1. HOME
  2. News
  3. オンラインショッピングモールの動き
  4. 小売DX学
  5. 通販とeコマース
  6. 楽天 ドローン 都市部の上空を越えて 物流の可能性を乗せ いざゆかん

楽天 ドローン 都市部の上空を越えて 物流の可能性を乗せ いざゆかん

 ネット通販では物流の重要性が高まっていて、事業者はそれらに準ずる費用を込みした上で施策を重ねているけど、とはいえマーケットは拡大していて、配送然り、倉庫然り、価格は上がるだろうし、ドライバー事情など、問題山積である。僕は、そんな時代の中で、人が集中する都市部のインフラが大事な気がして、この話題に興味を持った。楽天グループ( 楽天 )の ドローン に対しての取り組みである。

楽天 ドローン 都市部で羽ばたく意味

 楽天はドローンに関して2021年12月に実証実験を行っていて、それは今まででいうなら過疎地域で行われていたものであったが、今回は千葉県という比較的、都市部で行ったという点で違っていて、そのトライに僕は関心を抱いた。

 説明を聞いて僕も初めて知ったのだが、楽天はドローンによる物流サービスを日本で初めて「一般に」提供した会社だという。「完全自動飛行」のドローンを使って注文商品を配送するというもので、未来のネット通販を予見させる話である。

 今、僕は「完全自動飛行」という話をしたけど、それはどういうものか。簡単に説明するなら、ドローンに物資を積載して、離陸ボタンを押すだけで、残りは自動で行えるというものだ。「自動で」の中身も、離陸をして目的地へと飛行し着陸も行って、物資を切り離すところまで、全てである。勿論、受け取った側は何もすることもなく自動で帰っていく。人間さながらである。機体については下記の通りで、積載量も7kgでそれなりに詰める。

 今回の実証実験で運んだ物資は救急箱や非常食、医薬品であって、それはECというよりは災害時での利用を意図しているようである。具体的な場所は、プロロジスパーク市川という千葉・市川にある倉庫から海浜幕張の高層マンションまでの約12kmである。

 市川からは倉庫の担当者がその箱に該当商品を入れて、ドローンに積載し、ポチッと離陸ボタンを押すと、ドローンは軽快に障害物のないところを通り、千葉の臨海を羽ばたいた。 都市部の超高層マンションに向けたドローンによる配送は国内初。17分で届けられたという。

 では、ドローンを使ったショッピングってどんなの?ということで、参考までに楽天がアプリでやっているフローを示してみようと思う。​​​​​​​どうやら、彼らが手がけるドローン専門のショッピングサイトとアプリも存在するらしく、実際、商品も販売してきた実績もあって、写真のような流れである。(今はやっていない。)

 なるほどと思ったのはスマホ上、重量インジケーターがついている点。確かに運ぶ際に、その重さが重要なので、それが商品選びと直結しているのと、デジタルらしくそのドローンがどこを飛行しているのかも確認できるわけで、ネット通販も新時代だな、と思わせる光景である。

 物流環境も刻一刻と変化しており、必ずしも今のインフラが維持されるとは限らない。例えば、2024年問題をご存知だろうか。働き方改革で年間の時間外労働時間の上限が、960時間に制限されるなどの話もあって、配送環境も変われば、省人化然り、これから色々なことで何らかの変化が求められる。まさに備えあれば憂いなしなのだ。

 まだまだ先の話とはいえ、少しでも利用の幅を広げられるよう模索することは、プラットフォーマーとして急務なのである。そして語弊を恐れずいえば、こうした物流側のイノベーションは物流サイドから生まれるものではなく、荷主サイドから生まれるものだと思う。

 物流が抱える課題は色々あれど、荷主である店舗の意向を束ねる楽天のようなプラットフォーマーによるチャレンジが求められていて、それが物流における課題の突破口になっていくことを祈りたい。

 今日はこの辺で。

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら

検索

YouTube「145チャンネル」