1. HOME
  2. News
  3. 小売視点
  4. 通販のやり方
  5. 楽天 うまいもの大会 2019 祭りの賑わい 熱き商店街魂

楽天 うまいもの大会 2019 祭りの賑わい 熱き商店街魂

 「いざ名古屋へ。」今年も店舗たちの威勢の良い掛け声が聞こえてきた。ここはJR名古屋タカシマヤ。この地で10月24日から約1週間に渡り「 楽天 うまいもの大会 2019」が開催されていて、総勢72店舗が集まる同イベントは、名古屋の人たちも心待ちにしている年一回の恒例イベント。僕もこの地に来ると、ニッポンの“商い”の魂を感じて胸が高鳴る。

楽天 うまいもの大会 今年もニッポンの“商い”の魂が結集

「おかわりっ!」の声が響く お惣菜の新風を起こす「Okawari」

 数多くのショップが集まり、それこそ甲乙つけがたい食品が並ぶわけだが、ここにある各ショップの声に耳を傾けると、一つ一つにドラマがある。今年、話を聞いていて感じたことは、ここに集まる人たちは今という時代を生き抜くための「挑戦者」でもあるということだった。

本格志向のお惣菜を冷凍に詰めたOkawariのこだわり
本格志向のお惣菜を冷凍に詰めたOkawariのこだわり

 売り場で、「おかわり」というブランドが目に止まった。鮭とキノコのホイル焼など、食卓を彩るお惣菜を冷凍食品にして、作り立てのような食卓を一瞬にして演出するというものだ。

 手掛けているのは、まるすぎ 。社長の長谷川勝久さんによれば、もともとは企業に配達するお弁当屋と懐石料理の料亭をやっていた。が、料亭が女将の引退を機に閉店したことで新たな事業を模索していた中で発案されたのが、このお惣菜を冷凍にするというものだった。

 企業向けのお弁当屋は早朝から稼働するが午前8時には作業が終了する。長谷川さんとしては、そのあとの工場の稼働させて効率化を意図したものでもあった。ただ、商材には彼なりに思いがあり、化学調味料は一切使わず、無添加であることを謳って、冷凍食品ながら、品質には自信があった。 

生まれ変わった「おかわり」のネット通販

 この商品は、売れない時代もあったが、コンサルタントを起用してから売上は登り始め、今やコンサルタントが掲げていた目標も達成するようになって、状況は一変する。

 ただ、ここで長谷川さんがしみじみ言うのは、事業に対する本気の度合いだ。コンサルタントの力もさることながら、変わったのは長谷川さんの意識であり、同社が色々な事業をやっていたことを理由に、この「おかわり」の事業が片手間となっていたのも事実で、本腰を入れてからと言うもの、状況が変わったのだと言う。

 今では弁当などの他の事業に対して、このネット通販の事業の割合は、4割を占めるほどになった。そしてこの「おかわり」の事業もまた企業向けの案件が増えてきており、カタログギフトなどにも起用されるようになった。まさに、先ほど話した品質が評価された格好だ。挑戦なくして、企業の成長なし。まだまだ彼の挑戦は続くのである。

自慢の「本ズワイガニ」実演で手応え!ガッツポーズ〜ますよね

ますよねのかには豪華すぎる逸品
ますよねのかには豪華すぎる逸品

 「ますよね」も挑戦の会社である。ますよねはネット通販では老舗の企業であり、もともと蟹問屋に端を発する。

 問屋業をやる傍ら、福井の敦賀市で実店舗として産声をあげたのは今から20年以上も前のこと。催事を実践しながら、全国にそのカニの魅力を伝えて来たが、先代社長の発案で、17年ほど前からネット通販を始めたのだった。

 今や二代目となり、そのイズムが引き継がれた橘高社長はこのイベントに特別な想いを持っていた。彼もまた、ここで挑戦して見せた。かつて、楽天市場に出店したのも挑戦であるように、楽天との関係性は常に挑戦の中で築かれるものでありたいと、この会社としては催事経験は数多くあれど、初めて実演販売を行った。

 ガラス張りの向こうで、蟹の中でも身が引き締まっていて高価な「本ズワイガニ」が並ぶ。それらは、ご飯の上に贅沢に乗せられ、さらにウニといくらをのせて魅せた。

 話している最中にも、橘高さんには続々と嬉しい報告が入る。1日200食限定と言っていたのにもかかわらず、開始1時間でもう30個以上が売れているといい、「想定以上の反応」と会心のガッツポーズを見せた。

名古屋で花咲くカヌレの“カーニバル”〜クロネコパティスリー

東京カヌレさん-催事のプロも感動するうまいもの大会
東京カヌレさん-催事のプロも感動するうまいもの大会

 この場には実に色々な業態が集まる故、挑戦のありようも様々。ところで、最近、感度の高い女子の間で話題になっている「カヌレ」というスイーツをご存知だろうか。フランスの洋菓子であるがここ2〜3年の間に急速に脚光浴びていて、新しい商業施設ではそれを目玉商品と据えることすら多い。

