1. HOME
  2. News
  3. キャラテック
  4. キャラ談
  5. 【体験】LINEスタンプを作ってみた!キャラの仕草の考え方から審査まで

【体験】LINEスタンプを作ってみた!キャラの仕草の考え方から審査まで

 「あ、このイラスト、見た事ある!似てますね、クックック」その取り組みはある日、突然始まった。とある記者会見で壇上に上がる人と僕は名刺交換の際、言われたのがその言葉であった。その名刺にはこのメディアでも頻繁に出て来る145chanのイラストが描かれていて、これは僕が古くから付き合いのあるイラストレーターu16さんが僕をモチーフにして手がけたものである。そうだ、これでLINEスタンプを作ってみようと思ったわけで「やってみよう!」。

LINEスタンプ 作り方 シーンからテイスト、アップまで

1.これ、LINEスタンプにならない?

 僕は嬉しくなって、その日の晩、やや興奮気味に、u16さんにLINEでその話をすると「マジ?ちゃんと似た絵がかけているってことだ(笑)」と思いの外、弾んだ返事が来て、それをやりとりしながら、ふと僕は思う。

 ん?u16さん、これさ・・・・LINEスタンプにできないかな。。。笑。

 「何パターンかでいいんで書いてもらえないですか?」と勢いで話を持ちかけてみた。

 u16さんは僕のこの問いかけに「やりましょう!」と快諾。

2.どうやったらLINEスタンプを作れるんだ?

 ところがどっこい、どうやったらLINEスタンプになるんだ?(笑)。でも、自分でやってみてわかったが、本当に誰でもできる。ただ、少しでも作ったスタンプが皆に喜ばれて使われるようになるかには工夫も必要。だからその手順をこの記事では指し示そうと思ったわけだ。

 早速、その作り方に関してであるが、「LINE クリエイターズマーケット」というサイトを使えば、作ることができる。LINEスタンプにする方法を知らない僕にu16さんは「これが規定ですよ」と丁寧に教えてくれたのである。制作ガイドラインかあ。

https://creator.line.me/ja/guideline/sticker/

作り方1:表情とポーズでイメージを掴む

 メインの画像とスタンプ画像とトークルームのタブ画像の3つが必要である。u16さん曰く「(スタンプ画像は)最低8種類から。本音言えば、16種くらいはバリエーションは欲しい気がしますけどね」と。まあ有名キャラでもないので「控えめに8種類で進めたい」とその意向を伝える僕。

 なるほどーと思ったのは下の絵である。u16さんは早速「LINEスタンプのラフ案を作って一覧にしました」と。そうか、やみくもに絵を作っても意味がない。

 こうやって絵を並べていけば、その絵がコミュニケーション手段になる実感が得られるわけだ。顔は作り込まずに、表情とポーズをわかりやすいように幾つか作ってみたのだという。ラフ画を見るとわかるが、そこに文字を入れていない。それは、シチュエーションを限定しない方がいいのではないかという意味合いからである。

 表の「キーワード」が使う場面のイメージ。現にLINEスタンプを登録する時に、イメージを絵に対してタグづけできるようになっていて、それで絵とシーンを紐づけている。表現にバランスが取れるわけだ。あとはここから絞って何を作ろうか、という話だ。

作り方2:ラフからちゃんと顔の作り込みがされて、出てきた

 8種だけだから泣く泣く絞る。「そうだなあ、6番でしょ」と具合に伝えるわけである。上記の図、右側に優先度高めのセットをまとめていて、こうすると方向性が見えやすい。

 色をつける段階も、クリエイターというのは凄いなと思うのは、テイストをどうしますか?って言われて。この絵を見ればわかると思うんだけど、絵が同じでもテイストが違うのだ。荒めな筆の感じを出したものとLINEスタンプっぽさを出したものを二つ出してきた。

 結局、事前にこのキャラの設定として「本当にダメダメだけど、一生懸命だから放っておけない。手を差し伸べたくなるキャラ」そんなイメージを伝えていた。それで人間っぽさが出た方がいいということになり、左に寄せた絵を作る事になった。なおこの未採用の絵は下記の経過を経てNFTで販売中だ。

参考:【体験】初心者ながらNFT出品してみた

作り方3:本格的にスタンプの画像になってきた

 すると、さすがである。その後、しばらくの時を経て、顔の作り込みをしていなかったのが、マスコットキャラの色彩を備えて上がってきた。ははあ、こうやるのか。

 LINEスタンプを作る上で改めて痛感するのは、「絵ではなくコミュニケーションである」という事。

3.遂にアップロードしてスタンプに!

 どういうアイコンを作れば、どこのコミュケーションの場面で使われるか。また、その仕草一つ一つに個性がでるから、そのキャラの個性作りも併せて大事だ。スタンプは大きく分けて、二つの方法で作ることができる。

 一つはWebサイト「LINEクリエイターズマーケット」である。でも凄いのは最近はスマホのアプリでもLINEスタンプは作れてそれは「スタンプMaker」。

3-1:スタンプMaker

 下の写真のように、アプリならそこに作ったイラストを8つ、アップロードするだけ。完成イメージも角度調整などもできる。スマホにある写真を使ってもよいから、お子さんでもできる。あとはLINEスタンプのタイトルと説明を入れるだけ。申請すれば、それをLINE側が審査して1週間ほどの時を経て、承認。販売できるようになるというわけである。

3-2:LINEクリエイターズマーケット」

 「LINEクリエイターズマーケット」の場合は、WEBである。元々はこちらが最初で、クリエイターにも馴染みがあるのはこちら。だから、u16さんのようなiPadなどで専用ソフトを使った本格的な画像であれば、こちらのがいいだろう。メイン画像と8個のスタンプ画像をアップロードし、それぞれの仕草に「タグ」をつけられる。「ガーン!」など。そこでイラストとシーンが合致する。

 絵や写真でアプリを使ってやるのもよし。専門的にタブレットで描いてwebでやるのもよし。お好みに合わせてやればいい。

誰でもやれるならやった方がいい

 強調しておきたいのは、誰でも絵を描けてしまうという環境が土台としてあること。これだけ、簡単にその絵を販売できるようになっていること。その現実である。今という時代が、多くの才能に間違いなく光を当てるものであることはよくわかるだろう。

 ここまでできるなら、絵を作る訓練をした方がいいのではないだろうか。

関連記事;そもそもタブレットでどう絵を描くの? iPadなどのタブレットの革命

 絵が描けたら、その上で、キャラってどうイメージ作りをすれば良いか。そのアイデアの絞り込み、色合いを含め、どう作り込んでいくのかは、先ほどのu16さんの助言は参考になるに違いない。そして、LINEスタンプでの完成は間も無くである。

 今日はこの辺で。

関連記事:デジタルコンテンツは自ら作り、発信して、受け取る。双方向でやり取りする時代へ

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
小売のDXについて理解を深めるコーナー
キャラクターのライセンスについて理解を深めるコーナー
製造に関する理解を深めるコーナー

最近の記事