1. HOME
  2. News
  3. キャラアニメ・動画・絵本
  4. キャラ談
  5. ライセンスビジネス
  6. 由緒ある建物と漫画家の価値の“保護” 旧尾崎テオドラ邸がもたらす伝統と革新の中身

由緒ある建物と漫画家の価値の“保護” 旧尾崎テオドラ邸がもたらす伝統と革新の中身

 写真に映っている人が誰かをパッと答えられるだろうか。共通点があり、それは漫画家さんであるということ。痛感したのは、ビジネスはこうして生まれるのだなということ。きっかけは、明治時代に作られた木造建築で、世田谷・宮の坂に建つ「旧尾崎テオドラ邸」。その文化的価値に着目し、補修して残そうという動きが生まれ、費用で助け舟を出したのが、漫画家であった。また、その施設を守る動きに関連して、ネット通販で海外に対して、漫画をアピールしようとして、逆にこの場所によって漫画家の才能が羽ばたこうとしている。

当時のモダンがそこにある「旧尾崎テオドラ邸」

・明治時代のイギリス風に風情がある

 例えば、左は三田紀房さん。ドラゴン桜の作者といえばわかるだろうか。つまり、互いの持つ価値をシェアすることで、大事なものを守っていくという動きで、そこにビジネスが寄与している。

 もともとは、憲政の神様と言われた、元東京市長尾崎行雄さんの旧邸宅。写真を見ても分かる通り、イギリス式洋館である。時は明治時代。当時の日本の香りを醸し出しつつも、屋根や窓の作りに特徴がある。異国情緒あふれるこの邸宅は、この令和の時代にこそ、文化的価値を持つ意味のある建物だ。

 今回、僕がここにやってきた理由は、この建物が3月1日から「旧尾崎テオドラ邸」としてギャラリー&カフェスペースとして提供されるからなのだ。(世田谷線「宮の坂」から5分ほど)。

・なくなるはずが踏みとどまったその理由

 当時としてはこのような建物は異例。このような様式を屋敷に取り入れた理由。それは尾崎行雄さんの妻 テオドラさんが英国育ちということにあり、そこへの配慮もあったよう。愛のあるエピソードではないか。少しばかり、豊かな人の贅沢という感じがしなくもないが(失礼!)。

 まさに、そこにストーリーの始まりがある。実は、もう、この場所は売却されかかっていて、なくなるはずの存在だった。なくなるはずだったのに、ストップがかかった。その理由は、漫画家の新田たつおさんが、自らこの土地の費用を出したからである。

 実は、令和の時代にあって、当時の香りを感じさせるその佇まいは、残すべき価値がある。かねてより、強く語り続けていたのが、社団法人 旧尾崎邸保存プロジェクトの代表理事を務める、漫画家のお二人、山下和美さん、笹生那実さんである。

 つまり、新田さんの奥様が、笹生那実さんであることから、その行動が生まれた。それによって、建物の取り壊しの話は消えて、どう保存していこうか。今回の一連のストーリーの歯車が回り出すわけである。かくしてバラバラになるはずだった建物の運命は、まるでジグソーパズルのピースのようにして、漫画家というキーワードでつながりあっていくわけだ。

修復に漫画家が動き出す

・思いに共感して一つになって動き出す

 そこまではよい。ただ、その要となる屋敷の方に課題があった。それだけの時を経過しており、修復の必要性があったのだ。その修復に必要な金額は、当時の見積もりで1億円。さあ、どうする。

 本格的に今の形が動き出すのは、漫画家の三田紀房さんが関わってくるあたりから。山下さんのSNSでこの屋敷についての投稿を目にした三田さんは、とある着想をする。「何かできるのではないか」。

 面白いのは、三田さんの発想は、単純に屋敷を保存させるだけではないのである。保存して、その屋敷を活用する過程で、新しい価値を創出できるのではないか。そう考えたことにあって、僕が強い関心を抱いたのは、ここでの漫画家の連携プレー。

 その可能性を思い、三田さん自身もお金を出した。しかし、それでも補えないので、同じく漫画家の三人、高橋留美子さん、福本伸行さん、高橋のぼるさんにも、お金の支援を得て、改修のめどがたった。でも、この段階ではまだ、その「何かできる」の「何か」には答えがなかった。

・幻想的な旧尾崎テオドラ邸

 その「何か」とは何だったのか。それを考える上で、この生まれ変わった「旧尾崎テオドラ邸」について紹介してみたい。

 スリッパを履いて入る古風な屋敷。洋風でありながら、レトロな感覚で、太陽の日差しが入り込ると、幻想的でもある。映画のワンシーンのような美しさがそこにはある。一階は喫茶室になっていて、ここでその“シーン”に浸りながら、ゆっくりと豊かに時を刻む。

 ギシギシという感じが、なんとも昔ながらで、階段を登っていく。

 すると、そこには部屋があった。その部屋には一面、ギャラリーさながらの漫画作品が並ぶ。

 直筆の原画だからこそ、伝わってくるものが多い。

 階段を降りると、喫茶店の横にショップ、フォトスポットが用意されている。

 この建物の雰囲気に浸りながら、日本の誇れる価値、漫画に思いを馳せる。記念すべきその1日は、グッズを購入するきっかけとなり、写真を撮ってSNSなどにアップするわけだ。昨今、若い世代ではレトロブームが起きているからこそ、当時のモダンテイストは意図せずとも格好の“ばえる”場所だ。