 そんなカヌレで勝負を挑むお店が「クロネコパティスリー」。もともとこのお店の運営会社「プロジェ」の幹部はメディア出身であり、商品などをプロデュースする力に長けており、その嗅覚とそのプロデュース力で世に様々な商品を送り出してきたが、そこで惚れ込んだ商品というのがこのカヌレであった。 

 スタッフが一丸となっている理由は自信があるから。

 同社は催事をメインに進めており、その名を「スイーツカーニバル」と言って、持ち前のプロデュース力を、逸品のスイーツで発揮させてきたのだ。その回数たるや何100回にも及ぶからプロ中のプロだ。そのプロが、数多くのお客様の声に後押しされて、催事以外でも購入できる機会をと楽天市場の門を叩き、作ったのが、「クロネコパティスリー」なのだ。

 まさに、挑戦であった。また催事に詳しい彼らだからこそ、この「楽天うまいもの大会」のパワーを知っていたし、ここに出られることの意義も重責感も知っていた。

 普段は6種類なのだが、このイベントに向けて、更に4種類追加して、勝負をかけてみせた。特に、カヌレグラッセを用意したが、通常、グラッセは、常温での扱いが難しい。それでも、最高級のパフォーマンスを披露した。

 最後に、この勢い理由を改めて伺うと、実にシンプルながら納得のコメントが返ってきた。「例えばですが、スタッフ自体がこの商品は美味しくないなとか、高いなと思っているものはやっぱりお客様も買わないんですわ」と。

 そしてこう続ける。「皆、うちの商品に自信を持っています。働く全員が自信を持ってお客様にお勧めして、そこにチームワークも生まれて、結果、満足いただくことに繋がっているので、今日も万全です」と胸を張って見せた。

育まれた「ちこり」への愛がここで形を為す〜ちこり村

中津川の名所ちこり村の黒ニンニク
中津川の名所ちこり村の黒ニンニク

 ここにも挑戦が見られた。「ちこり村」という店だ。そもそも「ちこり」というのはヨーロッパ原産のキク科の野菜のこと。

 同社の社長は15年前、ヨーロッパ出張で「ちこり」に遭遇し、それが、赤ん坊の手のような可愛らしい見た目をしている事に惹かれた。しかし「ちこり」について、日本では「すごく苦いもの」など誤った理解も少なくなく、肩を落とす。

 意を決して、同店を運営するサラダコスモが「もやし」など、水耕栽培を得意とするメーカーでもあることから、自ら栽培して、認知を拡大させようとしたのだ。

 「ちこり」の根を芋に見立てて、焼酎を作る等、型破り。認知拡大のためにやっていたことだったが、結果、同社自体の商品の幅が広げることとなり、店名も「ちこり村」と変えて、今に至る。

 今回は、「有機黒ニンニク」でイベント限定のメガ盛りで挑んだ。8000円の強気な価格設定だが、初日の午前中で1日分を完売した。アンデス地方の標高3000mの大地で栽培し、7年越しで開発したもので、イチゴの糖度の2倍以上。このメガ盛りを理解し、購入する彼らのファンにこそ、この店の強さがある。

 値段の高さに目がいきがちであるが、実はそれが割安であることを、このお店のファンは誰よりもわかっていたのである。このファンとの間の信頼関係は、地道に積み重ねた、この店の努力と結晶の跡である。

 魂は商品に宿り、その商品は店にファンを作る。しかしその魂は様々な人の勇気ある「挑戦」によって生まれるもので、だから感動もある。また、新たな歴史が挑戦者たちとともに、この地で、生まれる。

波風たってもうまいものイズムを忘れるな

 近頃、楽天のまわりは最近、送料無料ラインの話題然り、少しばかり波風が立っている様にも、見受けられる。僕は彼らにお世辞を言うつもりはさらさらないけれど、そこだけを切り取って「楽天」って会社を語っては、日本の未来にとって面白くないんじゃないかと思う。

 ここで語られているような、良い部分もたくさんある。こんな時こそ、初心に帰って、こんな風な「うまいものイズム」で、今よりもっと、楽天も、しつこいくらいに店舗と寄り添って、コミュニケーションを取ればいい。

 商店街の魂を感じさせてくれた、このイベントの精神は、自分たちらしく、それがニッポンを素敵に変える力を持っている。

 なお、うまいもの大会に出店していた常連の宮城県石巻市の明太子店「みなと」は、震災時のことを振り返り、この記事で語ってくれています。

関連記事:震災 の窮地を救った 楽天 が魅せた商店街の価値

(特集)楽天 うまいもの大会 2019 https://event.rakuten.co.jp/food/umaimono/

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

会員登録してメディアに参加!

京都の高級食パン!宮原華音が初体験するその味は?

人気記事アラカルト

過去の記事もみてみよう

2020年1月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031