1. HOME
  2. News
  3. カルチャー・アート
  4. キャラ談
  5. Textile Monster 圧倒的な存在感は カテゴライズされないことで生まれる

Textile Monster 圧倒的な存在感は カテゴライズされないことで生まれる

 僕らの中には定番って存在していて、「洋服といえば、これ」という具合に、共通したイメージがある。けれど、そういうカテゴライズされない世界の中に実は、自分らしい世界の表現や価値があるのではないか。そう言って勝負をし続ける若きクリエイターに出会った。 NATSUKI HANYU さんだ。自らを“Textile Monster”と表現する。

“Textile Monster”NATSUKI HANYU は 素材を最大化させる

1.学校でやっていた「工作」の延長線上

 テキスタイルというのは布製品における生地の様なもの。それを変幻自在に、彼女は表現のツールにして、全く新しい価値を創造している。写真の“衣装”は、僕らの着る服とは全く一線を画したもので、印象的なモチーフである。

 主にダンサーなどに貸し出しをしているそうで、それで生計を立てるのは厳しい世界だけど、それでもやるのは、「自分の世界観でものづくりをしていくのが性に合っていて、それが私にとって意味があること」と話すのである。

何気にInstagramを見ていたら、某国民的音楽番組でも少し出ていて、ビックリ。

 とにかく一つ一つの発される言葉遣いが印象的で、自分の作品は、学校でやっていた工作の延長線上にあるものなんですと話す。だから、自分のことをデザイナーと呼ばないしデザイン画も描かない。

2.彼女の作品はいつも素材から始まる

 え?描かないんですか?というと、うなづいて、この写真の白い“衣装”を紹介してくれた。

 実は、全て紙で作られている。その紙は捻って紐状にしてそれを重ね合わせることでできている。紙が重なりあうことで、サクサクっと音が奏でるのも大事な表現の一つだろう。

 たいていのデザイナーは絵を描いてから、素材選びをするのだが、彼女は素材から入る。デザイン画も描かないで、純粋にその素材で何ができるかを考えるのだそうで、途中でデザイン自体が変わることもある。

 この「何ができるか」というのは、例えばそれを映像にしたら、広がりが出るとか、そういう具合に、素材を触ったりしながら思いを巡らせるのだそうだ。

ちなみに、この“衣装”も布を割いて紐にして、手編みにして徐々に衣装としての体裁ができ上がっていく独特のスタイルを経て作られたものだ。

素材の奥深さは、ダンサーと“衣装”の表現力で最大化される

1.素材は踊るダンサーの士気をもあげる

 彼女の手がけた“衣装”でファッションショーも見せてもらったけど、表現を身にまとっているという感覚に近い。ダンサーもダンサーで、これを素材にどういう動きがよりその素材感を引き立たせるか、そのモチベーションは跳ね上がる。

2.なぜカテゴライズする必要性があるのか

 初めから終わりまで、形にとらわれない。最後に彼女が話してくれたのが、その考え方を象徴するもので、特に印象に残った。

 「よく先生からあなたはデザインの方向へ行くのか、アートの方向に行くのか、そう聞かれることが多かったのですけど、それ自体が私にとっては違和感があるんです」と。

 「なぜ、そこにカテゴライズされなきゃいけないのか」。そうか。

 社会って枠に当てはめると、“舗装された道がある”様に見えるから、多くはその枠に当てはめたくなるのだけど、確かに白いキャンバスに縦横無尽に思うがまま、描き続けていく人生の方が、きっと、人とは違う自分にとって納得いくものになるのだろう。

 若きクリエイターのチャレンジと、自分の世界観に貪欲に向き合うその姿勢に、僕が素直に感銘を受けたのである。

 今日はこの辺で。

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
小売のDXについて理解を深めるコーナー
キャラクターのライセンスについて理解を深めるコーナー
製造に関する理解を深めるコーナー

最近の記事