1. HOME
  2. News
  3. リアル店舗
  4. 新・小売り学
  5. JR東日本 千趣会 品川駅 各々の革新

JR東日本 千趣会 品川駅 各々の革新

 これまで当たり前だとされていた使い方も変化を余儀なくされていて、特に、僕は、これからの駅の活用に関心を持っている。今、まさに 千趣会 と JR東日本 が連携して、 JR東日本 品川駅 にポップアップショップを展開していることに着目して、千趣会にその意図を伺ったのである。

JR東日本 千趣会 品川駅 で見せた挑戦

 そのショップは『Disney Fantasy Shop by BELLE MAISON』と言う。千趣会の通販「BELLE MAISON」でのディズニー商品を集め、その数は110型に及び、店のスペースは10坪。駅の一角の小さなお店といった風であるが、僕はこの場所に、駅や小売の未来を感じるのである。

 そもそも未来を感じる理由は、遡ること、昨年9月に交わされたJR東日本と千趣会の業務資本提携にある。リアルとネットの融合を念頭に置いていることは明白だからだ。

 こう話すと今は千趣会の取締役でJR東日本出身の佐野太さんはうなづいて「これからを考えると、お客様の会員化が肝になってくる」と話して、そこに込められた思いを語り始めた。今まで、JR東日本は駅など、不特定多数のお客様を待ちの姿勢で受け入れていたが、これからは特定のお客様に対して適切にアプローチしていくことも大事。そのためには、会員としてお客様と深くつながっていくことが重要だと説明するのだ。

 そう考えるとリアルだけでは限界があって、ネット企業の力を取り入れながら、リアル、ネット相互に行き来しながら、顧客満足度を高めていく必要があるということにたどり着くわけである。

世の中が変わって、女性も変わった

 でも、JR東日本の提携するパートナーがなぜ千趣会であったのだろう。佐野さんはエキュートを例に話してくれたのだが、この理由を聞いて僕は時代の流れを感じた。エキュートはJR東日本が2005年に誕生させたもので、今回の千趣会の連携と同様に、まず意識しているのは女性であったわけだ。

 ところがその女性像は異なっている。

この続きを閲覧するには会員ログインが必要です。
会員登録がお済みの方はログインページより、ログインし記事の続きをお楽しみください。
未登録の場合は会員についてをご確認いただき、会員登録をお願いいたします。

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
 本気で書くにはボランティアではできません。最初にメルマガplus=メディア会員(有料)を作りました。これからの成長も含めて力貸してください。
メルマガplus詳細

What’s New

Good feedback

検索