1. HOME
  2. News
  3. 受注・接客
  4. 小売DX学
  5. 通販とeコマース
  6. The 社長対談 韓国 の本気 が日本の ECに発破をかける

The 社長対談 韓国 の本気 が日本の ECに発破をかける

 日頃、企業からはサービスの事しか説明を受けないでしょ?ならば僕は真に社長がどんな人間かも含めて、会社のことを知れば良いと思う。それを探ってみようというシリーズである。不思議なことに、初対面のはずのこの二人には共通点があって、共に韓国の動きに詳しかったのが、シナブルの小林裕紀さんとChannel Corporationの玉川葉さんこと、Jayさんである。それで二人の共通する「韓国」をテーマにこの対談をまとめたってわけだ。

韓国 と EC 深い関係性

1.韓国にはECの土壌が早くからあった?

 Channel Corporationは元々は韓国発祥で「チャネルトーク」というサービスを手掛けている。わかりやすく言うとチャットのような形なのだが、そのやり取りの中身は、単純に、FAQを答える従来型のチャットとは性質を異にして、お客様との関係値を深掘りするコミュニケーションツール。そっと後ろから「お困りごとはありませんか」と優しく声がけする風で、接客の新しい概念だ。

 例えば「Ozie」などのようなネットでありながら、リアルのような心のこもった接客を心がける日本のネットショップには徐々に浸透しつつある。それ故、僕自身も注目し、これからの新時代を切り拓くスタートアップ企業である。Jayさんはその日本での代表者である。

 そのJayさんを紹介がてら僕は「元々、韓国ってECの土壌があったんですか?」話を振ると「いろんな試行錯誤もありましたが、オムニチャネル然り、韓国は動きが早かったですね」と答えたのは小林さんだった。

 Jayさんも「韓国では(多額の資金を調達する)ユニコーン企業の中でも、多くの割合を占めているのはEコマース企業なんです」と答えた。やはりECは伸び代が大いにあることが窺え、そこに照準を構える企業も多いということだ。

2.韓国 を知る二人の胸の内

「あれ?小林さんも韓国、お詳しいのですね」と僕は聞くと、彼はうなづく。改めて、説明すると、シナブルの小林裕紀さんは今、「EC Intelligence」というサービスを展開していて、こちらはマーケティングオートメーション(MA)のツール。魅力的なのは、お客様の動向を的確に整理してレコメンドエンジンを掛け合わせて、必要な形でお奨めを行い、特に一見さんで離脱しがちな、アパレル通販においてしっかり購買を促して、成果につなげている。

「EC intelligence」の中身
「EC Intelligence」の中身

 MAは比較的、難しいものだけど、それはMA自体が色々な機能や要素を持っているから。その点、小林さん達はその特徴としてECに精通するスタッフを集めて、そこに寄せて必要な機能を組み合わせて、複雑にさせないだけではなく、システムエンジニアも寄り添って丁寧にサービスを提供しているので、使いやすいと呼び声が高い。

 実は小林さんは今はシナブルの代表取締役でありながら、その昔を辿れば(ここまで踏み込んだら、怒られてしまうかもしれないが)以前、コマース21の代表取締役を務めていたのだ。このコマース21こそが、知る人ぞ知るが元々韓国の会社らが出資して、出来上がった会社。韓国に精通するのも当然であって、二人の会話は弾んだ。

 案外、企業の代表者がどんな価値観の持ち主なのかについて触れてみる機会はそれほどない。日頃、企業からはサービスのことしか説明を受けないということも多いだろうし、僕は実際、ネットショップから「その企業を信頼していいのか」という話を聞くことも少なくない。

 そう思うと、サービスを紹介するのとは違った視点で、会社の価値を知るには、そういうことに触れてみてもいいのではないかと思って、一席設けた。

良い部分と悪い部分

1.決断の早さを尊重しつつ耐える

 開口一番、小林さんは「韓国の企業は比較的、行動も決断が早いんです。ただ、日本で事業をやっていく部分で言うと、地に足をつけてやれる人がいないと浸透させるのは難しい。やめちゃうケースも少なくありません」と言って、過去を振り返りながら語り、彼も「チャネルトーク」の内容に関心を持った。

 Jayさんも「確かにそうですね。韓国の社会自体がそういう風潮。成功するかどうかよりもまず行動して、ダメなら次へという感覚が強い。それに対して、日本は形になるまでの間に時間をかけて、2年〜3年くらいはかかる。韓国の人が韓国で日本を見ていたら、待ちきれなくなる気持ちもよくわかります」と話した。

 「そうそう。時間軸は違うんですよね」と小林さんは語り、日本での浸透にはやり方があると指摘した。Jayさんの話を聞く限りにおいては、LINEの日本での成功で学んだことが大きいようで「日本で仕掛ける僕らへのアドバイスとして寄せられたのが『まずは耐えてみましょう』ということでした」と話す。

