1. HOME
  2. News
  3. インスタと顧客の好みでアパレル製造「Choosy」新・成功術

インスタと顧客の好みでアパレル製造「Choosy」新・成功術

Choosy が ファッションで、 流行る理由

 ファッション、アパレルは、エッジの効いたものこそが脚光を浴びていて、そこにはデザイナーが色濃く反映されて、流行を生み出した。しかし、それは過去の話だ。今の流行で大事なのは自分の顧客を理解して、そのニーズにどこよりも早く応えられるか。顕著に現れているのは「Choosy」というブランド。このブランドの重要性を挙げたのは、アパレル物流の専門家リンクスの代表取締役 小橋重信さん。このブランドを通して、アパレルの流行る理由が変化していることを説明してくれたのだ。

Choosyは技術革新で流行を早く取り入れ早く提案する

お隣がChoosyについて説明してくれた小橋重信さん
右がChoosyについて説明してくれた小橋重信さん

 さて「Choosy」というブランドについてだが、創業者はマサチューセッツ工科大学出身の女性で、デザイナーではない。

 「Choosy」はネット通販のサイトであるが、小売と言っても、そのやり方が異なる。まずInstagramで流行っているものをクローリングして、それをユーザーに見せて『今は「これらの服」が見られているけど、「皆ならどれが欲しい?」』そう問いかけるのだ。問いかけた相手から、どれかの洋服が200枚、買う声が集まれば、商品化されて、販売されて、その購入希望した人のところへと届けられる。できるまでの時間はわずか2週間。最短速度で、お客様は、トレンドを手にすることができる。デザインの仕方から作り方、届けるまでのスピード、全てが異例である。

※クローリングとは:インターネット上のリンクを辿ってWebサイトを巡回し、Webページ上の情報を複製・保存すること

 考えてみれば、わからなくもない。今はInstagramのなかで皆、自分を表現しているわけだから、これを利用しない手はないというわけだ。それで、200枚集まる商品が続々できてくれば、そのファッションと同じ価値観を持ったユーザーを集めることができ、それをベースにまた、このサイクルで問い掛ければ、常に、好みに合ったものが提案し続けられるようになるわけだ。ある意味、それはファッションのサブスクリプション(継続顧客を生み出す構造)である。

 自らのユーザーがどういう傾向の可愛さを求めているのか、その部分だけわかれば、そのユーザーの求めるホットなタイミングで届けることだけを意識して、それ以外にかかる一切の余計な工程はカットすればいい。顧客第一に基づき、ファッションを徹底的にシンプルにして、効率化を図ったまでの話だ。

Choosy が  ファッションで、 流行る理由
Choosy が ファッションで、 流行る理由

 ちなみに、デザインから入るので、大手の高級ブランドで1着10万円するようなものを皆がいいと言ったとしても、大丈夫だ。ユーザーはその金額感に達していない場合、Choosyはその素材などもそれ相応のレベルに合わせて、デザインはそのテイストを取り入れつつ、値段を下げて、提供する。

 果たして、ここまでくるとパクりなのではないか、と思う部分もあるが、中国などのインフルエンサーが自分ブランドで販売して、自分たちのファンを作っていくのは、まさにこのノリであるという。

 物流の専門家である小橋さんがChoosyをピックしたのも、うなづけて、彼が強調するのは、生産から届けるまでのスピードが2〜3週間だと言っている点にある。生産にかけるスピードも約40時間であり、これを生かすために届ける部分で最速を追うために、物流は大事な要因なのである。「いいなと思ったらそれに近い商品が近日中に手に入る」という発想の中には、物流を加味して提案してこそ、サービスとしての強みが発揮されるという点なのだ。

 ここにあるのは徹底した顧客視点であり、顧客を理解できる手段がテクノロジーによって増え、かつそれを重視すれば、それこそ、誰がデザインするか、どこで売られるかは重要ではなくなってくる。従来のメーカーの発想とは全く異なるから驚きだ。

 テクノロジーが進化すれば、購入のきっかけも、その買い方も変わってくる。すると販売する側のやるべきことも異なり、これまでの固定概念にとらわれていると、気がつけば取り残されてしまう。

過去を見ればChoosyがいかに型破りなのか分かる

 Choosyが過去の発想と全く違う発想なのかを明らかにするために、ファッションの過去から今に至る流れについても、小橋さんに聞いてみたのだ。すると、全く異なることがわかる。

 まず最初に下の図の左側、1970年代~80年代について。この時代はマスファッションが主流で、メーカーはメーカーに徹して、ナショナルブランドが隆盛を極め、故に、百貨店は売りに徹して、百貨店で売られる事こそ、ブランド価値を高め、ある種、全盛の時代だった。大手百貨店が凌ぎを削って、今のブランド価値を作ったと言っても過言ではない。

 それが左から2番目の矢印1980年〜1990年となると、リテイル型型アパレルとなり、メーカーがデザイナーを立てて、コンセプトを作り、自らお店も持つようになって、小売にも参入するようになってきた。いわゆる「DCブランド」ブームの到来を迎えることになるわけである。

 しかし、3番目の矢印1990年〜2000年となると、今度は最近、そのデザイナーで新しい名前を耳にしなくなった。小売がメーカー化して、その売上データなどに基づき、自分たちのお客様に向けて自ら商品提案するSPAが主流になってきたわけだ。今のファッションを牽引している「ユニクロ」や「ZARA」はまさにこの時に台頭してきた代表格だと言っていい。

※SPAとは:製造小売業。自社商品を自前の小売で販売していく事。

 そして、4番目の矢印2000年から現在に関しては、ネットにより個が顕在化して、その個性と同じ価値観にある「世の中の個性」を紐付けして、相応しい商品を提案する新興勢力が出てきたわけだ。すなわち「Choosy」はここに相当する。いかに、過去とは全く違った発想であることがお分かりいただけただろう。

 ちなみに、現時点においては、1990年代でSPAの業態の礎を作り、2000年代で一気にそれをグローバルに通用する仕組みを推し進めてきた「ZARA」が世界ナンバーワンの地位についている。

 ちなみに、SPAの業態は、新興勢力が急成長を果たしたのと共通した理由を持っていて、それ故、現代にも支持されていると言って良いのだが、その点に関してはこちらの記事に譲ることにしたい。

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

会員登録してメディアに参加!

最近更新された記事

Bitnami