1. HOME
  2. News
  3. カルチャー・アート
  4. キャラ談
  5. クリエイタービジネス
  6. 元Google開発者が語る「生成AIは働き方の限界を超えていくことで未来を創る」

元Google開発者が語る「生成AIは働き方の限界を超えていくことで未来を創る」

 ビジネスってそれがなぜ難しいかと言えば、制約があるからだと思う。予算や時間に限りある中で、仕事をしている。だから、それが成功するとは限らない。なぜ、こんな話をしているのかというと、昨今話題の「生成AI」は、まさにそこに明るい兆しをもたらすからだ。これは、先日、Japan IT weekで話してくれたMODE という会社のCEO上田学さんの話に基づく。

2022年11月30日 時代の分岐点となる歴史的な日

 上田さんは、元Googleのエンジニアで、Googleマップを開発した人物。しかし、そのGoogleの肩書きすらも価値を持たなくなるのだろう。そう感じた事件として2022年11月30日のOpen AIのchatGPTの発表を挙げ、その生成AIにまつわる可能性に言及しはじめたのである。

 不思議な話だけど、彼が冒頭、取り上げた話題は、僕らが暮らす日常のなんともアナログ的な側面の話であった。例えば、最近、渋谷駅の工事で、改めて人の力が話題になっているように、あのような人たちがいるおかげで、僕らは何気なく、普通に生活できている。

 それ自体はなんら生成AIと関係ないじゃないか。そう思う人もいるだろう。だが、生成AIを紐解くほど、結びついてくる。では、そもそも「生成AI」は最近、どのような進化を遂げているのか。そこからみていくことにしよう。

 彼が例として挙げたのは、葛飾北斎の富嶽三十六景。生成AIにこう依頼を投げかける。まず、決められたストレージ(容量)に合わせて、その絵に準じた静止画を作ってほしいと。そして、こう続ける。それらをつなぎ合わせて、音楽に合わせて動画にしてほしいとも。すると、あの荒波が、ミュージックに乗って動き出す。

 これをたった一人のクリエイティブで実現させてしまうわけだ。

静止画、動画、プログラミングにも変貌を起こした生成AI

 今度は静止画ではなく、動画である。度肝を抜いたのは、chatGPT自体が『Sora』といって、テキストプロントだけで、動画を作り出すサービスを発表したことだ。彼らがそれを使って作成した動画が、公開されているけど、東京の街並みを、撮影したかのようなリアリティを持って、流れている。

 もはやデザイナーへの発注が要らなくなる。

 さらに、彼らソフトウェアエンジニアにおいても、例外ではない。生成AIでは「こんなプログラムが欲しい」というと、それを書き出してくれる。つまり、プログラミングの素養を身につけている。それだけなら、まだしも彼らに脅威だと感じさせたのは、『Open Devin』である。

 作りたいものを告げると、その関連するAPIまで探しに行く。そして、それをテキストで書き起こすとともに、説明書を作成。コンパイルしてくれて、実際にそれを走らせ、テストまで行う。バグが発見されれば、直ちにその修正も行う徹底ぶりである。

 もはや、ソフトウェアエンジニアも要らないじゃないかと。

 そして、ここまで静止画、動画、プログラミングときて、次はロボットだとされている。ロボットが生成AIと結びつくとどうなるか。人間の格好をしているから、人間的動作を“生成”していくわけだ。こうなると、コンピュータは人間と当たり前に共存していくことになる。

シンギュラリティの現実は想定より想定早く?

 そういう状況から、再度、脚光を浴びているのが、シンギュラリティという言葉。コンピューターの知能は、人間の知能を超えるだろうということを意図する言葉。それが起こるのは、2045年だとされている。だが、大幅に早まる可能性が濃厚だ。

 ただ、上田さんの話を、聞けば聞くほど、彼はそれを強調したいのではないことに気づく。生成AIは、ある意味、僕らの人間がそれまでやっていた“作業”を引き受けてくれるもの。

 それが冒頭に話したことに直結してくる。僕らは制約のある中で、ビジネスをせざるを得ない。そこでこれらの生成AIが、人間にかかっていたコスト分を、軽減する。そうすることで、より僕らの頭の中にある発想を形にしやすくしてくれている。そう考えることもできるのだ。

 具体例を挙げてみよう。「2024年問題」がそうだ。人手不足は社会的関心事となっている。だけど、それは日本に限った話ではない。実は、先進国が皆一様に抱える問題なのである。そこに答えるのが、生成AIを取り入れたテクノロジー。それで、アナログ的な要素をどれだけフォローしていけるかということなのだ。

