1. HOME
  2. News
  3. リアル店舗
  4. 売り場・最大化
  5. 小売DX学
  6. スーパー 等 小売 DX 進化の予感 短・中距離 配送でセイノーとエニキャリ連携

スーパー 等 小売 DX 進化の予感 短・中距離 配送でセイノーとエニキャリ連携

 スーパー やコンビニ等、小売や飲食店などを含め DX が推進されているけど、まだまだ未開拓。どこに付加価値が生まれるのか、わからない。エニキャリの代表取締役 小嵜秀信さんが「これは未来に向けた大きな話」と熱っぽく教えてくれたのは、同社とセイノーとの業務提携に関しての話である。配送をフックにして、お客様に付加価値をもたらす、業務提携のその中身。何を売るにしてもどこに価値を見出しどうビジネスで活かすか、そこが大事な時代になってきている事を痛感した。

スーパー などの DX で配送が大事な理由

1.日常生活の縁の下の力持ちとして存在感

 正直、僕は最初「セイノー?」と言ってしまった。例えば、配送というと、ヤマトのイメージが強くてBtoCの中でセイノーは、その存在感が薄いと僕は思ったし、だからその業務提携にどれだけの意味があるのだろうと疑問を投げかけたのです。

 ところが、「いやいや違うんです」と小嵜さん。最近、ネットスーパー然り、スーパーマーケットやコンビニなどの商品を家まで運んでくれるサービスがかなり盛んになっているのは読者もご存知かと思うが、ここで大きなシェアを握っているのが実は、セイノーなのだそうだ。

 下の表を見てもらいたい。

 通常の通販では「宅配便」を使うが、ネットスーパー、コンビニ配達などはそれよりも早く到着する事にニーズがあって、そこを狙い撃ちしたのがセイノーだ。つまり、宅配便は必ずセンターを経由してからお客様の元へ届けるので時間を要する。敢えて彼らは「軽バン便」でセンターを通らず小型車に荷物を詰め込んで、配送している。

 ネットスーパーなどを利用すればわかるが、当日中、2時間単位で区切るなどして配達しているのが「軽バン便」というわけで、セイノーはそこで全国に中距離配送のネットワークを張り巡らしている。

 一方、小嵜さん率いるエニキャリは街の商店街にあるお店のインフラを目指していて、30分以内で、それらの商品を自転車で配送する、短距離を強みにしたサービスを提供している。上の図で説明するなら、「クイックデリバリー」という部分である。主に、フードデリバリーでその存在感を示しているのだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら

検索

YouTube「145チャンネル」