1. HOME
  2. News
  3. キャラクター市場
  4. 版権元・窓口の動き
  5. かえるのピクルス アニメ でも 優しく 皆をふんわり包み込む

かえるのピクルス アニメ でも 優しく 皆をふんわり包み込む

かえるのピクルスきもちのいろ

 ほのぼのとしたあたたかな雰囲気を持った「 かえるのピクルス 〜pickles the frog〜」はぬいぐるみのメーカー、ナカジマコーポレーションで産声をあげ、少しおしゃれなテイストを持ったぬいぐるみを起源に持つキャラクター。遂に アニメ になって、あたたかな世界はさらに広がりを迎えて、多くの人を和ませる。

 その歴史は古く、遡ること1994年に誕生した。ぬいぐるみでも、表面のクリクリの生地は、アクリルの糸をカールさせた後、ミックスして織った特徴のあるもので、敢えて普通のぬいぐるみとは一線を画したところに想いが込められている。

 結果的には、それらはぬいぐるみ屋以外でも、女性の多く集まる雑貨屋などにも浸透することとなり、今やキャラクターとして認知。25周年を迎えることとなった。キャラクターって愛を持って接すれば長生きするんだなぁと。

 結果、これはぬいぐるみの老舗メーカーであるナカジマコーポレーションにとって新たな可能性を示すことになり、このキャラクターに関する商品ラインナップはインテリア、クッション、バッグ、財布、衣類にまで広がりを見せることになって、キャラクターそのものがもはや一人歩きしていると言っていい。

 そして、最近では、アニメ化が実現。それが「かえるのピクルス -きもちのいろ- 」である。日曜よる9:55~。(月曜あさ7:57~(再放送))BS12(トゥエルビ)で放送。ぬいぐるみとは違う、透明感のある、優しいほんのりとした雰囲気はきっと、見るものを素敵に和ませる。どうか、動画で見てやってほしい。

 12色のピクルスが誰かの日常でそっと気持ちに寄り添うストーリー。キャストとしても参加の木根尚登さんは主題歌も担当し、それはは作詞:小室みつ子 作曲:木根尚登 という名コンビによる「Hopping On」という曲。

 キャスティングも魅力で、ナレーションで森口博子さんで出演したり、丹生明里(日向坂46)さんが、ケーキ作りに挑戦するけなげな小さい女の子役で出演したり、と様々な人たちの手により、あたたかく育む感じが素敵なのである。

 僕は好きだなぁ、この感じ。その雑貨やぬいぐるみを片手に、アニメを見ながら心安らぐひと時を過ごしてほしい。

(参考)アニメ:かえるのピクルスきもちのいろ

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

会員登録してメディアに参加!

京都の高級食パン!宮原華音が初体験するその味は?

人気記事アラカルト

過去の記事もみてみよう

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30