1. HOME
  2. News
  3. リアル店舗
  4. 小売コンテンツ
  5. 700年の歴史を今に伝える 店 OKANO GINZA SIX から 六本木 に移した理由

700年の歴史を今に伝える 店 OKANO GINZA SIX から 六本木 に移した理由

 世の中が変われば、文化も変わり、企業は何を伝えて、どう今に馴染むかが大事になる。株式会社岡野 代表取締役 岡野博一さんは、文化に造詣が深く、700年の歴史がある博多織をそこに擬えながら、今に根付かせる工夫をして、いつも仕掛けている。今日も、六本木アークヒルズに「 OKANO 」の新しい 店 をオープンさせたと聞いて、そこに込められた想いを聞きたくてやってきた。

六本木に表れた OKANO の 店 は何を意図しているのか

 広々としたアートギャラリーのような雰囲気を持ったお店。僕より先に来た着物服に身を纏った上品な女性のお客様は、お茶を嗜んでいる。実は、老舗でありながら、こうした他にはない発想は岡野さんのここまでの経緯を辿るとうなづける。

岡野博一さん
岡野博一さん

 元々、この岡野さんの父は博多織の職人であり、父の兄が経営していたのがこの「岡野」という会社であった。ところが、創業99年を迎えたその時、会社の看板を下ろすという話が出て、彼は思いがけず、その経営状況を見ることになる。岡野博一さんは、自らベンチャー企業を起こし、そこに知見があったからだ。

 ただ、そこで彼は父をはじめとする職人と伝統の奥深さに感銘を受け、自らの会社をバイアウトして、この会社を受け継ぐ決意を抱く。仕事を愛し、懸命にその腕をあげようとする職人の姿勢は美しくもあり、また「博多織」は700年の歴史もあって、守るべき伝統である。

 ただ、職人の美学は美しいが、資本主義の中で生き残るには、それだけでは難しいので、職人と経営とを切り離して、自らその舵取りを担う決意をしたのだ。

時代を反映する 店 の姿勢

 だから、伝統を重んじつつも型にとらわれない斬新な発想でいつも驚かせてくれる。では、このお店で心機一転、何をしようとしているのか。

 以前、僕が出会った頃には「OKANO」はGINZA SIXに店を構えており、それはインバウンド需要を意識したものであった。日本はこれまで内需拡大の恩恵もあって、自国を売り込む必要性がなかったので、その術を持ち合わせていなかった。そこで、そのような外国人との接点を作る必要性を感じた、と述べていたのを記憶している。

 しかし、昨今、新型コロナウイルス感染症の拡大で急速にデジタルシフトが進むと、どこにいても世界各地の情報を得られやすくなった。そうした情勢を見て、彼はお店の役割が変わり始めていることを敏感に察知し、行動に出たのである。

 一番、重視したのが「お店が何を発信できるか」。岡野さんはこう話す。「今の僕らは、空を見上げるよりスマホを眺めている時間の方が多い。季節の実感もない。今、お店に必要なのは、ゆったりと「余裕」を持って大事なこと=文化を伝えていくことなのではないか」と説き、今の地に移転を考え、この日のオープンを迎えるわけである。

余裕とゆとりが醸し出す 店 の文化的側面

 「アートギャラリー風であって」というのも、そうした意図からなるもので、広くなったスペースでは、月ごとテーマを設定して、着物のスタイリング提案など、そこに沿った形でイベントを実施する。ここに、文化を発信する土台を作っていこうというわけである。

 しかも、そのテーマは先程の話とも繋がっていて「旧暦」に基づく。グレゴリオ暦でずれてしまった現代人の季節感を、この地においては取り戻す狙いがあって、来店した人はまるでタイムスリップしたかのような気持ちにさせられ、その分、深く文化を感じるのである。

 彼らの着物もまた、言い換えれば、文化に触れるための手段であり、伝えるべきは文化の方。入り口付近にあるのは着物ではなく、工芸品が陳列されているのも、その意思が表れていると言えよう。日々使うものから、文化を取り入れていただこうと。

縁側のようにして結びつける

 そして、僕が特に印象的だと感じたのは「喫茶」を意識したゾーンで、木目調のテーブルがお店の真ん中に構えている。岡野さんはそこで和菓子を振舞って、こう話し始めた。「茶道でもなく茶の湯でもなく、お茶を飲むというのは心身ともに安定させることを意味しています。そんなふうに、皆さんとこの『喫茶』で会話をしたい」と。

 そしてこう続ける。「昔はね、“縁側”っていうのがどこの家にもあったんですよ」と。“縁側”とは昔は大抵、どこの一軒家にもあって、家と庭の境目にあった。それはある意味、「家の中の自分たちの世界」と「外の世界」とを程よく引き合わせてくれる「中間地点」。だから、ご近所さんとのコミュニケーションは“縁側”で自然に生まれた。

 彼はこの「喫茶」を“縁側”に見立ているのだろうと僕は受け止めていて、恐らくここは、これから人々の日常生活と文化の「中間地点」になるのだと思った。

 “縁側”がその結びつきを、飾らずに演出してくれた場所であるように、彼もそこに倣ってこういう場所を用意したのだろう。日本の伝統と文化を世界中へと売り込んでいくという姿勢はこの店になっても少しもブレてはいないようだ。いかにも岡野さんらしい。

 時代をとらえながら古き良き伝統を重んじつつ、この店を起点に真に文化の魅力を伝えて育んで、大きな海原へと飛び立っていくのだろう。今日は、まさにその船出である。乾杯。

 今日はこの辺で。

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

会員登録してメディアに参加!

宮原華音さんを唸らせたのは?

人気記事アラカルト