1. HOME
  2. News
  3. マーケティング(デジタル視点)
  4. 小売DX学
  5. 自社ECサイト(カタログ通販)の動き
  6. 通販とeコマース
  7. 今後 企業 は“広報”感覚が必要な理由

今後 企業 は“広報”感覚が必要な理由

広報

 企業 がメッセージを伝える手段としては「広告」が一般的。だが一方で、メディアに興味を持たせてしまう企業もあって、それができているのは“広報”の力が作用している場合が多い。様々な企業と話す中で、広報について僕自身、聞かれることも多く、そのやっている中身に焦点を当てようと思う。RooMooN株式会社 代表取締役 浜内久乃さんに「企業広報とは?」をテーマに取材を行ってみたのだ。

企業 広報 とはなんぞや

 浜内さんはC Channel株式会社などで広報を経験したのち、今はRooMooNを立ち上げ、複数企業の広報PRやコミュニティマーケティングを支援をしていて、女子大生・女子高生マーケティング集団「Trend Catch Project」を運営するなど、活動は多岐にわたる。その点、広報や「伝える」プロフェッショナルであるから、聞くのに適任だと僕は考えたのだ。

 まず、「広報」を語る上で「広告」と混同している人が少なくないので、その違いから、考えたい。浜内さん曰く、共に伝え届ける手段としては同じであり、どちらも大事であるとした。ただ、「広告」はお金を払い、その会社が優れていることを自分で自分をアピールする側面が強いのに対して、「広報」はお金が払われない代わりに、いかにして第三者からその会社の情報について取り上げてもらえるか、という点で大きな違いがあるのだ。

 中には、「広告」的な期待をして「広報」を入れるという傾向も少なくないのも事実だ。その場合、「何件メディア露出を実現させ、何件受注につながったのか」などという具合に目先の目的が設定され、それは広報ではないと声を大にして彼女はいう。第一に、明確な違いを会社側がわかっていることが重要だろう。

 広報的な見地で見れば「メディアの特定」は重要で、相応しい情報を適切なメディアに伝えなければならないし、また「今の社会情勢」が会社の事業などにマッチしていなければ、取り上げられないので、広報は広告と、考える視点も全く違ってくるわけだ。正しいやり方で進めていかないと無駄骨になる。

どこから始める?企業広報

 では、何からはじめたらいいのだろう。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら

検索

YouTube「145チャンネル」