1. HOME
  2. News
  3. 事業・実行
  4. 新・小売り学
  5. 社会・経済
  6. Rakuten Optimism 2021 革新を語る 三木谷氏 多面的に世の中 を理解すれば勇気が湧いてくる

Rakuten Optimism 2021 革新を語る 三木谷氏 多面的に世の中 を理解すれば勇気が湧いてくる

 物事には色々な側面がある。楽天は先日、「 Rakuten Optimism 2021」を開催していて話を聞きながら、そんな気持ちを抱いた。普段付き合っている部分以外で、楽天という存在を見ることは案外、ないものだから、それを意図したこういうイベントは確かに気づきがあるかもねと。僕は三つ、テクノロジーと企業の成長、フィンテック、そしてアートディレクションの視点が印象に残った。

創業時から 変革 三木谷氏語る だから今がある

 このイベントのトップバッターとして現れたのは 代表取締役会長兼社長 三木谷浩史さんである。このイベントは大きくテーマを設定するなら、イノベーションなのかな、と思った。彼は経営者という立場からそのイノベーションの価値を述べているように思えた。

 よく話されることではあるけど、通信速度も14.4Kbpsでネットも使い勝手が悪い時代、それはビジネスにならないと言われていた中で、技術革新とそれに伴う社会変革を信じて、楽天市場を立ち上げたのは、1997年のことである。

 流通総額にして、初月32万円。しかし、今はまもなく5兆円に達しようとしていると話して、視聴者に発破をかけるように、イノベーションの魅力を語り、振り返る。ただ、彼は過去に浸るわけでもなく、更に前向きに、当時と同じように、まわりから何を言われようともイノベーションにこだわり、新たにモバイル事業への着手を語るわけである。

三木谷氏語る 考えもしない未来がある

 かつてで言うところのネットに相当する今の彼にとってのイノベーションは特に「Rakuten Symphony」の中にあるように感じた。AmazonがEコマース事業を拡大する中で、クラウド事業を展開しAWSというサービスを構築したように、、と説明を始めた。

 三木谷さんは言う。楽天のモバイル事業は完全仮想化のクラウドネットワークで成立していて、それがどういう意味をもたらすのかは、車で言うならガソリン車と電気自動車が違うというようなものと例えた。楽天モバイルは今までの通信企業のように裏側で機器を使ってやるのではなく、クラウド上でほぼ完結させていると。

 だから、モバイル上でクラウドのソリューションを海外に販売していくことができて、言うなれば、AWSがネット上にクラウドという土地を作ったように、楽天はモバイルのインフラとなり産業全体に影響を与えるとした。

 彼は創業以来言い続けている、イノベーションで自らが関わる企業のエンパワーメントを作り上げていくというその言葉は今も何ら変わっていないというわけである。

フィンテックによる世界的野望

 また、別のセッションでは、楽天カード代表取締役 穂坂雅之さんが登壇した。こちらはこちらで、金融事業の始まりとともに楽天に入社した彼らしい視点。楽天の成長の基盤を担うのはフィンテックであると説き、それは未来に向かって加速することを強調したのであって、それもイノベーションである。

 楽天が金融事業に参入したのは2003年でオンライン証券、2005年クレジットカード、2009年銀行と電子マネー事業へと拡大させていった。これらを皮切りに金融事業に本格的に力を入れて、周辺の金融事業にも拡大。2013年生命保険、2014年ポイント事業、2016年スマホ決済、2018年損害保険までに至る。

 結果、フィンテックセグメント売上収益は2020年度は5762億円となったわけで、金融業界の牽引役になったと胸を張る。それを実現させた他社にない要素として、個々に相互の関係性を持たせて、経済圏を構築していくことをあげて、これこそがイノベーションの効果によって手にした実績。確かにこうなることを今から30年前、誰が予測できたであろうか。

