1. HOME
  2. News
  3. キャラ談
  4. クリエイター
  5. デザインフェスタ 54 アート を通して会話する 未来の大物はいつもここから

デザインフェスタ 54 アート を通して会話する 未来の大物はいつもここから

 猫のバルーンを購入し、到底不釣り合いかもしれない僕が、それを手にして歩く。そんな非日常も通用して、遊び心たっぷりで楽しめる、 アート の祭典。それは今日、僕が足を運んだ「 デザインフェスタ 」なのである。54回目を数え、東京ビックサイト西ホールを使い開催された。

 猫のバルーンは、さとねことちゃんのアートであって、僕は購入するなり、不器用ながら(失礼!)一生懸命、目の前で作業を始めた。動画を見ていただくとわかるが、バルーンの中に、スパンコールやよくウェディングドレスなどに使うチュール素材を詰め込み、空気入れをシュッシュと入れるとぷぅ〜っと膨らむのだ。そこに、猫の目と耳をつけ、完成である。この臨場感は購入した人の忘れられない思い出となるはずだ。

 この作品然りだが、子供たちなどはその出来上がりまでの様を熱心に見ていて、夢がある。

 いろんな人が同列でブースを構えるというのがこのイベントの醍醐味で、行列ができるこのさとねことちゃんのブースの横で、ちょこんと控えめに作品を並べる、美大生の女子もいた。へのへのぐんじさんで、単に女の子を描くだけではなくそこに潜む魔性性を描いていて面白い。今回、初めての参戦だそうで、その経験はきっとこれからの創作活動に活かされるに違いなくて、このイベントは「育てる」場でもあるのだ。

 さて、今回改めて実感したのは、実際、僕はずっとこのデザインフェスタに来ているものの、最近のアーティストさんの傾向が異なってきているということなのだ。

 何が違うのか。以前であれば、普段は企業でデザイナーをやりながら、一方で、趣味で作品を手がけて、この場所に持ってきて、来場者の反応を楽しめれば、それで十分、ということも少なくなかったが、それもネットの環境が一変させたと言って良い。

ネットで表現することでチャンスを掴める時代

 例えば、作家の作品を売るプラットフォーム「minne」「creema」などに自ら出店して、作品を売り、しっかりそれで生計を立てていたり、またはYouTubeでそれなりの再生回数を誇って、ファンがいたりするのである。

 例えば、minneの例で言えば、革工房Broonieさんは革職人であり、革小物を手がけて、生計を立てている。純粋にそれが好きだからこそ、違うチャレンジも惜しまず、このデザインフェスタで、少しエッジの効いたりんごやケーキなどの形をしたリングケースを出していたのだ。これがまた、かわいい。

 全て牛革。皮絞りという技法を使い、一枚の革を立体的に色んな形にしているわけだが、そこに作家の染色好きが嵩じて、これが出来上がった。つまり、色をつけるのに合わせて、形を工夫する中で、りんごやスイーツをモチーフにした可愛らしいリングケースやのアイデアに行き着いたというわけである。自ら今では革のパティシエを名乗る。

 他にも、別のフロアでは、変わったスツールを見かけた。そもそも「スツール」について、皆さんはご存じだろうか。スツールとは、背もたれも肘付きもない椅子のことだ。

 「デコラデパート」というブースで陳列されていたのは、そこに装飾を施して、インテリア価値を高めたもの。これもcreemaなどで販売しているそうで、もうそこに出品するのがある意味、ステータスなのかもしれない。

 ただ、「大きいので送料が高くなる。なので、なかなか買うのに躊躇するみたいです」などという本音も吐露してくれて、そこに課題感もあった。ただ、逆にいうと、リアルで確かめられる「デザインフェスタ」のような機会を狙ってきてくれるお客様もいるそうで、改めてこういうイベントの存在にも感謝している様子であった。作家も作家で、色々試行錯誤している様子である。

 また、Oimyさんは見た目、普通の女子であるけど、純粋に「今時の画家」だと思った。「今時」というのがポイントである。話を聞いてみると「実は去年、会社を作って、その売上は大体、自ら描く絵で、まもなく第1期決算を迎え、税理士さんと話しています」と語って、まず驚く。