 だからなのかもしれないなと。「チャネルトーク」での日本の展開に関して、結論を急がない。

2.実体験に基づく、やめずにやり続ける重要性

 思いがけず、小林さんは「それは正しいと思います。実際、コマース21は苦しい時代がありました。黒字化を達成したのは2005年ごろ。創業が2000年ですから、やはり5年の時を要しました。どうしても最初にアクセルを踏みすぎることが多いのかもしれません」と、チャネルトークは苦境にはないようだが、小林さんは自分の動きをなぞらえて期待しているようでもあった。

 でも、なぜチャネルトークにしてもそうだが韓国から日本に進出しようと考えたのだろう。その向こう側にはやはり世界への野望がちらほらみられる。

世界への野望

1.韓国発祥なりの戦い方

 でも、これまで韓国をみてみると、世界を席巻する「Shopify」のようなものができているかというとそうではない。チャネルトークにしても、世界を視野に置きながら、その点、Jayさんは分析する。

 「マーケットサイズが違うからだと思いますね。韓国のサービスでアメリカに通用するものは既にアメリカ自身で広がっているから、売れないんです」と。その発言は、韓国からどう世界を見据えるかの戦略を理解する上でも、彼らの価値観に触れる上でも、面白い材料である。

 それに対して、小林さんは「要はですね、韓国においてはなかなかBtoBのサービスをやるのは厳しいんです」と話すと、Jayさんは「そうです!それが、私たちが日本に進出した理由ですね。日本の方々は韓国のものでも、良いサービスであれば、無料だったらまずは使っていただけるんです」と前のめりになって話し始めたのである。

 小林さんはそれにまたうなづきこう話す。「そうなんですよね。韓国のエンタープライズ(大企業向け)サービスは殆ど受託です。ASPみたいなものは難しいんです」と。韓国の会社といえど、韓国でマネタイズすることの難しさを指摘したわけで、だから日本進出なのである。そして、故にJayさんのいる「チャネルトーク」は良いサービスという自負があって、他とは違う自信があるから、日本で無料プランを据えて、そこから認知と共に世界観を伝えて、拡大しているのかと気付く。

2.日本は可能性を秘めた大事なマーケット

 「まずはそうやって日本に進出し、使ってくれる会社が増えてくれば、そこにその価値を理解するほど、対価をちゃんと支払ってくれるようになっていくのです」とJayさん。ここに日本進出の真意がみられる。

 「だから、私たちは韓国で開発して、日本でマネタイズして、アメリカで成長する。それを起業する時から描いています」と。その為に、まずは地に足をつけて、日本での展開をしっかり“焦らず耐えながら”やっていけば、自らの成長絵図を描いていけると。

 小林さんの眼差しも真剣だ。だからこそ、じっくり腰を据えて、チャレンジングに挑む「チャネルトーク」という韓国発祥の新しいサービスについても、自ずと深い関心を持って、Jayさんの言葉に熱心に耳を傾けている。

 「韓国の人達は自分達でビジョンを持っている。はっきり自分達の考えを言うので、盛り上がるから、刺激を受けるし、僕は好きなんです。」と小林さん。それが小林さんを触発しているのもよくわかり、普段、彼もまた自らのサービスをいかにして、世界に広められるか、という話をしている。

3.それぞれに世界に想いを馳せて

 コマース21での経験然り、ECに関わるのは20年を超えたと語る小林さんは、世界で自らの知見を活かしたいという夢を語る。彼にとってのまず生み出した武器は「EC Intelligence」なのである。機能一つ一つは極論、他にあるものだけど、ECに寄せて考えれば、自ずと彼の知見に基づき、必要な取捨選択と優先順位をつけて、それが使いやすさに直結させることに意味が出てくる。

 誰でもそれぞれにその店の価値を生かすには、そういう手段は必要なのだ。世界中どこでも、ECに関わる人であれば、必ずこのサービスを使えば成長することができると信じての起業であって、だから、Jayさんの話にも共通するところが多い。この日もまた、今までと同じように韓国のイズムに刺激を受けたようであった。

 思いがけず、Jayさんが「会社の夢とあなたの夢は同じではない。けれど、この会社で欲しいものが手に入るうちは、大いに頑張って、それは一緒に頑張って手に入れようとメンバーによく話すんです。お金なのか、成長なのか、それを嘘偽りなく、本当に得られると思えば、ものすごい力を会社も社員も発揮するんです」と話した。

 改めて思うのは、究極、今の韓国の勢いはここなのかもしれない。語弊を恐れず言えば、馬鹿正直に、夢を追い、本気でそれを実現する。また、それができると信じているから、発破をかけて導くその力が、韓国の人たちの強さかもしれないと。

 今日はこの辺で。

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら

検索

YouTube「145チャンネル」