 穂坂さんはクレジットカードへの思い入れは強く、楽天がナンバーワンとなった今も、他社と比較しても業界平均を上回る成長をしていることを背景に、未来を語るわけである。

トリプル3で金融面でも世界に名だたる存在感

 それが彼の言う「トリプル3」構想である。

 カード発行枚数は3〜4ヶ月で100万枚の発行でありこの勢いで十分目指せる数字として3000万枚。さらに、ショッピング取扱高を現在12兆円であるところを30兆円にまで持っていくとしている。これが実現可能だとする背景にあるのは、日本全体がキャッシュレス化が進むことがある。三つ目が、取扱高シェアが現在21%であるのを30%に増やしていく。これにより十人に三人以上は使う事になる。それらを中期目標としたわけである。

 特にこの一つ目の「30兆円」は世界を視野に置くと、大事な数字だと説明する。クレジット取扱高は楽天カードは2019年で9.6兆円だったのが、2020年で11.6兆円にまで成長していて、十分目指せる数字だとしつつ、既に欧州勢に迫るものである。30兆円となると、米国の4大銀行に割って入る大きさになる。楽天は金融面で世界に対しても強い存在感を示すものへと進化すると説くのである。

佐藤可士和さんが導く企業とアートの遭遇 

 さて、上記における経済圏の拡大は会社としての規模感を大きくした。欠かすことができないのが「Rakuten」というブランド価値向上。そこで出てくるのがクリエイティブディレクターの佐藤可士和さん。「Rakuten Optimism 2021」には彼も登壇して、クリエイティブとイノベーションの関わりについて語るわけである。

 今回は、楽天 常務執行役員河野奈保さんのモデレートのもと、ウェブデザイナーであり映像ディレクターの中村勇吾さんと共に。最も印象に残った言葉は、佐藤可士和さんが中村勇吾さんに向けて発した「勇吾さんはプログラミングを絵の具のように使う」。

 なるほど。プログラミングは機械的で無機質であるけど、中村勇吾さんの手にかかれば、例えば、こうだ。

 NECによる環境貢献サイトで、ユーザーが投稿メッセージを寄せるほどに、ひとつひとつの葉となって一本の樹木が出来上がるというものである。柔軟でやわらかな発想はネットの概念を覆していて、プログラミングにアートのようなクリエイティビティをもたらした。続いてはこちら。

 インテリアデザイナー片山正通さん率いる「Wonderwall」のホームページでは、かつて作った建築物の色合いを抽出してそれでWonderwallという文字で表現するのである。

 この中村さんと楽天とのコラボレーションで言えは先日の「佐藤可士和展」である。

 同展の来場者が暗い場所で、映像を眺める。でもその映像は実は、その目の前にいる来場者のシルエットになっていて、全く同じ動きをするのだ。よく見ると、それらは文字の集積であり、そのシルエットを構成しているのが「楽天市場」でお客様が入力した検索ワードなのである。

 河野さんはその検索ワードは日頃、楽天市場で目に触れている馴染み深いものだから感慨深く、それを眺めていたと話した。楽天は自らのブランディングにおいて人を惹きつけるものとして、クリエイティブの価値を重んじ、その可能性を引き出すと共に、社会を触発して、自らの存在感を示す。

多面的な世の中に価値をもたらす、企業の成長とともに

 僕らの生活は実に多面的なものであって、色々なフィルターを通して発見がある。楽天市場というところから派生して、自らが様々なジャンルへと垣根を超えて、進出していった彼らだから、またその各ジャンルの魅力を横断的に、指し示すことができる。

 繰り返すが、1997年初月の売上32万円である。それがeコマースの成長は勿論、金融面でも存在感を示し、そしてモバイルを通じて未だ成しえていないイノベーションを通して、さらに成長しようとする姿を、生々しく直接、伝える機会は視聴者に何かしらの背中を後押しする要因もあるのではないかと思う。

 だから、様々なジャンルがここに集い、色々な可能性がある事を知る必要性がある。楽天で日頃関わる事業以外での他のグループ会社やチームなどが取り組む内容を知ることは、知識の幅を広げていく事に加え、見るもの全てにまだ底知れぬ可能性がある事を気づかせてくれる。楽天云々もあるけど、楽天的に未来にワクワクと胸を躍らせながら、僕らもイノベーティブに行動的であろう。

 今日はこの辺で。

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
 本気で書くにはボランティアではできません。最初にメルマガplus=メディア会員(有料)を作りました。これからの成長も含めて力貸してください。
メルマガplus詳細

What’s New

Good feedback

検索