1. HOME
  2. News
  3. 経営判断
  4. 経済・企業戦略
  5. 成功の裏にはいつも論理がある

成功の裏にはいつも論理がある

エクストリーム佐藤昌平さんの話を聞いて、 成功 の裏にはいつも 論理 があると思った

 成功 の裏にはいつも 論理 があるんだな、としみじみ思った。今から15年ほど前、僕がまだ社会人になりたての時に、とあるキャラクターの版権管理に関わっていた会社の社長が、その時の会社をクローズして、たった数名で新たに会社を立ち上げた時のことを、今でも鮮明に覚えている。その大胆な行動に「大丈夫だろうか」という声があったのも事実。

 今、まさに、その時の社長にお会いする機会に恵まれ、その建物にやってきて、僕は驚いた。東京・池袋、駅に隣接する「メトロポリタンプラザ」の最上階にその会社は存在していたのだ。そう。その企業は上場企業となった。

 それが、株式会社エクストリーム(以下、エクストリーム)の代表取締役の佐藤昌平さん。以前、「うみにん」というキャラクターを展開していて、僕はそのキャラクターが好きだったし心から応援し、自ら特集を企画するなどしていたことから、その当時から親交がある人だ。

 そんな会社であるが、聞けば、会社を設立したばかりの頃は、なんてことはない。その佐藤さんと共に行動を起こした人たちと、「さあ何をしよう、誰にアポイント取ろう」と、ホワイトボードに書き出すくらいに、ゼロからのスタートだったという。

オンラインゲームが躍進する中で掴んだ勝機〜これぞ 成功 の裏には 論理 あり

 しかし、軌道に乗った理由は、会社の要「ソリューション事業」にある。ゲームなどの制作に必要な「デザイナー」「プランナー」「プログラマー」「エンジニア」などのクリエイターを、その運営会社の現場に常駐してもらう事業であって、それが大きくこの会社の飛躍に貢献した。

 エクストリームがこの事業をやり始めていた時はまさにネットが台頭し、オンラインゲームのマーケットが拡大している最中。この会社は、その時代に、そのクリエイターなどをゲーム運営会社などに送り込んで常駐させ、その部分で一気にシェアを握った。それだけ急成長に至った理由はこうだ。

 例えば、ゲーム運営会社はスタッフ10人でサービスインすると、そのうちの8人はサービスイン後の運営スタッフに持っていかれる。すると「2タイトル目」を作る時には、8人分スタッフが不足しているということなのだ。

 佐藤さんがいうには「その不足した8人のうちの4人が、弊社の運営スタッフでずっと入ってもらったわけです。それが途切れず、ずっと続いて、その足し算が続いた」というわけだ。世は、オンラインゲームが急成長を始めたこともあって、この足し算は加速度的に増していくから、この会社の成長も急激に伸びていったという話なのである。

敢えてゲームを支える側にまわったのが奏功

 そして、思うに、この会社の着眼点の良さは、その時代にあってゲームを運営する側だけに回らなかったところにある。佐藤さんは自らの経験と実感を踏まえて、「自分たちでゲームを作って、運営していくのは難しい」と言って、こんな話をしてくれた。

 「ゲームをプレイする人のうち、何%が課金するかわかりますか?」と。自分たちでオンラインゲームを運営していた時のことを振り返ってみると、その課金率はわずか2〜5%程度だったという。それが、オタク系のゲームでようやく7~8%程度。つまり何億円も投資して90%以上はお金を払わないという現実なのだという。

 聞いていて思ったのは物事はシンプルだなということ。まずマーケットを見て、冷静にそのユーザーの分母と獲得できる確率を計算して、その上でビジネスをしていくことに成功があった、ということなのだ。

母数と確率の関係にこの会社のロジックあり

 この会社においては、BtoBでやる方がその確率が高いと判断して、市場の成長を見極めつつ、ソリューション事業に投資をして、会社自体を成長させてきたということなのだと思う。

 勿論、時代を読み取るその感性も大事だし、そこで受け入れられるビジネスの仕組みはもっと大事だ。だからこそ、その仕組みづくりの上でも、この母数と確率の関係しかり、しっかりとロジックがある企業はやっぱり強い。

 佐藤さんは帰りがけ、謙遜して「昔と少しも変わっていないよ」と言ってはくれたけど、数字に基づき、ロジックを持って仮説と検証を繰り返すその堅実さは、根性論でなんとか乗り切ろうとしていた当時の佐藤さんにはない、凄みであった。

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

会員登録してメディアに参加!

京都の高級食パン!宮原華音が初体験するその味は?

人気記事アラカルト

過去の記事もみてみよう

2020年2月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829