1. HOME
  2. News
  3. ものづくり考
  4. 直販商品
  5. ワークマン 度肝抜く水上 ファッションショー “作業着”魂 ファッショナブルに

ワークマン 度肝抜く水上 ファッションショー “作業着”魂 ファッショナブルに

 「こちらへどうぞ」と案内された先はなんとプールで、水上に用意されたのはステージ。この上で雨風が吹き荒れても、少しも影響を受けない“作業着”魂に溢れる洋服のファッションショーが始まったのである。それは ワークマン の展示会の一幕で、商品力はエンタメであり、ここまでくるともうファンタジーであることを痛感したのである。

ワークマン “作業着”魂 ド派手で心も身体も温かく

1.プールの上でファッションショー

 余談だが、僕もまた、その目の前で、わずか数センチ先はプールの水辺であり、そこでショーは始まった。かくいう僕の位置も、直前まで小雨が降っていたせいか、少し水滴がついていて、滑ってもおかしくない環境。恐る恐るの取材である。正直、この上でファッションショーは大変、、、と思いきや、彼らは全く危なげなくパフォーマンスを始めて、なんと縄跳びまで始めた。しかも、縄跳びをしているその人は、モデルの土屋アンナさんである。

 彼女が着用している服もPRO COREと言って元鳶職職人の経歴を持つ山下好一さんをアドバイザーとして迎えた本格志向で、作業着でありながら、私服のように着こなすという事が念頭に置かれている。このシリーズでも、左腕に収納があったり、背中に補強がされていたりと作業服をしての機能性に長けている側面は健在。そこは会社の姿勢がぶれていない。

  また、この軽い身のこなしはそういうものがついているのに動きやすいということを示しているわけである。

 この水上でやったのは初。とりわけ過酷な雨風に耐えうることを示すものであって、人工的に上から雪や雨を降らせる異例の体裁となっている。モデルはその雪や雨が降り頻るなかをランウェイを歩いてくるのであるが、当然ながら少しも濡れているそぶりはない。

 そのうち、その雨は強さを増して、テレビの台風中継のような横なぶりの雨が彼らを襲う。

 それを服でガードしながら耐えるわけであるが、壮絶な雨風である。ただ、中のウェアは少しも濡れていない。フード部分こそ、雨風が入って髪は濡れているが、それだけの雨でありながら、防水防寒ジャケットは雨を全く通さぬ設計なのである。その機能性を彼らの身をもって証明するわけである。

 ファッションショーではこの秋、発売された商品の発表が行われていて、以前、取材したこともある伊藤磨耶さんが現れると、彼女もまた、ハッスライトマウンテンパーカーレインという商品などに身を包んで、軽快な軽快な司会を始めた。実はこのショーは関係者にも雨でも決行すると明らかにしていた。

 だから、彼女も雨に強いアイテムを着用したわけだけど、他の演者に引けを取らないお姫様を彷彿とさせる可憐な姿で、いつもは控えめな伊藤さんではあるが、よく似合っている。その中で、気になったのは一緒にステージに上がったアンバサダーが紹介してくれた「エアロポンウォームベスト」である。

 実は、この商品に関してはこのファッションショーと同時開催されていた展示会で紹介を受けて、驚かされたものであった。

2.ファンを惹きつける商品開発への並ならぬ情熱

 かれこれこのファッションショーが始まる一時間前、僕は展示会で製品開発部第一部長の中野登仁さんの話を聞いていた。エアロポンウォームベストは一見するとただのベストであるけど、「これ、実はポケットからチューブが出てくるんです」と中野さん。

 「そもそも服にチューブがついていることってないですよね」と僕。にっこりして中野さんは「そこがもう服の概念を超えていますよね」と話す。

 そしてここに付属の空気入れで空気を入れていくのだそうで、中野さんは軽快にポンプにそれほど、力を入れることなく、空気をそのチューブに送り込む。すると、みるみるそれがダウンジャケットのように膨らんでいくのである。

 すると、この膨らんだところと身体との間に空気の層が生まれるわけである。つまり、外気が流れ込まなくなり、その逃げない空気がこのベストの中で保温されて、寒さを凌ぐことになるのである。一緒に同じパターンでエアロポンウォームパンツもあって、体全体がこれで温まるという設計なのである。

奇をてらうわけではなく、お客様想いの裏返し

1.他にはないけど、果敢に挑戦したから今がある

 科学の実験のような気分にさせられるが、でもちゃんと利便性を考慮してのことで、中野さんは「他のアウトウェアというのは使うと温度調節ができないのです。暑いと思えば、この空気を抜いてしまえばいいのです」と。確かに。

 「あ、そうか。あと空気を抜くことができれば収納が楽になりますよね」と僕が言うと、「その通り!これなら折り畳んで鞄に忍ばせておいて必要に応じて使えるのです」と誇らしげですらある。ベストが2900円、パンツ3500円というのだから安い。

 印象に残っているのは、「必要とされる機能は何かを常に考えていて、あれこれ余分に付け足さずに、絞り込んでそれを適切な価格で提供していく事」と中野さんは話していて、そういう必要な要素の見極めがこの安さに繋がり、お客様にとっては値頃感になっているのだと思った。

 その見極めの為には沢山の失敗も、次なる商品の糧に変えて、果敢に挑んできたから、受け入れられる素地があるわけである。

2.いつも驚きと隣り合わせのワークマン

 だからこれ以外も本当に、興味深いアイテムが多く、例えば、こちらはスーツ。防水加工で水をかけてもはらうだけでそれが水滴となって落ちていく。

 なのに裏返すと、、、

 パーカーになる。まるで違う商品じゃない?収納用にコンパクトにもなる。しかも2900円。

 シューズにしても左が普通のタイプで火を当てると燃えてしまうわけですが、右がワークマンの新商品で見てもらうとわかるが火を当てても燃えづらい。

 さらにブーツが冷凍庫に入っていて、何事かと思えば、ブーツの模様は寒さに反応して浮かび上っている。ブーツ自体が寒さのアラートになっていて、商品そのものがエンタメであると思った。

 だから、先程のファッションショーでも実演していたけど、「ダウンモンスターパーカー」は花火を片手に火花が飛んでも少しも焦げないなど、冒頭、話したようにファンタジーのようである。

 一見すると華やかなようでいて、実はその裏側には先程、中野さんが話してくれたような開発者の地道な努力がある事を忘れてはならない。日々、商品企画のことを考えていると話していて、常に思い浮かべるのはお客様目線。

 そこには対価に相応しい価値の追求がある。素材と価格のバランスを見ながら、少し先を見据えていて、その積み重ねが心を掴んでいるのだ。

  際立つ過激なファッションショーも、商品への愛と自信がなせるもの、そう思う。

 企画者の想いと商品力、そして、それを真に理解して魅せる演者達。ちょっぴり奇抜ながらそのそれぞれが愛に溢れていて、そこがワークマンらしくもある。その商品力に終わりはない。素材の進化や世の中の変化に合わせて、考え続けるし、それをファンはずっと待っている。

 

 今日はこの辺で。

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
 本気で書くにはボランティアではできません。最初にメルマガplus=メディア会員(有料)を作りました。これからの成長も含めて力貸してください。
メルマガplus詳細

What’s New

Good feedback

検索