1. HOME
  2. News
  3. ものづくり考
  4. 直販商品
  5. 700年の歴史を今に伝える 店 OKANO GINZA SIX から 六本木 に移した理由

700年の歴史を今に伝える 店 OKANO GINZA SIX から 六本木 に移した理由

 世の中が変われば、文化も変わり、企業は何を伝えて、どう今に馴染むかが大事になる。株式会社岡野 代表取締役 岡野博一さんは、文化に造詣が深く、700年の歴史がある博多織をそこに擬えながら、今に根付かせる工夫をして、いつも仕掛けている。今日も、六本木アークヒルズに「 OKANO 」の新しい 店 をオープンさせたと聞いて、そこに込められた想いを聞きたくてやってきた。

六本木に表れた OKANO の 店 は何を意図しているのか

 広々としたアートギャラリーのような雰囲気を持ったお店。僕より先に来た着物服に身を纏った上品な女性のお客様は、お茶を嗜んでいる。実は、老舗でありながら、こうした他にはない発想は岡野さんのここまでの経緯を辿るとうなづける。

岡野博一さん
岡野博一さん

 元々、この岡野さんの父は博多織の職人であり、父の兄が経営していたのがこの「岡野」という会社であった。ところが、創業99年を迎えたその時、会社の看板を下ろすという話が出て、彼は思いがけず、その経営状況を見ることになる。岡野博一さんは、自らベンチャー企業を起こし、そこに知見があったからだ。

 ただ、そこで彼は父をはじめとする職人と伝統の奥深さに感銘を受け、自らの会社をバイアウトして、この会社を受け継ぐ決意を抱く。仕事を愛し、懸命にその腕をあげようとする職人の姿勢は美しくもあり、また「博多織」は700年の歴史もあって、守るべき伝統である。

 ただ、職人の美学は美しいが、資本主義の中で生き残るには、それだけでは難しいので、職人と経営とを切り離して、自らその舵取りを担う決意をしたのだ。

時代を反映する 店 の姿勢

 だから、伝統を重んじつつも型にとらわれない斬新な発想でいつも驚かせてくれる。では、このお店で心機一転、何をしようとしているのか。

 以前、僕が出会った頃には「OKANO」はGINZA SIXに店を構えており、それはインバウンド需要を意識したものであった。日本はこれまで内需拡大の恩恵もあって、自国を売り込む必要性がなかったので、その術を持ち合わせていなかった。そこで、そのような外国人との接点を作る必要性を感じた、と述べていたのを記憶している。

 しかし、昨今、新型コロナウイルス感染症の拡大で急速にデジタルシフトが進むと、どこにいても世界各地の情報を得られやすくなった。そうした情勢を見て、彼はお店の役割が変わり始めていることを敏感に察知し、行動に出たのである。

この続きを閲覧するには会員ログインが必要です。
会員登録がお済みの方はログインページより、ログインし記事の続きをお楽しみください。
未登録の場合は会員についてをご確認いただき、会員登録をお願いいたします。

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
 本気で書くにはボランティアではできません。最初にメルマガplus=メディア会員(有料)を作りました。これからの成長も含めて力貸してください。
メルマガplus詳細

What’s New

Good feedback

検索