1. HOME
  2. News
  3. リアル店舗
  4. 新・小売り学
  5. 3つの視点で 小売 が変わる “決済” “物流” “販促”

3つの視点で 小売 が変わる “決済” “物流” “販促”

Shop&Go

 小売 の環境は刻一刻と変わってきている。そこで、第55回スーパーマーケット・トレードショー2021 に潜入し、現場に関わる企業の話を聞き、体験しながら、その変化を3つの視点( 決済 物流 販促 )で取り上げた。リアルの世界にも着実にデジタルが入り始めていたり、流通のあり方が進化していたりと目まぐるしい今の小売の姿を見て欲しい。

購入場面が変わる“決済”

スマホを使いつつサクサク商品をチェック

 完全な省人化であり、かつ非接触で、行列なども不要なショッピング。それをスマホと自らの機械を連携させて可能にしたのが、株式会社寺岡精工。この動画を見てもらいたい。

https://youtu.be/uSVfkjeG0cU

 あらかじめスマホで「Shop&Go」専用アプリを入れておき、店内で商品を選んだら、そのアプリでバーコードを読み取りカゴに入れる。全部買いたいものが揃ったら、専用のセルフ精算機まで移動する。スマホ決済なら、かざすこと約30秒で会計が完了となる。

素早く買い物が完了

 専用カートは、各々のマイバッグを設置できるように設計。商品を入れる際に、それを認識するようになっている。だから、バーコードを読み取らず、カートに設置されたマイバッグに入れようとすると、エラーが出る仕組み。ここで不正を防ぐ。

 このマイバッグは決済完了と共に、すぐに取り外せるようになるので、カゴからマイバッグに移し替える手間すらないわけだ。

 これにより消費者がスタッフを介さず楽に、素早く買い物ができるので満足度が高いだけではなく、スタッフ側も人数を必要としないので、人件費も抑えられる。今のコロナ禍で言えば非接触で安全性が高いと言え、利点も多いだろう。

購入理由が変わる(販促)

デジタルサイネージの活用

 デジタルがリアルの生活の利便性を向上させていくという意味では、売り場の提案の仕方にも変化が生まれている。

この続きを閲覧するには会員ログインが必要です。
会員登録がお済みの方はログインページより、ログインし記事の続きをお楽しみください。
未登録の場合は会員についてをご確認いただき、会員登録をお願いいたします。

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
 本気で書くにはボランティアではできません。最初にメルマガplus=メディア会員(有料)を作りました。これからの成長も含めて力貸してください。
メルマガplus詳細

What’s New

Good feedback

検索