業許可取得の専用出荷センターを今年度、開設した。空調を完備したセキュリティー万全の施設にて、お客様の商品を預かり、発送代行業務を実施する。
  • 医薬品店舗販売業許可を所持
  • 一般用医薬品通販の発送業務を委託する際には、アウトソーシング先の倉庫にも薬機法に基づいた各種業許可の所持が求められる。富士ロジテックは、医薬品店舗販売業許可を取得し、特定販売申請を行う事で、一般用医薬品の通販発送代行を実現した。
  • 出荷センターに専任の薬剤師が常駐
  • 一般用医薬品の中でも特にリスクが高い医薬品である第1類医薬品は、薬剤師による販売のみが認められている。富士ロジテックの医薬品出荷センターでは、専任の薬剤師が常駐する事により、登録販売者では販売が不可能な第1類医薬品の発送代行を可能としているのだ。
富士ロジテック医療品業務フロー
富士ロジテック医薬品業務フロー

 それ以外にも、同社の創業以来の知見で物流倉庫のようにフルフィルメント(すなわち、受注・決済・ピッキング・配送・カスタマーサポートまで)を対応できたり、保管のレベルも保証されている。ここに医薬品の扱いに関してのノウハウも反映され、過去の実績を未来に繋げる工夫と対応を実現しているのだ。

 しかも、倉庫管理主任者を選任することで防火・安全体制の確立が義務化されていて、信頼できる環境を用意して、リスクに対しての備えも盤石である。

デジタル化の波で変わらなければならないことがある

 以前も、処方箋を届けるなどの話を記事にしたが、世の中そのものがデジタル化が進み、それによって利便性が向上されるものもあるが、いかんせん、ルールに厳しい業界においてはどうしても腰が重い。

関連記事:Jフロンティア中村氏語る 自宅に 処方せん薬 最短30分 配達

 その中で、まずはそれらのジャンルへのチャレンジを促すために、物流などのインフラがきちんと整備されていくことが重要であり、その点、今回の富士ロジテックの動きは歓迎したい。

 これによりネット通販が嗜好品などではなく、健康にも直結する真に信頼されるマーケットとして定着してほしいのだ。

 今日はこの辺で。

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

京都の高級食パン!宮原華音が初体験するその味は?

人気記事アラカルト

過去の記事もみてみよう

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メルマガ会員登録してメディアに参加!