 つまり、その絵で生計を立てるほど、その絵を買ってくれるファンがいることを暗に示していて、その背景には地道にグループ展に出店しているのだ。ただ、それだけではなく、YouTubeなど今の要素を上手に取り入れて、受け身ではなく、画家としてちゃんと生計を立てているから、今時の画家だと表現した。何気にその再生回数が6万回を超えていて、えっ!。

 ネットの存在がアーティストの可能性を拾い上げて、しっかりブランディングに寄与して、彼ら自身の生活を支えているのである。まわりに左右されずに自分でチャレンジすることの大切さだと思う。「絵でやれるんじゃないかという気持ちが舞い降りてきたのですよね」などと茶目っ気たっぷりに語るキャラクターも未来の大物を思わせる。

作品は来場者の対話のきっかけ

 他にも、「これ、自分で作ったんですよ」と語る鈴木ズコさんのブースはアーチで来場者を迎える。元々、彼女はFELISSIMOYOU+MORE!というシリーズの雑貨の動物イラストを立ち上げ当時から色んな種類を描いてきた経験があり、今では猫をモチーフにイラストを手がけ、クリエイターとして活躍している。「これ、猫にしている理由はなんですか?」と聞くと、「うちも猫を飼っていまして(笑)」。

  「あれ?王冠かぶってますね、この猫」と僕がいうと、「猫に限らず、ペットを飼っている人は自分のペットが一番というのがあります。なのであなたの愛猫を王子・王女化しますよと、『あなたの愛猫を王子・王女化してモビールにします』という募集を行って、個展やグループ展などで皆さんの愛猫を展示する試みを始めています。結構、応募をいただき、飼い主さんの愛を感じます」と。なるほど。

 「デザインフェスタって結構、初対面の人でも話してくれるんですよね」。改めて、デザインフェスタの印象について聞くとそう語り、なるほどと思った。彼女曰く、フレンドリーに自分のことを話してくれる来場者もいるし、中には初対面なのに、差し入れくれる人もいると。それを為せるのは、このイベントの空気感によるところが大きい。

 「アートは人との会話を引き出すきっかけなのかもね」と。別のブースに足を運ぶとこれまた愉快な作品に巡り合った。こちらである。

 要はトイレットペーパーを積んでおくと、殺風景なので、この作家は、その上下に自家製のオブジェを入れて、トイレットペーパーを挟んだ。写真を見ればわかるが、積み上げると、それ自体が水道管のパイプに見えたり、神殿の柱のように見えるという作品なのである。よく考えるなあと感心してしまった。

 このデザインフェスタというのは案外、大物も潜んでいたりするのも面白い。「あれ?青木良太さんって」と僕が呟くと、「ご存じですか?」と白衣を着た女性が駆け寄ってきた。

 青木良太さんは著名な陶芸家であって、ガチャで作品を出していた。その名も「チムチムゴットミニ」。その形状について多くは語らないが、元々は「チムチムゴット」という作品を手がけていたのを、敢えてミニチュアサイズにしたのである。彩豊かにガチャに入れて、来場者の意表を突くのである。青木さんの遊び心を見た。

 それぞれにそれぞれのカラーがあって、有名人もこれからの人材もカオスのように混ざり合っているのが、このデザインフェスタの醍醐味である。また、アートに興味を抱く来場者と、アートを通して触れ合いたい作家との心の通うコミュニケーションの場でもあるから、聞くと色々な想いを話してくれるし、それがこの場所の良さである。

 今では有名になった人もここは自分の故郷のようにして、未だに出店する人もいるくらいである。先ほど話したように、SNSなどで実はブレイク中の人も増えたりして、そのアーティストの背景は異なれど、今も昔も、皆一様に、この場所が彼らにとっての貴重な拠り所となっていることには変わりない。

 今日はこの辺で。

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
 本気で書くにはボランティアではできません。最初にメルマガplus=メディア会員(有料)を作りました。これからの成長も含めて力貸してください。
メルマガplus詳細

What’s New

Good feedback

検索