1. HOME
  2. News
  3. リアル店舗
  4. 小売コンテンツ
  5. 2020年 歴史の転換点 コロナ禍 ブランド 専門店 復活の糸口

2020年 歴史の転換点 コロナ禍 ブランド 専門店 復活の糸口

専門店変革期

 2020年はリアル店舗には辛い一年であった。けれどよく考えれば、ネット通販に関してはそれなりに各企業やり始めていたではないか。確かに予想し得ない年であったけど何かが不足していたに違いない。 コロナ禍 は気づきを与えてくれたのも事実。街中にある ブランド や 専門店 は何を思いどう行動し、これからどうあるべきなのか。

コロナ禍 でも ブランド 専門店 飛躍の道

 冒頭でも話した通り、それぞれの企業にネット通販に対しての意識があったのは事実。だがそれはまだ未完成で実際、その完成を何年後に見据えていた企業は少なくない。けれど、コロナ禍にあって急ピッチで1年足らずでやらなければいけない必然性がでてきた。彼らがそもそも、なかなか注力しきれなかったのは、そこに投資もその為の知見を持つ人材も必要だと考えていたからであり、だが、現実的にはそう言っていられなくなったのだ。

 緊急事態宣言後から、多くのブランドが皆一様に、他の企業の出方を伺う姿勢を見せて、情報を欲しているようだった、と、AMSの取締役 古田俊雄さんから耳にして、同社が何をしたのかを聞きながら、考察してみた。

 当たり前だが、リアル店を持つ企業に限って言えば、ネット通販の力を最大限、発揮するのは、リアルのリソースを使い切ってこそ、だなと。

 ネット通販だけではどれだけ施策をたてて実行したとしても、それは最大化できない。ネット通販の中だけの問題ではないから。

ネット通販の利点からリアル点の改善点を学ぶ

 改めてネット通販の利点は、生産(仕入れ)から入荷、商品登録、販売、出荷に至るまで連動している点だ。最近、オープンロジが物流を自動化して、脚光を浴びているが、それが可能なのはネット通販を対象にしているからこその着眼点である。

 オープンロジは、店にその仕様に合わせてもらうことでコストを軽減して、店舗側の生産性の向上を図った。逆に言えば、物流会社の決められたルールに店側が当てはめることも容易。

 一方で、リアルの店舗はどうか。語弊を恐れずいうならば、「入ってきたものを売る」という形になりがちだ。生産され仕入れてきたものが「いつに」「いくつ」入ってくるか、という意識がネット通販に比べて希薄である

リアル店が変わるのに必要な3つの要素

安定の 利益率 の秘密
安定の 利益率 の秘密

 この点、リアルがその変化をする上で、なるほどと気づきを得たのが、先ほどのAMSがネットとの融合を果たす上で行っている、リアル店に対して行うチェック項目である。

・リアル店舗のスタッフが営業時間の何時に何個、ネット通販の受注対応を進めているか。
・ネット通販が受注を受けてからリアル店舗が在庫を確保するまでどれだけ要したかを時間で区切って、それぞれの要した時間ごと、何個の商品を確保したのか。
・逆に、リアル店舗で欠品してしまっている商品を、ネット通販の仕組みを使ってリアル店舗のスタッフが販売提案ができた回数や繋がった成果。

 これを50店舗あれば50店舗ごとその数を洗い出す。すると・「どの時間にスタッフが在庫の確認をするべきか」・「出荷に時間がかかっている理由」・「確保に至るまで時間を要した理由」など確認でき、改善できるようになるわけだ。

 スタッフの行動が改善されていくにつれ、リアル店舗で売れ残った在庫でも、ちゃんと在庫が連動してネット通販で売上が立つことになる。これをやっただけで、大幅に全体の売上高と利益率の両方が向上するのだそうだ。逆に言えばネット通販において欠品により、諦めてしまったお客さんが多く、それだけ機会損失をしていたということなのである。

ブランド 専門店 コロナ禍 最大の転換点

 思うに、ネット通販をやっている企業は数あれど、まるで「渋谷店」と「新宿店」で分けているような感覚で「オンラインストア」を別物で考えている企業は多い。結果、「オンラインストア」はそのストア用に用意されている在庫の中でしか商売ができないので、それでは成長も一定規模でしかない。

 これがEC化率が伸びない最大の要因だろう。

 倉庫だけが倉庫ではなく、リアルの店舗もまた、店を支える大事な倉庫でもあるということなのだ。当然、リアルのお店のスタッフの行動も変えてこそ、ネット通販どころか会社全体が潤う。

 コロナ禍により、そのリアル店の1店舗、1店舗が売り上げを達成できなくなっ今こそ、オンラインストアをそのように別物ではなく一体で見ていく意識と行動改革が必要なのである。

ネット通販やDXという言葉に踊らされぬよう

 リアルは在庫を抱えながらも、接客なりのエンタメ要素があってそこで働く人もブランドを支えるキーパーソンである。必要なのは、一体で見て彼ら彼女たちには売上だけの指標ではなく、リアルが果たせる役目を果たしてもらいつつうまくネットを活用する。

 2020年 コロナ禍 だけど、組織の体制を含めて ブランド や 専門店 にとって、今にふさわしい変化を促す年であった。大きな格差が生まれるようにも思えるから、これを読んでいる企業のあなたは、その時に、この一年が本当に会社にとっての転機であった言える行動をしているか、確認してみる必要があるのではないか。

 今日はこの辺で。

関連記事:小売店 の デジタルシフト その前に “在庫”で生産性を高めよ

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

会員登録してメディアに参加!

宮原華音さんを唸らせたのは?

人気記事アラカルト