1. HOME
  2. News
  3. 小売視点
  4. 通信販売のやり方
  5. オンライン モール が自社“通販”サイトを応援する理由

オンライン モール が自社“通販”サイトを応援する理由

オンライン モール が自社“通販”サイトを応援する理由

 オンライン通販サイトでは、多様化が進んでいて、ショッピングモールの出店だけではなく、自社でもやっていく必要性が高まっていて、それを実は、ショッピングモールも後押ししている節もある。それって矛盾しないか?と思ったりするがそうではない。どういうことか。

モール に出店していれば、自社オンライン通販サイトが作れると言う新たな動き

 それを証明するかのように、つい先日、B-SLASHという会社から『shopleap』というサービスが発表され、その中身というのは、Yahoo!ショッピングに出店しているストアは、自社のオンラインサイトが簡単に作れるというものなのである。

 この背景には、実は先日、ヤフーが発表した、ヤフーショッピングなどに出店するお店と、リアルなお店との在庫連動をさせて、両方の買い物を促す、クロスショッピングという考え方に紐づいている。

 ここではそのライト版と言えるものを提供しており、「XS(クロスショッピングの略)エンジン」というものを活用して、Yahoo!ショッピングと同じデータを使用し、自社EC用に商品を登録する必要はなく、「商品」「注文」「配送」「在庫」などの運用はすべて一括管理するということなのだ。

 勿論、新たに申込書や書類の準備は不要だ。面倒な手続きも一切なく、Yahoo!ショッピングと商品詳細ページやカートの仕組みが共通化されているので、決済や商品代金の回収などはすべてYahoo!ショッピングと一括管理となるから、便利というわけで、ふと、僕は思ったのだ。

ショッピングモール以外のデータがユーザーの違った一面を浮かび上がらせる

 これよりも前、ヤフーは、独自のオンライン通販サイトを構築する為のシステム会社に興味を示したことがあったが、その時の宮坂 学前社長に、決算発表の席上、僕がその件に関して質問した。矛盾しませんか?と。その際には「ショッピングモールを活用する以外の独自サイトでのショッピングデータも、ユーザーを深く知る上では重要な要素なのです」と話していたことがあった。

 勿論、これとそれとは形は変わったが、その方向性に違いはないだろう。Yahooショッピングは出店料無料で、通販サイトに挑戦しやすい土壌を作った。また、多くの人が集まるショッピングモールという特性を生かして、初心者でも正しい方法を身につければ、勝利できる土台をつくろうとしている。

 もし、そこで勝ち得れば、そのノウハウを持って、独自のオンラインサイトへのチャレンジをヤフーとしては、それを促したいわけだ。すると、その先には、新たなユーザーがいたり、同じユーザーの違った一面での購買行動を発見することができ、ビジネスチャンスが生まれるからだ。だから、このサービスを提供しているのがB-SLASH、バリューコマースの100%子会社であると言う点も面白い。

ロケーションではなく、顧客目線で愛される店舗を目指せるか

 ちなみに、先日のクロスショッピングで、やろうとしているリアルとネットの連動は、“同じユーザーの違った一面での購買行動を発見することができる”要素を、リアルの店舗が持っているから、ではないかと思っている。

 だから、ネットショップへの挑戦の先行投資なり、準備なりは間違いなく、軽減されてくる。その理由はその先に得られるであろう、データが多くの会社にとって未来の売上を立てる、貴重な財産となってくるから、なのだと思う。

 その中で、店は何をするべきか。おそらく、いかにして商品力なのか、企画力なのか、その独自性を強くしてロケーションを問わず、その熱狂的なユーザーをガッチリ掴めるかどうかに、勝負はかかっているのである。売れる為の施策よりも、売れる商品そのものを考えられる頭が求められているんだと思う。ここがまさに勝負どころだ。でも、それは、日本人ならきっとできるさ、僕はそう思う。もともと物作りの国だから。誇りを持って迎えたい、明日と言う日を。

 今日はこの辺で。

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

京都の高級食パン!宮原華音が初体験するその味は?

人気記事アラカルト

過去の記事もみてみよう

2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

メルマガ会員登録してメディアに参加!