1. HOME
  2. News
  3. 商品開発
  4. 小売視点
  5. Mayuranoir アンティーク に宿る 指輪 愛と 職人 技

Mayuranoir アンティーク に宿る 指輪 愛と 職人 技

Mayuranoir

 指輪 を手に「国内製に拘っているんです」そう言われ、思わず僕は「ということは山梨ですか?」と言うと、嬉しそうに相手は「はい!そうなんです」と答えてくれて、僕も嬉しくなった。会話の相手は アンティーク ジュエリーブランド「 Mayuranoir 」のオーナーであり、デザイナーの吉田麻由良さん。

 彼女が手掛けている アンティーク ジュエリーは、その名の通り、少し、前の時代を彷彿とさせる、気品が漂うデザインであり、煌びやかな天然石が印象的である。そこには、19世紀ヨーロッパのエッセンスが深く浸透している。

アンティークの気品が漂うジュエリー
アンティークの気品が漂うジュエリー

 それは、吉田麻由良さん自身が、以前、フランス、パリへ仕事で訪れた時、古びた指環に出会い、そこで、目が離せなくなり、アンティークジュエリーに惹かれたことに始まると言う。その想いは尽きることなく、自らのお金でブランドを立ち上げ、デザインをして、商品を販売するに至った。

 だから、作りにはこだわりがある。写真の指輪は「Mélisande(メリザンド)」と言って、大粒のメインルースの周りを淡水パールで囲った仕様。注目すべきは、天然石を支える爪である。

Mayuranoir
Mayuranoir

 爪が尖っていないのだ。もし尖っていれば、ストッキングに引っかかり、伝線させてしまうこともある。海外製であれば、これだけ繊細に、爪を削って、丸みを持たせて、馴染ませることはできない、と話す。

アンティーク の 指輪 に込められた Mayuranoir なりのイズム

 冒頭の話に通じ、以前、僕も、ジュエリーの企画をしていたので、わかるのだが、ジュエリーというのは、その多くが山梨で作られる。ここに工房が多く存在し職人も多数、在籍しているから、彼女またそこに足繁く運んで、自らのジュエリーのそのクオリティに拘っているのだ。

 海外のアンティークのテイストに惹かれ、それをデザインに取り入れながらも、その一方で日本の職人技を上手に取り込んで、オリジナリティを醸し出す。職人を大事にするのは、彼女は使ってもらった後も頭に入っているかだら。

 アンティークがそうであるように、何か不測の事態が起こっても、常に修理できる環境を用意して、そのジュエリーが、いつもお客様と寄り添えるように、という思いもあるから、だ。気心のしれた職人だからこそ、お客様のジュエリーは年を追うごとに、修正を通して、逆に、個性的で魅力的な輝きを見せてくれるに違いない。

 ジュエリーは長い付き合いになるからこそ、価値あるものを、選ぶべきなのである。今日はこの辺で。

関連記事

京都の高級食パン!宮原華音が初体験するその味は?

メルマガ会員登録してメディアに参加!

今更聞けない小売の基礎

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら