1. HOME
  2. News
  3. リアル店舗
  4. 小売の取り組み
  5. JR東日本 の挑戦を 東京駅 に見た BELLE MAISON 新業態

JR東日本 の挑戦を 東京駅 に見た BELLE MAISON 新業態

 以前 JR東日本 と千趣会の業務資本提携に関連して、JR品川駅にポップアップショップを展開していたのは記憶に新しい。今度はJR 東京駅 構内にある「グランスタ東京」に常設で「 BELLE MAISON 」の新業態ショップが開店されたので、行ってみた。大きさにして19.7坪。ターゲットにしているのは丸の内のオフィスワーカーである。

 彼らなりにいくつかの新しいチャレンジも見られた。全面に打ち出されたのは、ずらりと並んだ靴である。これらは千趣会が長くブランド展開してきた「BENEBIS」。

 千趣会も話していたが、商品企画には職人による工夫の跡があって、それらが長きに渡りユーザーを惹きつけてきた。そこに関わるスタッフはこのショップのオープン前、準備の際に顔を出して、その確認をしていったというのだから、こだわりは筋金入りだ。

 今回、強く打ち出している靴は2種。カスタムオーダーによる37色の「パンプス」および、31色の「フラットシューズ」であり、その色の豊富さが売りである。また、上記の通りその商品力をリアルに実感してもらうとともに、その過程で「3D計測機」を使うなど、データに基づき、より相応しい靴を指南しようというわけである。割と1万円以下で済ませられる値頃感もまた、背中を後押しするだろう。

 それともう一つ。JR東日本は

この続きを閲覧するには会員ログインが必要です。
会員登録がお済みの方はログインページより、ログインし記事の続きをお楽しみください。
未登録の場合は会員についてをご確認いただき、会員登録をお願いいたします。

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

会員登録してメディアに参加!

宮原華音さんを唸らせたのは?

人気記事アラカルト