漫画家が立ち上がったことで生まれた価値

・この場所が存在すること以上の価値があって、存在意義が倍加する

 何より、僕が注目したのは、漫画家が動いたことによる価値である。勿論、この場所が存在するだけでも価値があるだろう。しかし、ここに漫画という文化がかけ合わさったことで、1+1が3にも4にもなった。この場所限定の商品が売られるが、更にネット通販にも着手するという。

 リアルを売りにしたこの場所にして、そういう考えに至るのは、なぜか。

 三田紀房さんはこう話す。「ここを起点に海外の人にも漫画に触れられるきっかけを作る為」と。二階のギャラリーに並んだ作品の一部は、ネット上でオークションをして、漫画を愛する人の手に渡る。それだけではない。この場所をきっかけに、生まれた漫画家同士のネットワークにより、また新しい原画を生み出して、それらをネット通販(EC)で販売していくのだとか。

 そうか。漫画本来の価値をこの場所が際立たせる。そして、それは彼らの自身の価値観を世に発信する機会となる。だから、共感が生まれて然るべき。それ相応の価値を感じて、取引が行われるほど、ここを起点にリアル、ネット問わず、人が集まることになる。それは、この屋敷があることによって生まれたことだから、この屋敷自体へのリスペクトに繋がって、長く保存しようという意識に繋がるわけだ。だから、ビジネスとして面白いと思った。

・漫画家が結集して生まれる文化の創造

 これこそが、三田さんが最初に話していた「何か」であろう。だから僕は「互いに持っている価値をこうやってシェアしていく」ことの意味を思い、考え出したその仕組みが面白いと書いた。漫画家が持っていた持っているお金をそのままにすることなく、ある意味、運用している。そして、それは、邸宅という財産のポテンシャルを最大化に引き出し、才能を加えることで、文化的価値の裾野が広がる。

 そして、思いがけず、三田さんがそこまでする理由を口にしていた。それは実は、残された原画は税金などの対象となって、後に残る人に迷惑をかけることもなくはない。だからこそ、作家によっては自らその書いた原画を、“燃えるゴミ”で捨ててしまう人だっていなくはないと。

 僕は、思ったよ。この動きは、才能のサステナブルだと。

 だからこそ、才能ある“原画”は、この場所の保護を持って救われる。そして、その価値観が、世界中の人と繋がれる、ネット通販などをきっかけに広がるとすれば、たとえ小さな一歩でも、日本の文化にとって大きいものだと思うのだ。

 そして、気が付かないだろうか。実はここで言われる「保護」はこの「旧尾崎テオドラ邸」だけではなく、作家の才能を「保護」して、後世に残していくという意味もありそうだと。だから、シェアし合うその価値は注目に値すると僕は思ったのだ。

 今日はこの辺で。

関連記事

145が自らの考えを大事に、わかりやすく想いを持ってビジネスの本質に迫るメディアです。主に小売業、ものづくりとキャラクターライセンスを追っています。
詳しくはこちら

【license】ウォルト・ディズニー 【license】サンリオ 【license】作家プロデュース 【license】漫画・アニメ・映画 【Product】アクセ・ジュエリー 【Product】アパレル 【Product】インテリア 【Product】コスメ・健康 【Product】スイーツ 【Product】ホーム・台所 【Product】文具 【Product】玩具・ガチャ 【Product】雑貨・小物 【Product】食品 【Product】飲料・酒 【Retail】CRM 【Retail】D2C 【Retail】OEM 【Retail】OMO 【Retail】ふるさと納税 【Retail】オンラインショッピングモール 【Retail】コンサルタント 【Retail】コールセンター 【Retail】サイト制作 【Retail】チャット 【Retail】フードテック 【Retail】マーケティングオートメーション(MA)・メール配信 【Retail】マーチャンダイジング(MD) 【Retail】リユース・フリマ 【Retail】レンタル 【Retail】受注管理 【Retail】広告・販売促進 【Retail】接客 【Retail】決済代行 【Retail】物流・バックヤード 【Retail】自社EC/ASPカート 【Retail】自社EC/フルスクラッチ 【Retail】越境EC カルチャー/新進気鋭デザイナー コンテンツ/スポーツブランド コンテンツ/歌手・タレント デジタル/AI デジタル/CX デジタル/IOT デジタル/NFT デジタル/Web3 デジタル/アプリ デジタル/フィンテック デジタル/製造業テック デジタル・トレンド トレンド/SDGs トレンド/ミュージック トレンド/ランキング トレンド/動画配信 トレンド/美術展 トレンド/調査・データ ファンシー/Curious George ファンシー/ミッキーマウス ブランド/コンテンツ モール/Amazon モール/au PAY マーケット モール/Yahoo!ショッピング モール/楽天ファッション モール/楽天市場 ユニクロ/ブランド リテール・トレンド 小売店/ウォルマート 接客/やずや 接客/ライブコマース 接客・販促/Instagram 接客・販促/LINE 接客・販促/TikTok 接客・販促/YouTube 業態/SPA 業態/コンビニ 業態/スーパーマーケット 業態/卸売 業態/専門店 業態/百貨店・商業施設 業態/飲食店 物流・バックヤード/日本郵便 玩具/バンダイ 経営・マネージメント(事業と事象) 自社EC/BASE 自社EC/GMOクラウドEC 自社EC/Shopify 自社EC/カラーミーショップ 自社EC/フューチャーショップ 自社EC/メイクショップ 解説/ありがとう店の舞台裏 解説/ものづくりのセオリー 解説/アーティストの感性に触れる 解説/ハロートークショー 解説/ヒーローインタビュー 解説/初心者の方、どーぞ 解説/奥深きキャラクターの背景 解説/潜入イベントレポ 解説/社長の真意 解説/視点をかえてみると? 解説/賢くなろう-商売の教科書

最近の記事