1. HOME
  2. News
  3. ものづくり考
  4. 地域・自治体
  5. 船橋 “街ガチャ”の発想で変わる 観光 地元民しか知らない 買えない だから良い

船橋 “街ガチャ”の発想で変わる 観光 地元民しか知らない 買えない だから良い

 これが「さざんかさっちゃん」か…。庶民の待ち合わせ場所 船橋駅の改札口前で、僕はキーホルダーを持ってたたずむ。手にしているキーホルダーが「さざんかさっちゃん」のイラストが入ったもので、その名も「街ガチャ in 船橋」。船橋に設置されたガチャでしか手に入らず船橋の人しか分からないモチーフを中身に詰め込んだプロジェクト商品。船橋 は“街ガチャ” の発想で 新たな 観光 を楽しく模索する。

街を巻き込み 船橋 “街ガチャ”で 観光 に光を

1.地元民しか分からないから面白い

 勿論「さざんかさっちゃん」など僕は知らない。でも敢えてそうやって地元でしか知らないモチーフを、その場所のガチャでしか手に入らないようにする「街ガチャ」の発想は実にシュール。面白いと思った。ここに関わっているのが日本ガチャガチャ協会の小野尾勝彦さんで「ガチャの商品で驚かせることも得意だけど、こうやってガチャそのものを題材に面白いことを考えるのも、好きなんだよね」と言う通り、街を巻き込み、ガチャを楽しみながら、この街の魅力へと誘おうのが彼らしい。

 「来てみる?」呼び出されて行った先には、船橋市観光協会の人達がいて、これから記者会見をやろうというところであった。ここには地元船橋在住のクリエイターの本間泰雄さん、同じく船橋住民のTechガチャ研究所の坂本慶一さんと小野尾さんを交えて、このプロジェクトの説明が始まった。ゆるい企画ながら本気度が大きくて驚いた。

 やや緊張気味に、小野尾さんが会見の口火を切った。ガチャメーカーに入社して以来、社会人生活の殆どをガチャに捧げた。最近独立して日本ガチャガチャ協会を立ち上げ、今も多くのメーカーの商品開発のアドバイスをしている。記者団の「日本ガチャガチャ協会とは何?」という疑問に答えるように自分の経歴に触れた後、自らの地元が船橋であり、船橋市観光協会の人達と出会ったことをキッカケにこの提案に至ったことを明らかにした。

2.ガチャを武器に、観光協会を巻き込み作家を勇気づけ船橋が開花する

 彼の強みはガチャによる繋がりだ。それを武器に、地元の活性化を担おうと考えた次第で、配られた資料には「ジモト愛をガチャに込めて、街を盛り上げるプロジェクト」と書かれている。小野尾さんはガチャメーカーと密な連携をして全体をプロデュース、観光協会は地元民にとってゆかりの地に交渉して、その名所をグッズのモチーフにしてもらえるよう、許可を取った。並行して、地元出身のクリエイター本間さんらは仲間のイラストレーターと共にその許可が取れた名所をイラストで描くことでグッズ化し「街ガチャ in 船橋」の実現となった。

 名所などは合計10種類。その一つが冒頭に話した「さざんかさっちゃん」であって、知る人ぞ知るサブカルチャー的なノリは船橋を知らない人にも楽しめそうに思えた。

 この構想を小野尾さんから聞いていた僕は「珈琲モナリザ」の商品があることを知っていたので、この記者会見の前、わざわざ現地を覗いてみたのがこの写真。思わず僕は「昭和の香りがして、まさに純喫茶という感じなんですよね」と話すと船橋市観光協会の粟田文彦さんは嬉しそうに「そうなんです、哀愁が漂っています」と語る。初対面ながら打ち解けてしまったのはまさに地元の魔力であってこの企画の可能性を想った。

“スマホ決済”でガチャを楽しむ 

1.アナログ的で新しい?

「このガチャマシン自体も工夫されていて、キャッシュレスです」と話してくれたのがTechガチャ研究所の坂本さんである。ちなみに、彼はこの筐体の手配から商品モチーフの選定、制作に至るまで携わった。聞けば、このガチャはピピットガチャと呼ばれている。名前の通り、例えば、PayPayなどのQRコードを写真のように読み込ませるとピッと読み込み決済完了するのだ。それを完了させた後で、ハンドルを回せるようになり、中からカプセルが出てくる仕様になっている。Techガチャ研究所とはデジタルとガチャの融合を意図しているのか。

 「実はこのカプセルが植物由来の樹脂カプセルになっていて、エコを意識している」と話して、要は使用後に微生物によって分解されて、植物の栄養となって、それが循環していくということのようだ。地元密着であり、また地元が汚れぬように、地元愛もある。愛ゆえそれがサスティナブル本来の姿勢とも繋がり、今の時代ともマッチしている。考えられてのことか、偶然なのかは分からないが、よくできている。

2.それぞれの持ち味が光るプロジェクト

 実は驚くほど、早いペースで実行されたようで、観光協会 粟田さんに聞くとスタートは2021年6月で「小野尾さんのリーダーシップで進行も早かった」と笑う。グッズの素材となるお店の交渉以外にも、設置場所に関しても奔走し、船橋市内の21箇所には設置が確約が取れた。クリエイターの本間さんだって、同じく船橋在住のイラストレーターの浜田琴さん、小倉正巳さん、中村頼子さんらに絵の作成を依頼して地元ならではの見事なチームワークでサクサクと事が進んだ。

 地元愛はリーフレットにも。イラスト制作の人たちの名前とブログ、会社などをQRコードで紹介して、アクセスを促し、活動への応援も兼ねているのだ。勿論、下の写真の通り、モチーフとなったお店などもマップとともにQRコードで詳細が記載されている。これは探索したくなる。

3.共感が拡散を生み、新しい活気を生み、全てに力を

 本間さんはできるまでの裏話として、一緒に手がけたイラストレーター達に「一発でちゃんとしたものを寄越そうとしなくていい。ラフで良いからこれらの名所からインスピレーションを受けるまま、それを絵に自由に落とし込んで、それをどんどん送ってほしい」と依頼したことを明かした。それはそれらの名所などは地元のアイコンでもらって、何かしら地元民であれば、思い入れがある場所なので共感を集めやすい工夫も惜しまなかったという事なのだ。

 ガチャガチャ協会の小野尾さんは「昨今、SNSなどでガチャって切り口が斬新だから商品がそれで拡散されたりして、その影響力の大きさを痛感している。商品を出すだけにとどまらない波及効果がきっとある」と共感が生まれるそのイラストにも期待をかけた。

 僕は正直、船橋には縁もゆかりもない。しかし商品のモチーフになった船橋の名所などを見ているうちに、先程の「珈琲モナリザ」然り、愛着が湧いてきていた次第で、ある意味、商品がこの場所の魅力を伝えるメディアになっているわけである。

 ガチャはいつもその商品企画で、僕らの予想を超えた楽しい演出を数多く見せてきた。今度はそのガチャ自体が、その遊び心と人懐っこさで、地元の活性化を担おうとしている。楽しさって大事。人と人との距離を縮めて、賑やかにして、笑顔を作る、そんなガチャの持つ個性を武器に、船橋はその地元民の愛着を深めるとともに、他の住民すらも関心を惹いて、観光へと繋げるのである。

 今日はこの辺で。

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
 本気で書くにはボランティアではできません。最初にメルマガplus=メディア会員(有料)を作りました。これからの成長も含めて力貸してください。
メルマガplus詳細

What’s New

Good feedback

検索