1. HOME
  2. News
  3. リアル販売のやり方
  4. 小売視点
  5. 売る事は目的でない “体験型” 小売 店 b8ta ( ベータ )革命

売る事は目的でない “体験型” 小売 店 b8ta ( ベータ )革命

 b8ta Japanは、日本初上陸の 小売 店 「 b8ta ( ベータ )」 について 記者会見を行い、8月1日、新宿マルイ本館と有楽町電気ビルにオープンすることを発表した。これが実に画期的な切り口。小売店でありながら“売る事は目的でない”である。未知なる商品と触れ合い、好奇心そそる“体験型。この店は、データを、出品者、メーカーに届けて、そこで収益をあげようという全く新しいビジネスモデルなのだ。

販売が主でなく 体験型 でデータをメーカーに売る 小売 店 b8ta ベータ

 このお店を支える重要な存在、商品に着目したい。例えば、有楽町電気ビルの 店 では、けむくじゃらな生物のような物が置かれている。それは、触ると猫でも撫でているかのようなリアルな動きをして見せるAIペット型ロボットであった。だから、顧客側も好奇心を持って、これらの商品をみたり触ったりして楽しむ。

 他にも、フィンランド発の室内水耕栽培ステーションなど、「これはどうやって使うのだろう」と思わず、覗き込んでしまう商品が多く、思わず、リアクションしてしまうのだ。

家の中で菜園
家の中で菜園

「 b8ta ( ベータ )」の ビジネスモデル

 次に、「 b8ta ( ベータ )」の 店 の仕組みに着目する。実は、このお店の最大の特徴は、商品を目の前にした、人々の“リアクション”を細かにデータ化するテクノロジーが張り巡らされている。店には、常備、それら商品と一緒にタブレットが置かれていて、タブレットと、天井にはカメラが設置されている。

 これらのカメラがお客さんの行動を追っている。その商品が陳列されている区画で、どんな世代のどんな属性の人(顔などは記録されないが)が足を止め、どれだけ興味を持ったかが、データとして蓄積される。つまり、冒頭に話したこの店の“体験型”で示された“リアクション”はここで生かされ、データがAIによって分析されて、その商品の出品者にフィードバックされる。

オゾンのバリアでウイルス感染を防ぐ
オゾンのバリアでウイルスなどの感染を防ぐ

 ちなみに、では「b8ta( ベータ )」は、どこでお金を得ているのか、というと、その場所に陳列することでの月額費用を支払ってもらっているわけで、つまり、メインの支払い主は、出品者。自ら手掛けた商品に対して、どういうリアクションをしたのかに対して、お金を払っているのだ。

 つまり、冒頭で話した奇想天外な商品との 体験型 を、顧客が興味を持って、すればするほど、商品の価値が可視化され、また、そのそれらに関する情報は日々更新されて、出品者は、商品の実力をそこで確認できるわけだ。「b8ta( ベータ )はだから 小売 店 とは訳が違うのだ。

 「b8ta( ベータ )」は商品の「デモンストレーション」の場を提供することに徹してい。出品は、6ヶ月契約で月額で30万円。比較的単価の高いニッチな商品が多いのは、その費用感の部分もあるからだろう

 だから、商品欄には、自社オンラインストアへのアクセスは勿論、その出品商品がAmazonや楽天市場に出ていればそれらのページを紹介してもいいとしているのだ。

 意識は出品者への利便性にも向けられていて、出品も手軽であり、商品登録そのものはWEB上にある「b8ta(ベータ)」のプラットフォームと呼ばれる管理画面で行い、そこで商品情報を更新すれば、直ぐに商品横のタブレットにアップデートされていくので、それは、ネットショップに出品している感覚に近い。

 スタッフは「販売員」ではなくむしろ「プレゼンテーター」で、彼らはその商品の情報だけでなく、企業の理念にまで教育されている。つまり、販売数がノルマではなく、どれだけ商品を深く、その世界観を伝えるかに、重きが置かれているというわけだ。

小売と縁が深い企業も興味を示す

 この「b8ta(ベータ)」の記者会見に参加してみると、マルイや三菱地所などいわゆる既存の小売と縁が深い人たちの関心を集めていて、興味深い。彼らは、b8ta Japanに出資ないし、密接な関係を持っており、いずれもデジタルシフトが進む中で、小売店の役割が変わってきていることを、記者会見の中でも強調した。

 これからのリアルの小売は「体験」をいかに充実させるかの重要性を揃って口にして、「b8ta(ベータ)」が提案する切り口への期待感を示していた。ものを売っていた場所で、売ろうとしない時代であり、売らなかった場所を売る時代になっているのは、この記事などでもそうだ。

 商品を作る魂は商品に宿る。その魂はデータでは推し量れないように思えるけど、実はそれを受け止める側の人々のリアクションをデータ化すれば、見えてくる。リアルで見せる多くの人の動きは、未来のヒットの商品のヒントとなるかも知れない。

 「b8ta( ベータ )」は 小売 店 という売り場を出品者目線で再構築し、体験型という視点で、これまでの商業施設やお店が提案しているものとは全く違った価値を提案している。その意味で、この店は、メーカーに気づきをもたらし、身近な誰かを発明家にしてくれる可能性を秘めているのである。 

 今日はこの辺で。

関連記事