1. HOME
  2. News
  3. 小売の取り組み
  4. 通販とeコマース
  5. 教えて! 自社EC 何がスゴイの?〜 BASE と Shopify 相応しいのは〜

教えて! 自社EC 何がスゴイの?〜 BASE と Shopify 相応しいのは〜

 色々な企業がネット通販を利用し始める中でよく聞かれるのは「“自社EC”(独自ドメイン/本店サイト)とは何か」「“BASE”と“Shopify” 何が違うの?」と言った事である。案外、モールをやっている人でも成功する人は少なかったりするし脚光を浴びている理由も案外分からないものだ。そこで初心者でも分かるように、フラクタ代表取締役 河野貴伸さんに基礎的知識を聞いてみることにした。

 フラクタは企業のブランド構築をこれまでも多数手がけており、そこから派生して河野さんはShopifyのエバンジェリストも務める。ただ、とはいえ彼は、それを売り込むわけではなくそこへの深い理解を通して、各々の企業のオリジナリティを尊重して然るべき方向性を指し示す、正直な人なので、聞く相手として僕は適任だと考えた。

BASE Shopify 以前に 自社EC を理解する

 「自社でECをやろう」と言っても、大抵が形から入るので「BASE、Shopifyどっちがいいのだろう」みたいな議論になりがちだが、「待て!待て!」その前に考えることがある。そもそも「自社EC 」が「楽天市場」「Amazon」などのショッピングモールと何が違うのかを根本的に理解するところから、始めないといけないと思う。

 それは初心者は勿論、モールに出店している人も意識すべき事。その証拠にモールをやっているのに 自社EC がうまくいかない人は少なくない。似ているようで別物なのだ。

 どういうことか。

 まず、河野さんは、自社の通販サイトというのは「砂漠の中に店を立てるようなもの」であり、それに対して楽天市場やAmazonは「街の中にお店を作ること」と説明していて、それ自体は、想像に難くない。ただ河野さんは「モールはそうやって集客してくれている」現実をより深く受け止めるべきだと強調するのである。

 もう少し具体的に話を進めよう。モールというのは新宿や渋谷のような存在と説明する。新宿?渋谷?つまり、そこには“買い物慣れしている人”達が存在していることが大事。だから

この続きを閲覧するには会員ログインが必要です。
会員登録がお済みの方はログインページより、ログインし記事の続きをお楽しみください。
未登録の場合は会員についてをご確認いただき、会員登録をお願いいたします。

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

会員登録してメディアに参加!

宮原華音さんを唸らせたのは?

人気記事アラカルト