1. HOME
  2. News
  3. 店談
  4. 通販/eコマース
  5. プッシュピンで ピアスの痛みを軽減 「PIERCING NANA」の着眼点と工夫の跡

プッシュピンで ピアスの痛みを軽減 「PIERCING NANA」の着眼点と工夫の跡

 ファッションの一部として、定着している「ピアス」。誰でも当たり前に、使えるものだと思っていた。だが、案外そうでもないらしい。痛くて離脱した人も少なくないから、痛くないように、そのものの設計を変えて、作り替えたという。「PIERCING NANA」というボディピアス専門店の着眼点に迫ったのである。

ピアスの良さを知ればこその商品企画

 この日、話に答えてくれたのは、店長 青井史織さん。高校2年生の時からおしゃれの一環でつけ始めて以来、彼女自身がピアスのファンであり、今の仕事は天職だと語る。さて、話を戻せば、彼女が着目したのが、痛くて離脱してしまったユーザーである。

 冒頭話した通り、痛みを伴うのがピアスである。彼女曰く、耳にピアス穴を開けること自体が痛く、それ以外でも痛いと思うことは少なくない。例えば、髪の毛を洗っている時でも、引っ掛かるなどして、痛いのである。おまけに、ピンの先端が尖っているので、横向きになると刺さって痛いのである。

 確かに痛いのだけど、ピアスの良さを彼女は知っている。それがあることで、華やかになるし、女性ユーザーの声を聞くと、結婚式などのイベントごとには欠かせないという話もある。

痛さを商品力で乗り切れないか

 だから、そういう痛さを商品の仕組みで、なくしていけないものか。それで離脱せずに使い続けてもらう事を、ファンの一人として強く思った。そこで、考え出したのが、ねじ式のピアスである。

 普通のピアスというのは、キャッチが後ろについていて、そこにピンを差し込んで留める。ただ、このねじ式のピアスは、後ろから前に通して、つけるのである。

 だから、そのピンに相当する部分をボルトのような形にしていて、裏側が平になっている。

 だから後ろからさして、前から通すわけである。ボルトで作りがしっかりしている分、ピン自体の長さが必要なくなる。ピアスの土台が最小限の大きさで済むから、ひっかりづらくなるというわけなのだ。

 よく考えたものだ。先ほどの通常のピアスでは、引っかかりやすいから、着用するのも自ずと一時的にならざるをえない。しかし、形状を変えて、小さくなれば引っかからない。極論、お風呂につけたまま入り、上がってからもドライヤーで髪をとかす時すら、ピアスに意識が取られることもない。

さらに高みを目指してプッシュピン仕様

 同時に、さらに、青井さんのピアスの研究は続く。というのも、今度は、一部のお客様から、つけてからの好評さはさることながら、初めのうちはつけられなかったという声を耳にしたからだ。

 そこで、彼女は、プッシュピンのピアスも出したのである。今度は、ピアスをキャップ式にしたのであり、ねじ式と同じように後ろで支えてはいる。でも、キャップ式だから、簡単に抜き差しができるように、設計したのである。なるほど。

 「前からさして、終わりです」

 青井さんの顔はどこか誇らしげである。

 ファッションは痛みを伴うけど、だからといって、去るもの追わずでは商売が成立しない。自らのピアス愛があるからこそ、それを商品力により乗り切ろうと工夫を重ねた事を讃えたい。

私も乗り切ってピアスを楽しんでいる

 「思えば、私が高校2年でピアスに出会った時もそうでした。痛いのに加えて、私は金属アレルギーでした。ピアスをつけるには不利な環境だったけど、つけた時の気持ちの高まりの方が優ったんです。」

 ちなみに、「PIERCING NANA」では勿論、彼女のような金属アレルギー対策もしっかりしている。すでに、インプラントなどに使われている金属ではない素材を使って、アレルギー反応が出ない商品が出ているのだ。

 また、ピアスをつける耳への配慮も考え、4,6,8,10mmという具合に、耳たぶの厚みに合わせた提案もしている。少しでも多くの人に、このピアスの良さを感じてもらいたい気持ちの表れである。

 楽しさも、その課題も。両方わかっているからこそ成し得たアイデアなのである。商品の裏側には、その商品への想いと愛がある。

 今日はこの辺で。

関連記事

145が自らの考えを大事に、わかりやすく想いを持ってビジネスの本質に迫るメディアです。主に小売業、ものづくりとキャラクターライセンスを追っています。
詳しくはこちら

【license】ウォルト・ディズニー 【license】サンリオ 【license】作家プロデュース 【license】漫画・アニメ・映画 【Product】アクセ・ジュエリー 【Product】アパレル 【Product】インテリア 【Product】コスメ・健康 【Product】スイーツ 【Product】ホーム・台所 【Product】文具 【Product】玩具・ガチャ 【Product】雑貨・小物 【Product】食品 【Product】飲料・酒 【Retail】CRM 【Retail】D2C 【Retail】OEM 【Retail】OMO 【Retail】ふるさと納税 【Retail】オンラインショッピングモール 【Retail】コンサルタント 【Retail】コールセンター 【Retail】サイト制作 【Retail】チャット 【Retail】フードテック 【Retail】マーケティングオートメーション(MA)・メール配信 【Retail】マーチャンダイジング(MD) 【Retail】リユース・フリマ 【Retail】レンタル 【Retail】受注管理 【Retail】広告・販売促進 【Retail】接客 【Retail】決済代行 【Retail】物流・バックヤード 【Retail】自社EC/ASPカート 【Retail】自社EC/フルスクラッチ 【Retail】越境EC カルチャー/新進気鋭デザイナー コンテンツ/スポーツブランド コンテンツ/歌手・タレント デジタル/AI デジタル/CX デジタル/IOT デジタル/NFT デジタル/Web3 デジタル/アプリ デジタル/フィンテック デジタル/製造業テック デジタル・トレンド トレンド/SDGs トレンド/ミュージック トレンド/ランキング トレンド/動画配信 トレンド/美術展 トレンド/調査・データ ファンシー/Curious George ファンシー/ミッキーマウス ブランド/コンテンツ モール/Amazon モール/au PAY マーケット モール/Yahoo!ショッピング モール/楽天ファッション モール/楽天市場 ユニクロ/ブランド リテール・トレンド 小売店/ウォルマート 接客/やずや 接客/ライブコマース 接客・販促/Instagram 接客・販促/LINE 接客・販促/TikTok 接客・販促/YouTube 業態/SPA 業態/コンビニ 業態/スーパーマーケット 業態/卸売 業態/専門店 業態/百貨店・商業施設 業態/飲食店 物流・バックヤード/日本郵便 玩具/バンダイ 経営・マネージメント(事業と事象) 自社EC/BASE 自社EC/GMOクラウドEC 自社EC/Shopify 自社EC/カラーミーショップ 自社EC/フューチャーショップ 自社EC/メイクショップ 解説/ありがとう店の舞台裏 解説/ものづくりのセオリー 解説/アーティストの感性に触れる 解説/ハロートークショー 解説/ヒーローインタビュー 解説/初心者の方、どーぞ 解説/奥深きキャラクターの背景 解説/潜入イベントレポ 解説/社長の真意 解説/視点をかえてみると? 解説/賢くなろう-商売の教科書

最近の記事