1. HOME
  2. News
  3. GoodsNews
  4. メーカーの執念
  5. 大事なのは何を作るか ガチャ 伝道師 語る おもちゃの歴史

大事なのは何を作るか ガチャ 伝道師 語る おもちゃの歴史

 「 ガチャ 」の専門家、築地ファクトリー代表取締役社の小野尾勝彦さんが おもちゃの歴史 の話をしていて、日本のものづくりの強さを実感した。ただ、同時に日本人は「どう売ろうか」ばかりで「何を作ろうか」という部分から避けているようにも思えた。

 日本は本来、ものづくりの国である。世界に名だたる自動車然り、それを得意とするが、今はそれも見る影もない。それがどの業界にも共通して、足踏みさせている要因にも思えたので、記事にした。

みなさんは「ガチャ」をご存知だろうか?

 「ガチャ」とは硬貨を入れてレバーを回すと、カプセル入りの玩具が出てくる“自動販売機”のことを言っている。よくおもちゃ屋の横で置かれている。小野尾さんは「ユージン」という会社がタカラトミーアーツに社名変更する前の時代から「ガチャ」に関わっていて、その道の専門家である。

 さてさて、そんな「ガチャ」であるが、実はその起源はアメリカでの販売にあって、その中身の殆どが日本製であった。高度経済成長とは関係なく、それこそ戦争の前かららしく、日本は生粋のものづくり国である事に驚いた。

 だから今から遡ること1930年代から日本の葛飾区や墨田区には、町工場で溢れていて、そこで作られたブリキのおもちゃ等をアメリカへと輸出していたわけだ。玩具大手のタカラトミーにしてもそこから始まっている。

日本のおかげでアメリカのガチャは成立していた

 話を「ガチャ」に戻そう。この「ガチャ」はL.O.ハードマンという人が興した、ペニーキングという輸入商社によってアメリカ国内にもたらされた。その名の由来も、アメリカの硬貨1セントの事をペニーと読んでいたからで、硬貨を握り締めて楽しむあのスタイルはその当時からのものだったのだ。

 ただ1930年代の「ガチャ」はカプセルにも入っておらず、ひねって出てきたのは剥き出しの「ガム」と「おもちゃ」だったという。そう。このおもちゃの部分こそが、日本の工場により作られていたものだったのだ。

日本で作られアメリカに輸出されていたガチャ

 ここから日本はどうなったのか?

この続きを閲覧するには会員ログインが必要です。
会員登録がお済みの方はログインページより、ログインし記事の続きをお楽しみください。
未登録の場合は会員についてをご確認いただき、会員登録をお願いいたします。

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

会員登録してメディアに参加!

宮原華音さんを唸らせたのは?

人気記事アラカルト