1. HOME
  2. News
  3. 店談
  4. 通販/eコマース
  5. 2023年夏 生活が一変したその先に 楽天グループ 2023年夏トレンド予測

2023年夏 生活が一変したその先に 楽天グループ 2023年夏トレンド予測

 楽天グループは、横断的に楽天市場、楽天トラベル、Rakuten music、楽天ブックスなどにおける購買データや調査結果で分析を行った。そこから彼らなりに、2023の夏のトレンドの傾向をまとめ、発表を行ったので、それを振り返りたい。コロナ禍も落ち着いて、ただ、単純にコロナ禍前に戻るのではない、例年とは違った様相を見てみることにしよう。

「夏の過ごし方」は過去に戻らず進化している

1.推し活を反映する痛バッグ?

 コロナ禍が落ち着いて、例年とは違った傾向が見られる。例えば、楽天超ミニバイトで実施した調査で「夏の過ごし方」について、国内旅行をしたいという声が伸びている。ただ、それが単純に外への活動を希望しているだけかというと、そうではないのが面白い。

 これまでになかった傾向として、動画配信サービスを観るなど動きも高いのだ。コロナ禍を経て、定着した新しい行動形態にも生まれているというわけなのだ。

 それは、物販などにも影響しそう。例えば、各自配信を見れば、好みの分散化が起こる。すると、その分コンテンツへの愛着が深まる。その証拠に皆さんは「痛バッグ」をご存知だろうか。

 実は、昨今、急拡大している“推し活”マーケットの代表的な商品なのだ。これが売れているとか。見ていただくとわかるが、バッグの外側に缶バッジなどが入れられる。特に、推し活は女性の間ではそれがコミュニケーションの手段として定着しており、これで自分の意思表示になる。

 最近では、歌手などの来日も増えていて、自らの推し活の熱量を示すものとして、重宝されるわけである。それを証拠に、楽天市場でのデータによれば「痛バッグ」は約6.7倍。

2.物価高の影響が購買にも

 また、今年ならではという部分では、物価高の影響が消費にも見られる。例えば、節電の必要性が高まったことで「「冷感」のキーワードを含む商品の取扱高が約1.4倍。そこから連想されるグッズはクールタオル、ベッドクールなど。他にも、お得に買い物をしたい傾向を示す「まとめ買い」というキーワード。こういう系の商品の取扱高も1.5倍である。

 とはいえ、今夏は外出自粛がない分の「外へ行きたい!」気持ちへの反動が大きいのも事実。やっぱりグッズの売れ行きにも影響が出ている。楽天はこれを「return to normal 消費」というキーワードで紹介。例えばスーツケースは2.2倍。浴衣も約1.8倍であり、遊ぶ気満々である。各地、人で賑わいそうである。

 というわけで、旅行などの動きを見るべく、楽天トラベルのデータに目を向けてみよう。外出が増えれば、旅行・レジャーに関しての関心も高そうだ。実際、石垣島など離島を含むエリアが、2019年比で1.6倍。また、控えていた分、予算に余裕があるのか、高級宿の予約が1.6倍になっている。

 この数字から何を読み解くかというと、より違う環境で、リラックスすることを求めているということだろう。それを「リトリート旅」と呼んでいる。要は、慌ただしく進む日常生活から少し距離を置いて「本来の自分に戻るための時間」のことをリトリートと呼ぶ。

3.リバイバルとトレンドとが混ざり合うエンタメ

 加えて、Rakuten musicを提供している絡みで、エンタメについても言及。個人的に感じたのは、リバイバルとトレンドの相乗効果。2023年の注目アーティストについて真っ先に挙げたのが10-FEET。

 特に印象的だったのは、映画『THE FIRST SLAM DUNK』への挿入歌の提供だろう。この「スラムダンク」に関しては、興行収入145億円を突破して、番狂せのヒットになった。映画を起点にブームが再燃しており、楽天ブックスでは、単行本の売り上げも一気に伸びていることを明らかにしたのだ。

 スラムダンクを楽しんだ世代が10-FEETを知り、10-FEETを知る人がスラムダンクの価値を知る。

 これも、コロナ禍を経て変わった一つの傾向。配信などが後押ししていると思う。だから、コロナ禍前に戻るのではなく、少し未知なる動きを辿りつつ、新時代へと踏み出したと言って良い。いざ、皆さんが外に出た時の賑わいは、エンタメの傾向を見でもわかる通り、想定外の動きもありそうである。コロナ禍も落ち着いて、でも、例年とは少し違う、新しいシーンを新鮮に受け入れ、楽しもうではないか。

今日はこの辺で。

関連記事

145が自らの考えを大事に、わかりやすく想いを持ってビジネスの本質に迫るメディアです。主に小売業、ものづくりとキャラクターライセンスを追っています。
詳しくはこちら

【license】ウォルト・ディズニー 【license】サンリオ 【license】作家プロデュース 【license】漫画・アニメ・映画 【Product】アクセ・ジュエリー 【Product】アパレル 【Product】インテリア 【Product】コスメ・健康 【Product】スイーツ 【Product】ホーム・台所 【Product】文具 【Product】玩具・ガチャ 【Product】雑貨・小物 【Product】食品 【Product】飲料・酒 【Retail】CRM 【Retail】D2C 【Retail】OEM 【Retail】OMO 【Retail】ふるさと納税 【Retail】オンラインショッピングモール 【Retail】コンサルタント 【Retail】コールセンター 【Retail】サイト制作 【Retail】チャット 【Retail】フードテック 【Retail】マーケティングオートメーション(MA)・メール配信 【Retail】マーチャンダイジング(MD) 【Retail】リユース・フリマ 【Retail】レンタル 【Retail】受注管理 【Retail】広告・販売促進 【Retail】接客 【Retail】決済代行 【Retail】物流・バックヤード 【Retail】自社EC/ASPカート 【Retail】自社EC/フルスクラッチ 【Retail】越境EC カルチャー/新進気鋭デザイナー コンテンツ/スポーツブランド コンテンツ/歌手・タレント デジタル/AI デジタル/CX デジタル/IOT デジタル/NFT デジタル/Web3 デジタル/アプリ デジタル/フィンテック デジタル/製造業テック デジタル・トレンド トレンド/SDGs トレンド/ミュージック トレンド/ランキング トレンド/動画配信 トレンド/美術展 トレンド/調査・データ ファンシー/Curious George ファンシー/ミッキーマウス ブランド/コンテンツ モール/Amazon モール/au PAY マーケット モール/Yahoo!ショッピング モール/楽天ファッション モール/楽天市場 ユニクロ/ブランド リテール・トレンド 小売店/ウォルマート 接客/やずや 接客/ライブコマース 接客・販促/Instagram 接客・販促/LINE 接客・販促/TikTok 接客・販促/YouTube 業態/SPA 業態/コンビニ 業態/スーパーマーケット 業態/卸売 業態/専門店 業態/百貨店・商業施設 業態/飲食店 物流・バックヤード/日本郵便 玩具/バンダイ 経営・マネージメント(事業と事象) 自社EC/BASE 自社EC/GMOクラウドEC 自社EC/Shopify 自社EC/カラーミーショップ 自社EC/フューチャーショップ 自社EC/メイクショップ 解説/ありがとう店の舞台裏 解説/ものづくりのセオリー 解説/アーティストの感性に触れる 解説/ハロートークショー 解説/ヒーローインタビュー 解説/初心者の方、どーぞ 解説/奥深きキャラクターの背景 解説/潜入イベントレポ 解説/社長の真意 解説/視点をかえてみると? 解説/賢くなろう-商売の教科書

最近の記事