1. HOME
  2. News
  3. ものづくり考
  4. 技術(守る)
  5. IVY の 入魂の一点モノ ジュエリー 今、想いが実る

IVY の 入魂の一点モノ ジュエリー 今、想いが実る

 世の中は限りなく、大量生産、大量消費ではなく、各々にあった価値を求める時代になってきているのかもしれない。「 IVY 」という ジュエリー ブランド とお話をしていて思ったことである。

 「IVY」の代表を務める永井さんは当初、ジュエリーメーカーに勤めていて、その中身はOEMでいわば、他社ブランドから依頼を受けて、その企業製造していたわけだ。その時代においては、そのブランド各社が色々なデザインを出していたので、彼女自身もその中で、デザイン性と価格のバランスを見ながら、最高品質ものを出していた。

IVYの永井さん
IVYの永井さん

 ところがである。そのうち、どこのブランドもデザインは同じもので単なる値段の競争になってきて、するとブランドからの依頼も同じデザインを何社かのOEMメーカーに渡して「いくらでできますか」といった提案になっていったという。

 「だったら、私がやる意味ないじゃない?」まさに、彼女がIVYを立ち上げるきっかけはここであった。

IVY ジュエリー のイズムはここに

 そして、これが一番最初のIVYの商品である。

IYV最初の商品
思いを込めたIYV」最初の商品

 この商品はまわりを見ると四角なのだが、でも真ん中を見ると角がないのである。彼女がこのブランドで意識しているのは、直線と曲線である。つまり、直線だけではなく曲線を使うことで柔らかさが出て、シャープすぎないという側面が出てくる。

 これが彼女がいうところの「女性らしさ」ということになって、そこにこだわる理由を聞くと「アクセサリーって別に、強さを表現するものではないでしょ?」と答えた。

 こちらの商品などもそうだ。

枠のところが細かくプチプチになっていて柔らかさを表現

とんがっている様に見せて、なだらかに見える。それが実現できる理由は周りのワクが地金だから本来、平なのだが、周りに細かなプチプチがあるのがわかると思う。これがミル打ちという技法で、縁が柔らかになってどことなく丸みを帯びた様に感じるのである。

 しかも、横から見ても丸さを感じる。これも、石であれば普通、平らにカットしてしまうのだが、表面を削ってまるみを帯びる様にしているのである。

 彼女は面白いことを言っていて、「人間もそうじゃない?人間には色々な側面があって、だからそこに魅力を感じる」と。ありきたりな平面ではなく、立体で色々なところから見て変化があるから、その魅力は増すのだという。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら

検索

YouTube「145チャンネル」