1. HOME
  2. info
  3. 気まぐれアート探訪: イサム・ノグチ美術展

気まぐれアート探訪: イサム・ノグチ美術展

すんごく抽象的なことを話すので、言っていることわからないかもしれないですけど、残しておきたいので活字にします。実は、先日、イサム・ノグチさんの美術展に行ってきたんです。

画像1

改めて思うのは、アートって受け身じゃダメだよね、ってこと。(なんか偉そう、すみません)。それはこの美術展の中で、イサム・ノグチさん自身が動画でおっしゃられていたのが「感じる事が大事」ということでそうだよなあと思ったんです。

実はその動画を見る前までは、作品をパーっと見ていたんです。で、ふとその動画で立ち止まって、あっって思った。

その作品の一つ一つ、風景みたいな感じで、流してみていたかもって。一回、戻りました。

画像2

イサムさんはいうわけです。「食べて」「見て」「感じる」と。それって無意識でいたら、多分何も感じないまま、やり過ごしちゃうんだと思うんですよね。

見ているだけじゃダメなんだと。受け身じゃダメなんだと。

画像3

なぜなら、これは僕の解釈なんだけど、深く感じることがなければ、もしかしたら、何かを生み出すこともできないのかもしれません、ということ。感じることと生み出すことはセットなのだな、と思ったのでした。

日常に忙殺してませんか、立ち止まってそれぞれの意味を考えてみませんか?そしたら、多分、自分らしい表現が生まれるきっかけになるはず。

もっと日常に執着してもいいかもしれないんです、僕ら。

今日はこの辺で。

info

info一覧