1. HOME
  2. News
  3. ものづくり考
  4. 直販商品
  5. FOODEX 2021 隠れた逸品ここに

FOODEX 2021 隠れた逸品ここに

 誰にとっても当たり前に存在しうるのが、食事。食卓には様々な食材が存在するが、今日は千葉・幕張メッセで、2021年3月9日〜12日に開催された、国際食品飲料展「 FOODEX 2021 」の中で、気になった食材を取り上げてみた。工場の工夫、隠れた逸品、地域ならではの特性など、色々な魅力からアプローチしてみたい。

 この形状!!!そう思って、最初に目に止まったのは、株式会社野州たかむらの手がける「どうぶつべっこう飴」である。この会社は自ら飴の製造工場を持ち、それ故、様々な形状のものを作れるそうである。

それ故、愛らしい動物の形をしているのも、この会社の誇れる技術の賜物だ。袋の中身は、まさにお菓子の“どうぶつえん”と言った感じで、どれを舐めよう、と手に取る人の気持ちが弾む。

パッケージも可愛いべっこう飴
パッケージも可愛いべっこう飴

 余分な添加物を一切使用せず、厳選された良質な材料にこだわったシリーズで老若男女を惹きつけているだけではなく、創業以来、貫く「直火炊き」製法。独特の透明感を持った見た目と、優しい甘さを引き出しているのはそのこだわりで、信頼も厚い。

FOODEX 2021 食は地域の魅力も伝える

山口県産のごまにこだわる企業が教える隠れ味

  その他、立地を活かして、その地域ごとの食材を取り上げるブースも数多く見られ、食は、地域にとっての名コンテンツなのだな、と思った次第だ。

 「山口ごま本舗」では、その名の通り、山口県産のごまにこだわってビジネスをしている。ここでは、ちょっと変わった存在の「ごまのおから」を紹介していた。この誕生にあたっては、下記の動画のデモ機の様子を見てもらうとわかりやすいかもしれない。

 横から出てきたものがごま油なのであるが、注目して欲しいのは、前から出てくる物体である。これが、「ごま」のしぼった後の「しぼりかす」であり、今回の主役である。最初はごま油の方しか売っていなかったのだが、そのうちこの「しぼりかす」の方が栄養分が高いということで脚光を浴びることとなったのだ。

 この「しぼりかす」自体は、油も入りつつも少し油分が抜けた「すりごま」であり、上記の通り、栄養分の高さに加え、消化吸収も良い。それもあって、売って欲しいという声が出てきたことで、「ごまのおから」として、世に出ることになったわけである。

ごまのおから
ごまのおから

 すりごまなので、何かを炒めるときに入れると風味が出るほか、純粋に、サラダやラーメンなどにかけてもいい。ちなみに、味噌汁に少しだけ入れるとコクが出るのだという。

銚子エリア自慢のいわしの味

 また、これは僕も知らなかったのだが、千葉県の水郷佐原・銚子エリアではいわしの素材を生かした佃煮などが人気であり、そこに拠点を置く青柳食品株式会社は「いわしの銚子煮」が自慢の逸品である。

 僕が同社の橋本彩香さんにお勧めされたのは酸味を抑えた明太ソースをたっぷりまぶした「明太いわし」。

明太いわし
明太いわし

 袋詰をされているのが彼らのこだわり。缶詰などとは違い、味付けをした後で、袋に詰めているので、アクが浮いたりもすることなく、その美味しさがシンプルに伝わってくる。その品質が高く評価されているのは、久世福商店などセレクトショップなどにも並んでいることからもよくわかる。

 本当に、色々な視点で、食が語られ、高知県では鮮魚、養殖魚を海外にアピールする、などの声も聞かれた。冒頭も話したが、食べるということは、誰にとっても当たり前に存在しうる。

 ただ、食べるだけではなくて、今はその付加価値を多くは求めている。おいしいのは勿論、その裏側でどんな想い、文化があって、それを含めて堪能できるか、それが大事な気がした。それを言うだけの説得ある文化がそれぞれの食材、企業にあることが今回来てみて分かったからだ。

 今日はこの辺で。

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
 本気で書くにはボランティアではできません。最初にメルマガplus=メディア会員(有料)を作りました。これからの成長も含めて力貸してください。
メルマガplus詳細

What’s New

Good feedback

検索