1. HOME
  2. News
  3. カルチャー・アート
  4. キャラ談
  5. 【体験】iPadでどう絵を描くの? Photoshopと Illustratorの違いも含めて

【体験】iPadでどう絵を描くの? Photoshopと Illustratorの違いも含めて

 何気ないことだけど、絵を描くってことの可能性が広がっているんだなということを実感している。きっかけは些細なことで、このメディアのキャラをLINEスタンプにしようと思いついたこの記事からである。それに関して、デザイナーと話す中で、もう誰でも絵を表現して、しかもそれを全世界に発表していける時代なのだと気づいて、それを口にすると、「そうです、本当に昔からは考えられないほど、実力を発揮できる時代です」と。

1.iPad Proで描くイラスト

 上記に書いた通りだが、僕は、このメディアでも頻繁に出てくるオリジナルキャラで、LINEスタンプを作ろうと思って、創刊当時からこのイラストを描いてくれているu16さんに新たなデザインを依頼した。その中身はLINEスタンプに使うもの、ということだ。

関連記事:【体験】LINEスタンプを作ってみた!キャラの仕草の考え方から審査まで

 僕はそれを作ってもらうと共に、どうやって作るのかも気になった。写真を見るとわかるが、u16さんが使っているのは「iPad Pro」。12インチを使っていた。「iPad Proは描くスペースが大きいから描きやすいんですよ。絵画ソフトってサイドバーもあるから、描くスペースが大きい方が使い勝手がいい」と。

2.Photoshopを使っているけど

 この日、使っていたソフトはAdobe「Photoshop」。ただ、u16さんいわく、別にPhotoshopでなくてもいい。なぜ、Photoshopを使ったかというと、いつも使い慣れているから。仕事で使っている人は、共通のソフトを使った方が効率が良く、だから、彼はいつも使うPhotoshopを使っただけのこと。

 聞いていて思ったのは、Adobeの存在の大きさだ。考えてみればわかるが、デザイナーを採用するときに、他のデザイナーも含めて「共通して使うソフトがどの程度使いこなせるのか」を指標に考えれば、その実力が端的にわかるからだ。

 なぜ無理に使わなくていいという話をしたかというと、Adobeはこれらをサブスクリプションとして提供しているので、使い続ける環境であれば、それでも良いが、「使ったり、使わなかったり」する傾向の強い一般ユーザーにとっては割高である。

3.アプリで自由に絵が描ける土台ができた

 では一般人向けにはどんなソフトがあるのか。教えてもらったところで言うと「プロクリエイト」というアプリがある。買い切りなので、一回、購入すればそれで良く、僕が驚いたのはその金額で、1000円程度である。

 だから、iPadなどタブレットがあれば、誰でも絵を描く環境が与えているか、それがわかる。ここが昨今のクリエイティブの革命的な要素だと僕は今回の企画を通して、実感した。思わず僕はu16さんに「紙がいらないって凄いですよね?」と。絵が好きな人はよく子供の頃、紙のチラシの裏側に描いていたなんて話はよく聞くわけではないか。そのチラシもペンもいらない。

「紙も絵の具も永久に減ることがない。それでいて、世界に発信できる。僕の子供の頃からすると、とんでもない事が起こっている」とu16さんは興奮気味に話す。そりゃそうだ。

Photoshopとイラストレーターの違い

1. PhotoshopでApple Pencilでサラサラと描く

 さて、先ほど、LINEスタンプを作ると話したけど、そのPhotoshopをどう使って描いたのか。するとu16さんはPhotoshopを開いて、サラサラっとiPad Pro上でApple pencilを使って絵を描き始めた。仕上がる感じとしては下記の通りである。

2.紙のデザインでIllustratorが多いのはそういう意味か!

 でも、同じAdobeのソフトにはIllustratorというソフトもあって、絵を描くもの。なぜ、そっちは使わなかったのだろう。思わず、初歩的な話とは思いつつ、僕はそう聞いたのだ。

 「なぜなら、このキャラで名刺を作ったときは、Illustratorだったではじゃないですか」と。どう使い分けているの?と。これが案外、僕にとっては学びであった。

 一言で言うなら、サラッとペンや筆で絵を描く感覚に近いのが「Photoshop」。それに対して「パス」と呼ばれる点と点を繋いで細かな線にして絵を表現していくのが「Illustrator」なのである。

3.線で書くのと線で繋ぐ

 何を言っているのかわからないと思う。拙くて恐縮であるが、僕がPhotoshopを使い、iPadで書いたのが下記だ。

 まるで鉛筆のように書いているのがわかると思う(生まれて初めてタブレットで描いた(笑))。それに対して、こちらが描きかけで恐縮だが、Illustratorで書いたもの。○から○へと線を繋いで描かれていることに気づくだろうか。イラストの口のところを見てほしい。

 Photoshopはピクセルという小さな粒子の集まりで絵を表現している。絵のような柔軟な表現を可能にしているのはそれ故。ただ、サイズを大きくするほど、ボケてしまうのである。それに対してIllustratorは点と点で繋いでいる線だから、その縮尺は維持されて拡大される。だから、絵はボケないのである。

 つまり、絵の拡張性の部分で差別化しているのだ。

 そうか!だから、名刺やチラシなどに使ったデータは全てIllustratorで作成されているのか。印刷サイズに合わせて、大きさを調節できるからなのである。今更ながら気づいた。恥ずかしい。

5.ピクセルが大事な理由

 u16さん曰く「Photoshopは描写で、Illustratorは切り絵です」と。確かにどっちかといえば、Illustratorは比較的ベタ塗りな色合いで絵が表現されているのは、拡張性故なのだ。漫画のような塗り方は拡張性が高く、確かに、水彩画などは拡張しづらい。

 ここで深いのはその記事でも描いた通りだが、僕からの依頼が「温かな雰囲気で柔らかな人間性を持ったもの」というものだったから、それはベタ塗りよりもペンのタッチが出やすいPhotoshopの方が向いているということになって、彼はPhotoshopで今回のイラストを手掛けたという話に着地するわけだ。

 なるほど。それを理解した上で、iPadとApple Pencilを用意して、書いてみようではないか。一人一人の表現がもっとリアルとデジタルの垣根を超えて発信される時代だからこそ、これまでの「Twitter」での活字、「Instagram」の写真を通した価値観に加え、一人ひとりが絵を「描く」ことを通して自分の価値を伝えていく時代がきっと近い将来来るような気がするから。

 今日はこの辺で。

参考:【体験】LINEスタンプを作ってみた!キャラの仕草の考え方から審査まで

参考:【体験】初心者ながらNFT出品してみた 悪戦苦闘も少し見えた NFT メタバースの未来

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
小売のDXについて理解を深めるコーナー
キャラクターのライセンスについて理解を深めるコーナー
製造に関する理解を深めるコーナー

最近の記事