1. HOME
  2. News
  3. リアル販売のやり方
  4. 小売視点
  5. LINE DAY 2020 公式アカウント 顧客の繋がり強化

LINE DAY 2020 公式アカウント 顧客の繋がり強化

 街やそこにあるお店そのものがコンテンツとなる時代へ。LINE株式会社は、先ほどから「 LINE DAY 2020 」を開催中である。LINEはそのプラットフォームとしての強みを生かし、リアルな日常とあらゆる角度で結びついて、利便性の高い新たな生活スタイルを提供しているので、ここで紹介したいと想う。

LINEミニアプリで店と顧客との関係強化

 気になったのは、同社の執行役員 広告ビジネス事業担当 池端 由基さんが話してくれた内容で、地域の店などとLINEとの接点である。説明の中で、LINEは昨今、LINE上に作れる「LINEミニアプリ」の話題に触れ、具体的には、3COINSなどの店でお馴染みの株式会社パルの取り組みを挙げた。

 パル社は「PAL CLOSET」の名で「LINEミニアプリ」を作り、自らが運営する実店舗を認知・プロモーションの起点と捉えて、実店舗に訪れた人にポイントが貯まるようにするなど付加価値を高めている。このようにして、会員向けサービスを充実させて、顧客との接点を強化し、公式アカウントとの連携でプロモーションを最大化できる環境を作ってきた。

「LINEコール」や「LINEで予約」で公式アカウントとユーザーがより身近に

 LINEは、同社のような企業が増加していく中で、公式アカウントの利便性を高めることにも注力。7月からは「LINEコール」を開始していて、これはユーザーが公式アカウント自体と無料電話ができるようにしたもの。よりシームレスにお客様と繋がれるものであり、一ヶ月足らずで5万アカウントがこの機能を実装したと説明している。

 ここに加えて、この席上、「LINEで予約」というサービスを発表して、ウェブ予約やトークでの予約を可能にすることを明らかにした。2020年11月から提供を開始する予定である。

「LINEプレイス」で店を認知、友達同士で当然にシェアしやすい環境に

 また、公式アカウントの利便性を高くする一方で、お店との出会いの場を創出することが大事だと話しており、これに関しても「LINEプレイス」というサービスの開始を明らかにした。

 これが、お店のメディアとして機能させ、そして公式アカウントと紐付けば、お店の利用機会が増える。「LINEプレイス」の情報を通して、日常のトークでシェアできるなどして、それらの機会を触発させるとしたのだ。

LINEで、リアルと変わらぬ販促と気持ちの触発

 そして、実店舗がリアルで発揮していた価値をデジタルに置き換えて、新たなアプローチを模索していて、それが「LINEセールスプロモーション」である。

 通常であれば、実店舗でPOP(商品を飾るスタンドなど)を見て、商品購入の検討を行うわけだが、「LINEセールスプロモーション」を使うことで、店内でLINEを開くとそれに相当するチラシなどが表示され、クーポンも合わせて出るだけでなく、店から出た際にもそれを通知できるようにする。

 また、そもそもの買い物体験を向上させるために、「LINEで応募」というサービスも、2020年9月開始の想定で動いているそうだ。これは誰でも気軽に応募できるキャンペーンのプラットフォームで、個々にある買い物体験をキャンペーンと合わせることで、より好奇心の沸くものへと設計しようというわけなのである。

 冒頭に書いた通り、「街やそこにあるお店そのものがコンテンツとなる時代へ」である。リアルで培ってきた店やブランドには価値があり、ファンもいるからこそ、それを今の時代にどう活かすかである。LINEは、一般ユーザーの間で、そのUI UXを通して、シェアを握り、そのユーザー数は8400万人もの利用者にも及ぶ。 

 彼らの企業価値は、まさにその土台の上で、今度は企業とユーザーとをつなげる事によって、さらに向上させようというわけである。彼らの事業は一般ユーザーの強化から、更に、上のステージを目指すところに来たと言えよう。

 一般でのLINEの浸透での勢いをそのままに、彼らは企業に対してもその存在感を発揮できる事になるだろうか、そこが見どころである。また、利用する企業においても、彼らの主張を契機に、ビジネスのあり方、働き方を変えていくことを考えていく必要性はあるだろうと想う。

関連記事

今更聞けない小売の基礎

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

会員登録してメディアに参加!