1. HOME
  2. News
  3. リアル店舗
  4. 新・小売り学
  5. AMERICAN RAG CIE 原宿 路面店への挑戦

AMERICAN RAG CIE 原宿 路面店への挑戦

 新しいリアルの価値を再定義しようと皆、模索している。先日開店した「 AMERICAN RAG CIE 」の路面店にきて、それを感じた。 原宿 キャットストリート沿いにあって、印象的なお店であり、入り口付近には螺旋階段で上は吹き抜けで2階を見渡せる。手前にはドリンクのカウンターがあって伺ったその日はレセプションパーティもあり、多くの人が飲み物を片手に談笑していた。アパレルショップとして考えると異彩を放っていたのだ。

AMERICAN RAG CIE 原宿 の地に

 これが「AMERICAN RAG CIE」なりのリアル店の提案。まず、アパレルショップとしては少し変わった趣向のコーヒースタンドについて聞くと「服を買いに来なくとも、純粋に仕事の合間に立ち寄ってコーヒーを飲みに来てくれたらそれでいい」と話してくれて驚いた。

 そして「(このブランドの発祥である)ロサンゼルスのオーナーとも話しているのですが、店内には家具などをもっと充実させてライフスタイルを提案したいと思っています」と続けた。つまり、コーヒースタンドはそのライフスタイルや世界観に浸ってもらう為の〝装置〟である。『必ずしも購入だけに直結させない姿勢』が、かえってECを思わせる。ECを踏まえリアル店にしかできない店づくりを心がけているのだ、と。そうか、だからアパレルじゃないんだ、ライフスタイルか、、、と。

この続きを閲覧するには会員ログインが必要です。
会員登録がお済みの方はログインページより、ログインし記事の続きをお楽しみください。
未登録の場合は会員についてをご確認いただき、会員登録をお願いいたします。

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
 本気で書くにはボランティアではできません。最初にメルマガplus=メディア会員(有料)を作りました。これからの成長も含めて力貸してください。
メルマガplus詳細

What’s New

Good feedback

検索