全人類を動かす圧倒的なアナログ世界での働き方を変える

 2024年4月に、NVIDIAが実施した「GTC AI カンファレンス」では、それらのテクノロジーで倉庫の改善の話をしていた。NVIDIAは言うなれば、それらを支えるOSである。だから、倉庫において生成AIを実装したロボットを導入して、倉庫内の解決策を提示したのである。

 ロボットとの間で、人間が会話を繰り広げ、必要な作業を自らこなす。

 何が言いたいのか、わかるだろうか。

 つまり、それが最初の話に戻ってくる。全人類を動かしているのは、先ほど触れたようなアナログの世界。それが7割、8割の仕事を占めているのである。そういうものを取り入れながら、リアルの現場に入り込み、働き方を変えていく。それが、これから生成AIのあるべき未来の姿なのだと、説明するのである。

 上田さんの会社はまさに、それを具現化していくための事業をしている。エンジニアが自ら、そういう現場に行き、ヘルメットを被って、それらのテクノロジーが通る、必要な道筋を示す。そこに先ほど、危惧を感じていたエンジニアの役目を見出したと言える。

 だから、何も生成AIに支配される、なんてことはないだろう。それ以上に、僕ら人間が考え方を改め、新しい働き方を受け入れ、新たな一歩を踏み出すこと。そこにこそ、価値があるのである。

 今日はこの辺で。

関連記事

145が自らの考えを大事に、わかりやすく想いを持ってビジネスの本質に迫るメディアです。主に小売業、ものづくりとキャラクターライセンスを追っています。
詳しくはこちら

#渋谷 【license】ウォルト・ディズニー 【license】サンリオ 【license】作家プロデュース 【license】漫画・アニメ・映画 【Product】アクセ・ジュエリー 【Product】アパレル 【Product】インテリア 【Product】コスメ・健康 【Product】スイーツ 【Product】ホーム・台所 【Product】文具 【Product】玩具・ガチャ 【Product】雑貨・小物 【Product】食品 【Product】飲料・酒 【Retail】CRM 【Retail】D2C 【Retail】OEM 【Retail】OMO 【Retail】ふるさと納税 【Retail】オンラインショッピングモール 【Retail】コンサルタント 【Retail】コールセンター 【Retail】サイト制作 【Retail】チャット 【Retail】フードテック 【Retail】マーケティングオートメーション(MA)・メール配信 【Retail】マーチャンダイジング(MD) 【Retail】リユース・フリマ 【Retail】レンタル 【Retail】受注管理 【Retail】広告・販売促進 【Retail】接客 【Retail】決済代行 【Retail】物流・バックヤード 【Retail】自社EC/ASPカート 【Retail】自社EC/フルスクラッチ 【Retail】越境EC カルチャー/新進気鋭デザイナー コンテンツ/スポーツブランド コンテンツ/歌手・タレント デジタル/AI デジタル/CX デジタル/IOT デジタル/NFT デジタル/Web3 デジタル/アプリ デジタル/フィンテック デジタル/製造業テック デジタル・トレンド トレンド/SDGs トレンド/ミュージック トレンド/ランキング トレンド/美術展 トレンド/調査・データ ファンシー/Curious George ファンシー/サンエックス ブランド/コンテンツ モール/Amazon モール/au PAY マーケット モール/Yahoo!ショッピング モール/楽天ファッション モール/楽天市場 ユニクロ/ブランド リテール・トレンド 小売店/ウォルマート 接客/やずや 接客/ライブコマース 接客・販促/Instagram 接客・販促/LINE 接客・販促/TikTok 接客・販促/YouTube 業態/SPA 業態/コンビニ 業態/スーパーマーケット 業態/卸売 業態/専門店 業態/百貨店・商業施設 業態/飲食店 物流・バックヤード/日本郵便 玩具/バンダイ 経営・マネージメント(事業と事象) 自社EC/BASE 自社EC/GMOクラウドEC 自社EC/Shopify 自社EC/カラーミーショップ 自社EC/フューチャーショップ 自社EC/メイクショップ 解説/ありがとう店の舞台裏 解説/ものづくりのセオリー 解説/アーティストの感性に触れる 解説/ハロートークショー 解説/ヒーローインタビュー 解説/初心者の方、どーぞ 解説/奥深きキャラクターの背景 解説/潜入イベントレポ 解説/社長の真意 解説/視点をかえてみると? 解説/賢くなろう-商売の教科書

最近の記事