1. HOME
  2. News
  3. 小売の基礎知識
  4. 小売店 の デジタルシフト その前に “在庫”で生産性を高めよ

小売店 の デジタルシフト その前に “在庫”で生産性を高めよ

小売店 の デジタルシフト その前に “在庫”で生産性を高めよ

 昨今、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の中で、リアル店舗が続々と閉店へ追い込まれていて、大きな転換点を迎えている。見られるのは 小売店 の デジタルシフト である。新たな売り先にデジタルを取り入れたいという動きであるわけだが、それ以前に考えるべきことがあるように、思った。それは「 在庫 」に対しての考え方と意識である。

 これは、株式会社AMS 取締役 古田俊雄さんと話をしていて思ったことだ。デジタル化に価値があるというよりは、まずその前段で、デジタル化する上で必要な情報整理こそが、企業の基盤を安定させる要素なのである。

なぜ 小売店 の デジタルシフト で 在庫 の意識改善が必要なのか

 確かに「デジタルで販売したい」と逸る気持ちはわかるのだが、そこにたどり着く前に大抵がつまづく、というのが古田さんの話。多くが「在庫」の課題に悩まされ、そこを乗り切らないと、本当の意味でのデジタル化は推進できないと話しているのだ。

 聞いて驚くことだが、アパレルブランドは、かなりの割合で発売日が確定しておらず、当然ながらリアルの店舗とオンラインストアの発売日が異なる企業も少なくない。届いたものから、順次売っていくという心理の方が先にあって、全体感がどこか見えていないようでもある。

 その証拠に、リアル店舗に商品が届いて販売される段階になって初めて、オンラインストアでの商品登録が始まるといったブランドも少なくない。これでは、両社が在庫に対して共通したイメージを持つはずはないだろう。

在庫の取り扱い正常化から始まる

 そこで、AMSでは、リアル店での発売日を決めて、オンラインストアの発売日との差を割り出し、その開きを埋めるべく必要な施策は何か。そこを思案するところから始まる。シンプルだが、各売り場、共通の発売日を設定し、そこから逆算して、それぞれがすべきことをスケジュールで管理していく。

 すると、いつまでにどの部署が何をしなければならないか見えてくる。そのデータを正しく整理し直して、それを全体のフローの中に無理なく馴染ませる事で、スケジュール感をきちんとコントロールできるようにするわけだ。

 細かな話であるが、これまででは、オンラインストア用に、商品撮影しようとしても、その撮影現場に到着する数量がわからないと言ったこともあったようだ。つまり、撮影する側の想定する以上に、商品が届けば、それは遅延を生み、スケジュールが乱れることとなる。

 しかも、会社内に複数のアパレルブランドが存在すれば、それらは縦割りになっていて、他のブランドのそういう状況を把握できなければ、尚更、その現場は混乱することとなる。

デジタルシフトは、曖昧から脱却させる点にこそ企業を救う本質がある

 つまり、デジタルシフトを図る中では、こうした徹底した数値による管理と、予測、そして、それに対しての行動が一体化して、成り立つわけだが、これが今までの風習にはないから、後回しになる。どこに在庫があるのかがわかりづらく、リアル店舗同士、あるいはネットとリアルとの間で、生産性の高い売り方ができなくなっていて、それは気がつけば、企業そのものを窮地に追い込む要因にもなりえていたのだ。

 そこでAMSで言えばスルーされがちであったものをデータ化して、それをアナログといえば、アナログだが、それこそエクセルシートで可視化して、業務フロー改善のための材料にして、新たな流れを作っていったのだという。恐らく、データは存在してもその使い道がわからない以上、宝の持ち腐れである。使い道の指南をして、そこから会社の事業の効率化を徹底させていく。

 自分達が本来、システムを提供する側の立場ながら、その前の段階からこうした関わりを持ち、意識からの変化を促したことが実は、自分達として一番大きな役目なのではないかと語るのだ。

こうした前提は全て小売の核心「在庫」に紐づく

 ここが「在庫」の考え方にもつながる、この方針の肝でもあるから重要だ。

 まだまだ、商品の色、サイズごと、きちんと在庫状況を示しているオンラインストアは少ない。必要なのは言うまでもないが、ここで声を大にして言うのは、お客様にとって非常に買いやすい環境であると共に、一見、見えないブランド側にもたらす利益の方が大きいから、なのである。

 何が言いたいのか。昨今、新型コロナウイルス感染症で、閉店に追い込まれる店舗も少なくない。けれど、それは純粋に、外出自粛の影響に伴う部分だけでなく、潜在的に在庫が生まれやすい構造と、それをカバーしづらい環境があって、それ故、不振に追い込まれざるを得なかったのではないか、と想定できるのだ。

 だとすれば、オンラインストアの存在はこれらを解決するから、ブランドにとって救世主になるとも言えよう。こういうことを言うと「それってオムニチャネルでしょ」と言われがちだが、それは流行り言葉に踊らされているにすぎない。大事なのは、なぜ、その仕組みを取り入れるかの理由であって、ここを見失っては意味はない。これを契機にして、社内全員が俯瞰的に在庫を見る視点こそが本当に大事なことなのである。

デジタルはデジタルの流通を生み出すだけではないところに意味がある

 デジタル化はデジタルという流通を生み出すことが大事なのではない。デジタルされることで一つに「在庫」管理が徹底され、この知見をリアルに取り入れ生産性の向上を図れば、会社全体の収益を改善させることになる。この本質こそが大事である。

 「チャネル(場所)に顧客が集まっていた時代」から「顧客にチャネル(場所)を合わせる時代」へと変わったとよく言われる。ただ、それは「リアルもオンラインもその他も在庫が一つ」という認識の上で初めて成立する。冒頭、デジタル化で考えるべきは「在庫」と話したのはこういうわけである。

 このコロナ禍を急場しのぎにしてはならない。また、アフターコロナは決して過去と同じであってはならない。曖昧にやり続けてきた過去と決別して、デジタルを手段に、自らの生産性とふさわしいビジネス構造を模索する中に、本当の進化があると思うのだ。

 今日はこの辺で。

関連記事:物流とは? – 物流6大機能の解説とロジスティクスや流通との違い

関連記事

今更聞けない小売の基礎

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

会員登録してメディアに参加!