1. HOME
  2. News
  3. ものづくり考
  4. 卸商品
  5. 三度の災害も不屈の飴屋 野州たかむら 心はいつも“あめ”のち晴れ

三度の災害も不屈の飴屋 野州たかむら 心はいつも“あめ”のち晴れ

 舐めなくても魅せることで想い伝わる“あめ”がある。それは舐めればもっと伝わる“あめ”になる。動物に始まり、様々なカタチで飴を表現することに強みを持つ 野州たかむら という会社に興味を持った。元はOEM専業だった彼らだが、“100年に一度”の災害を創業から50年の中で三度も経験して、悩んだ末に今のオリジナル商品を展開した。立ち直り変化する姿は、これからの中小企業が成長する上でのヒントになりそうだ。

渋谷にある 異彩を放つ“あめ”の店

 この日、僕は東京・渋谷にある「AMER」というお店にやってきた。この店もまた彼らの直営店。入り口からして飴で作った自動販売機のようで可愛らしい雰囲気。カタチで見せる彼ららしい飴の表現であり、これもまた、旧態依然にとらわれぬ姿勢を窺える。

 元々はOEM企業。それ故、野州たかむらという社名は出さず、他社の商品を作るということに特化してやっていた。元を辿れば、キャンディレイ(ハワイなどで見かけるネックレスをキャンディで表現したもの)の内職をやっていたのが始まり。その時はまだ他で作った飴を持ってきて、それを繋ぎ合わせるに過ぎなかった。

 ただ、その後、会社組織となった際、キャンディの作り方を知っている人と繋がったことで自らも作るようになり工場を持つに至った。野州たかむらの「むら」はその作り方を教えてくれた人の名前の一部である。

サンリオとの出会いで“あめ”は進化した

 ただ、当然、その時は形状に強みがあったわけではなかった。「なぜ?」と僕が聞くと、思いがけず、サンリオの名前が飛び出した。そう。サンリオの存在が彼らにとっての転機。

 サンリオが彼らにキャラクター商品のキャンディを依頼したのだ。従来の飴とは違った提案であったが、野州たかむらは考えた。当時は、真鍮の棒をキャラクターやハートの形にして、(飴を流し込んで)手で詰めていたそうで、それが今の形状を売りとする飴の原点なのだという。

 恐らく、その甲斐あって、他との差別化要因も追い風となり、「作れば売れる」時代がやってくる。僕が「順風満帆ですね」そう言うと「いやいや!とんでもない」と言って「窮地を潜り抜けて、今に至る話」をしてくれたのであって、それが冒頭、話した「“100年に一度”の災害を創業から50年の中で三度も経験した話」になるのである。

絶望からの奮起で掴んだチャンス

 最初は30年前。その災害により会社自体が水没してしまい、当然ながら機械も使えず、場所を変える事となり、その後は事業も順調に推移していた。しかしながら、またも彼らに悲劇は訪れる。2011年3月11日、東日本大震災であって、これにより建物が破損し一年かけて立て直し、ようやく出来上がった翌年の5月、今度は竜巻がこの会社を直撃したのである。

この続きを閲覧するには会員ログインが必要です。
会員登録がお済みの方はログインページより、ログインし記事の続きをお楽しみください。
未登録の場合は会員についてをご確認いただき、会員登録をお願いいたします。

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
 本気で書くにはボランティアではできません。最初にメルマガplus=メディア会員(有料)を作りました。これからの成長も含めて力貸してください。
メルマガplus詳細

最新記事

人気記事アラカルト

検索